Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 670の割引 (67%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[日本推理作家協会 編著, 赤川次郎, 東直己, 阿刀田高, 我孫子武丸, 綾辻行人, 有栖川有栖, 五十嵐貴久, 伊坂幸太郎, 石田衣良, 岩井志麻子, 逢坂剛, 大沢在昌, 乙一, 折原一, 恩田陸, 垣根涼介, 香納諒一, 神埼京介, 貴志祐介, 北方謙三, 北村薫, 北森鴻, 黒川博行, 小池真理子, 今野敏, 柴田よしき, 朱川湊人, 真保裕一, 柄刀一, 天童荒太, 二階堂黎人, 楡周平, 野沢尚, 法月綸太郎, 馳星周, 花村萬月, 東野圭吾, 福井晴敏, 船戸与一, 宮部みゆき, 森村誠一, 山田正紀, 横山秀夫]のミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 994 ¥ 925

紙の本の長さ: 685ページ

商品の説明

内容紹介

ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。

日本推理作家協会 編著 
赤川次郎/東直己/阿刀田高/我孫子武丸/綾辻行人/有栖川有栖/五十嵐貴久/伊坂幸太郎/石田衣良/岩井志麻子/逢坂剛/大沢在昌/乙一/折原一/恩田陸/垣根涼介/香納諒一/神崎京介/貴志祐介/北方謙三/北村薫/北森鴻/黒川博行/小池真理子/今野敏/柴田よしき/朱川湊人/真保裕一/柄刀一/天童荒太/二階堂黎人/楡周平/野沢尚/法月綸太郎/馳星周/花村萬月/東野圭吾/福井晴敏/船戸与一/宮部みゆき/森村誠一/山田正紀/横山秀夫

内容(「BOOK」データベースより)

どうしたら小説が書けるの?アイデアはどこから生まれてくるの?プロの作家に必要なことは?―ミステリーの最前線で活躍する作家が、独自の執筆ノウハウや舞台裏を余すところなく開陳した豪華な一冊。日本推理作家協会に所属する現役作家たちが答えた貴重なアンケートも収録。作家志望者のみならず、すべてのミステリーファン必読の書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 48539 KB
  • 紙の本の長さ: 500 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/10/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B015ZNULBY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 524位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本書では、日本推理作家協会に所属するプロの作家たちが、それぞれ与えられたテーマでミステリー小説の書き方について語っています。幻冬舎のPR誌『PONTOON』2003〜2008年ごろまでに掲載された記事が集められています。

〈まえがき〉東野圭吾
第1章 ミステリーとは
【はじめに人ありき】福井晴敏
【ミステリーを使う視点】天童荒太
【ミステリーと純文学のちがい】森村誠一
第2章 ミステリーを書く前に
【オリジナリティがあるアイデアの探し方】東野圭吾
【どうしても書かなければ、と思うとき】法月綸太郎
【アイデア発見のための四つの入り口】阿刀田高
【実例・アイデアから作品へ】有栖川有栖
【アイデアの源泉を大河にするまで】柄刀一
【ジャンルの選び方】山田正紀
【クラシックに学ぶ】五十嵐貴久
【冒険小説の取材について】船戸与一
【長期取材における、私の方法】垣根涼介
第3章 ミステリーを書く
【プロットの作り方】宮部みゆき
【プロットの作り方】乙一
【本格推理小説におけるプロットの構築】二階堂黎人
【真ん中でブン投げろっ!】朱川湊人
【語り手の設定】北村薫
【視点
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
情報セキュリティのガイドラインやIT関連の書籍などを書く仕事をしているのですが、どうしてもストーリーが思い浮かばない事があります。普段からよくメモをとるようにしたり、図を書いたりしているんですが、どうしてもうまくつながらない。そして、うまくデフォルメすることが出来ない。

そんなことを悩んでいる時にこちらを手に取りました。
ほんとに役に立ちました。現実にあるものをうまくデフォルメしつつ、読者を巻き込んでいく手法、そして読者が挑戦的な気持ちで書籍に向かっている時にどのように対応するかなど、求めていたものがたくさん、作家自身の言葉で書かれていました。
何度も何度も気になったところをマークして読み返しています。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
斎藤孝さんが著書の中で本書を大絶賛されていたので思わず購入。

日本推理作家協会が編著をしているところがすごく重要で、もうびっくりするようなそうそうたるメンツが自らのミステリーの書き方ひいては文章の書き方を晒してくれている。

「文章とはかくたるべし」
という我々一般人としても非常に重要な要素に満ち溢れている。

「動きを言葉に置き換えるのだ。まるで~のようだという修飾語は必要ない」
「主人公の主語をなるべく外す」
「編集者の時に何百の作家志望者に会いましたが共通することはただ一つで努力を不充分にしかしていません。本気で物書きになりたいのであれば道は簡単で現在の10倍努力すればいいだけです」
「書くなら恥をかけ。他人の恥を見て読者は喜ぶんだ。いい恰好をしたかったらお前が金を払え」

もう上げだしたらキリが無いほどテクニック的なところから人生論的なところまで学ぶ箇所がある。

そして誰もがいう事は
「推敲して極力そぎ落とす」
ということ。
これは一般的なメール等でもそうあるべきだろうと思います。

重厚にして濃密。
素晴らしい本です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読者で小説とか書かないけど、知っている作家名が何人か書かれてあったのでミステリーをどのように考えて書いているのか興味あった。
えっそんなことまで考えてあるの?というところからアンケート調査結果が円グラフ等で出ているのだけど、作家によって結構まちまちで参考にならない部分もある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
神経質なら紙質は気になるかも。1000以下でこの内容はオススメです。ミステリー小説を書かなくても、小説を書いてみたい人には是非買ってほしい。ベストセラー作家を真似ることは大事なことなので、もし興味があるならここの好きな作家さんの作品を見ながらこれを見るとGOOD。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover