ミスト コレクターズ・エディション [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミスト コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.2 67件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,460
価格: ¥ 4,344 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,116 (20%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 4,344より 中古品の出品:4¥ 3,018より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ミスト コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • シックス・センス Blu-ray
総額: ¥6,462
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: トーマス・ジェーン, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ローリー・ホールデン, アンドレ・ブラウアー, トビー・ジョーンズ
  • 監督: フランク・ダラボン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2008/09/17
  • 時間: 125 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 67件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001CI90T6
  • JAN: 4988013616141
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 20,605位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

スティーヴン・キング×フランク・ダラボンが創造した、
今こそ世に問うべき映画!
驚愕のラスト15分、あなたはいったい何を見るのか…!?
■“人間の理性”に迫る、全世界待望の新作!
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』に続く、スティーヴン・キング原作×フランク・ダラ
ボン監督が贈る衝撃のミステリー大作!
■人間の《恐ろしさ、愚かさ、脆さ、そして残酷さ》を描いた2時間!
突然の霧に襲われる人々、店の外の霧に恐怖を感じる人々だが、極度の恐怖に、店内の人々が反発し
、友人、隣人の関係が突然崩れてゆく…。人間の脆さを凝縮した傑作。
■原作とは異なるオリジナル・エンディング
原作ではラストが提示されていなかったが、明確なラストが提示された。あまりに衝撃的なラスト!
■コレクターズ・エディションに収録、モノクロバージョン
フランク・ダラボン監督がリリースしたかったバージョンはモノクロバージョン! モノクロを意識
したライティングなど、監督のイントロダクションから始まるモノクロバージョンを収録。
[内容解説]
7月19日の夜、メイン州西部の全域が、未曾有の激しい雷雨にみまわれた。嵐に脅える住民たち。だ
が、その後に襲ってきた“霧”こそが、真の恐怖だったのだ。その霧は街を覆いつくし、人々を閉じ
込めてしまう。時を同じく、デイヴィッドとビリーの父子は食料を買出しに行ったスーパー・マーケ
ットで“霧”に閉じ込められてしまう。他の買い物客が建物の外に出ようとすると、次々に霧の中の
何者かに襲われていく。立ち往生を強いられる中、母の待つ家に帰ろうとビリー少年に哀願されるデ
イヴィッド。そしてある決意を固めて絶望的な状況の中、父子での決死の脱出を図る二人の前につい
に姿を現す“霧”の正体とは? 人間は見たことのない恐怖の前にどのような選択をするのか。そし
て奇怪な霧に閉じ込められた人々の運命は?

[特殊内容/特典]
【本編ディスク】
《音声特典》監督コメンタリー《映像特典》キャスト・スタッフ プロフィール(静止画)/日本版
劇場予告編/US版オリジナル予告編集(3バージョン)
/Web用メイキング映像/ダラボン オフィシャルインタビュー/キング インタビュー
【特典ディスク】モノクロ・バージョン「ミスト」監督イントロダクション、本編/削除シーン/ポス
ターアーティスト/メイキング/シーン35の撮り方/クリーチャー・メイキング/FX技術/ ほか

[スタッフキャスト]
【スタッフ】
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
音楽:マーク・アイシャム
Visual Effects:CafeFX社
【キャスト】
デヴィッド・ドレイトン役: トーマス・ジェーン
ミセス・カーモディ役: マーシャ・ゲイ・ハーデン
アマンダ・ダンフリー役: ローリー・ホールデン
ブレント・ノートン役: アンドレ・ブラウアー
オリー・ウィークス役: トビー・ジョーンズ

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーヴン・キング原作、フランク・ダラボン監督によるサスペンスミステリー。未曾有の嵐に見舞われたメイン州西部。やがて謎の濃い霧によって街は覆い尽くされ、住民はパニックに陥る。モノクロバージョンを収録した2枚組。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
スティーヴン・キングの同名の原作を映画化したもの。原作は中編であり、「霧」を主体としている点は同一だが、日常生活を送る人々が「霧」の中の何物かに襲われて、心理的パニックに陥る過程に焦点を絞っている。「霧」の中の何物かの正体も最後で示唆されるだけ。ラストも曖昧なまま終わる。これをスティーヴン・キングの筆力で補っている訳だ。

その点、本作は映画という事もあって、骨格付け(起承転結)がハッキリとしている。「霧」や「霧」の中の何物かが出現した理由も明示されているし、シッカリとした"衝撃"のラストも用意されている。また、預言者を自称する狂信的なキリスト教信者を登場させ、「最後の審判」と「霧」の中の何物かの襲撃とを重ね合わせる等、幾つもの人間ドラマを織り込んでいて、見応えがあった。

特に、運命論に流されないで、自ら道を切り開いて行こうとする主人公(トーマス・ジェーン)の姿は共感を呼ぶ。それだけに、ラストは"衝撃"であると共に、苛酷で悲惨でさえある。原作を越えた一流のホラー映画と言って良いのではないか。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ミスト、霧(きり)に取り囲まれたアメリカの田舎町。
霧のなかには「なにか」がいる・・・・。
スーパーマーケットにたてこもった主人公たち。
外に出たひとたちは全員 殺されていく。
息子とともに生き残るために主人公はある決断をする。。。

・・・たしかに後味のわるい作品でした。
でも、一点スカッとする爽快なシーンがひとつふくまれてい、
また最後まで見れたので僕は満足。
まあ最後まで見れたのはお盆休みで余裕があったせいかもしれないけど。

あ、そうそう、この作品、スーパーのなかのアメリカ人の集団がヒステリー女に
扇動されてしまって 仲間を殺そうとする 展開があり、
人間の愚かしさに関する寓話でもあり、
ホーソンの「緋文字(ひもじ)」(魔女狩り、異端審問の話。だとおもう)
に似てるなあ、とも思った。

いや、それで、同じような設定で、その「なにか」がじっさいの悪魔であり、
町民が「それで悪魔さんよ、けっきょく何がほしいのかね」
ときくと悪魔が「少年の魂が要るんだ」とこたえ、
主人公の必死の抵抗もむなしく息子がうばわれてしまう

みたいな、キング原作の映画が昔あって、けっこう
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
難しいことは申せませんが、初めて観たときはラストの展開が衝撃的過ぎて、その日の夢に見るくらい印象に残りました。
町が霧に包まれ、先が見渡せないその向こう側から正体も解らない怪物たちがいきなり襲いかかってくる。
町民たちは様々な選択をして乗りきろうとしますが、生き残るためには何が正しくて、何が間違っているのかまるでわからない。
そんな状況で霧の中を手探りで進んでいく様はまるで人生そのものの縮図です。
主人公が最善だと信じ選択した未来がどのような結末にたどり着くのか、
是非ともその目で鑑賞して苦虫を噛み潰すような後味の悪さに浸ってください。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
後味の悪い映画だという事前情報だけを念頭に視聴しました。キングの作品は単行本だけで済ませるもの、映画だけを見るもの、両方見るもの様々ですが、この作品は確か中学生の頃に読んだものだったと記憶しています。フランク・ダラボン監督はキングのホラーをどのように見せるのか非常に楽しみでしたが、期待以上でした。触手から始まり、気持ちの悪いクリーチャーがどんどん出てきますがこの映画の見どころはそんなところではなく、最も恐ろしいのは人間が持つ本質、一番弱いところが精神の崩壊によって露呈してしまうところにあると思います。昨日まで仲の良かった街の人たちが、恐怖のあまり自分を見失い、周りを見失い、何も信じられなくなる。そしてそんな人々の心を掌握する宗教信者。後半はその狂気のほうが得体の知れないクリーチャーより恐ろしく見えます。最後の最後、私は途方もない恐怖の中で全員錯乱してしまう結末を原作を読んだときに予想していた気がしますが、この作品の終わり方は実に秀逸です。映画は原作と少し違う終わり方でした。そしてこんなことは有り得ないと安堵してすぐ、現実にも同じシチュエーションは有り得るのだと身震いさせられます。それはこの先、いや明日にでも、自分も家族も命の危険にさらされる可能性がゼロではないからです。襲ってくるのはバケモノだけではなく、強盗、殺人者、災害、兵器など現代社会でも有り得るものばかりです。そしてこの作品...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー