この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミステリマガジン 2018年 03 月号 [雑誌] 雑誌 – 2018/1/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
雑誌, 2018/1/25
¥ 1,296
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【ご注意ください】雑誌はお客様都合による返品は承っておりませんので、あらかじめご了承ください。ヘルプページへ


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ポイントアップキャンペーンに事前登録しよう
2018/2/28 18時からのAmazonタイムセール祭りで、合計5,000円(税込)以上のお買物でポイントアップチャンス。 獲得条件をチェックして事前登録する。

商品の説明

内容紹介

●特集 原尞読本

〈最新作冒頭掲載〉
『それまでの明日』第1章 原尞

〈インタヴュー〉
最新作、そして「これまでの原尞」

〈短篇再録〉
監視される女
原尞

番号が間違っている
原尞



〈資料と研究〉
ジャズ喫茶コルトレーン、コルトレーン・ライブリポート
鳥栖市立図書館探訪
自作メモ&解題 原尞・編集部
原尞と私 香山二三郎、法月綸太郎
原尞参加アルバム ジャケット写真コレクション



〈原尞アンコール(再録)〉
気鋭作家に聞く 原尞インタヴュー
難問に答える 原尞
原尞氏の直木賞受賞!
保存版1991年翻訳ミステリ回顧&年鑑 総まとめ対談 書きたい気分にさせた本 原尞 宮部みゆき
インタヴュー 最新作『さらば長き眠り』ができるまで 原尞
「私のベスト3 1989-2001」全掲載 原尞
〈豪華対談〉自分の満足するものだけを書きたい ブリジット・オベールvs原尞
第1回ハヤカワ・ミステリ・ワークショップin長崎 原尞氏を囲んで
探偵・沢崎の音楽観 原尞
本誌創刊五十周年記念イヴェント誌上再現 映画とミステリ(対談) 原尞&小泉堯史
《ミステリマガジン》天命を知る 原尞
空前絶後 原尞
今宵、ハードボイルドを語ろう 小鷹信光 × 原尞 × 山本博
ポケミス街で拾ったもの 原尞
ポケミスとの出会いはどこで 原尞



【ミステリの話題】
「ルイの9番目の人生」見どころ紹介 真魚八重子
第七回アガサ・クリスティー賞贈賞式レポート
世界推理作家会議2017ハイライト 松坂健
『怪盗ルパン伝アバンチュリエ』アルセーヌ・ルパン氏の平岡敦氏講義レポート 漫画/森田崇



【読切 傑作ミステリ】
笑う釣り師の冒険
ジェフリー・ディーヴァー/日暮雅通 訳
異質なシャーロック・ホームズ・トリビュート! セラピストの診療所を出た彼は、巷の殺人事件を推理する!



【漫画連載】
マリッジ・ミーティング―Marriage Meeting― 第十会「if…もしも」
高橋葉介



【連作短篇連載】
最終回 トッカン4
「対馬ロワイヤル」(後篇)
高殿 円
高級ブランド品密売者の驚きの手口にぐー子と鏡の鉄槌が下る!



【連載/日本人作家インタヴュー】
第103回 迷宮解体新書 インタビュー&文 村上貴史 下村敦史



【連載】
おやじの新訳細腕まくり
第8回「正直な証人」〔新訳〕
エリザベス・フェラーズ 田口俊樹訳
少女は窓から雪を見ていた。窓の外の出来事に気づかずに……
翻訳所感 田口俊樹 解説 杉江松恋

出版社からのコメント

伝説の男が帰ってきた。
その男――原尞のデビューは1988年にさかのぼります。原尞の処女作にして〈私立探偵・沢崎〉シリーズ第1作『そして夜は甦る』は、『このミステリーがすごい! 』で国内編の2位にランクインし、山本周五郎賞にノミネートされました。続いて、翌年発表した第2作『私が殺した少女』で、『このミス』1位、直木賞を受賞という快挙を成し遂げ、原尞の名は不動のものとなります。レイモンド・チャンドラーに深く傾倒する原尞の作風はハードボイルドの正統の香気に溢れ、その緻密な構成は沢崎の魅力を最大限に引き出すべく計算されていました。しかし、1990年に上梓した日本冒険小説協会大賞最優秀短編賞受賞の短篇集『天使たちの探偵』を境に、その活躍は間遠になっていきます。長篇第3作『さらば長き眠り』は発表までに5年、第4作『愚か者死すべし』は10年近い月日を要しました。それからさらに14年。待ちに待たれた第5作『それまでの明日』がこの3月1日、発売される運びとなりました。

本号では、『それまでの明日』刊行を記念して、原尞読本特集を行ないます。

まずは、最新作の『それまでの明日』第1章を最速で掲載! 渡辺探偵事務所を訪れた紳士の依頼とは何か。冒頭に定評のある本シリーズの魅力が健在であることを証明するものです。

そして、この14年、原が何をしていたのか、最新作に込めた想い、そもそも作家・原尞とは何者か、初めての読書体験、映画体験から、家族のこと、学生時代、ジャズマン時代、黒澤組時代などを振り返る2日間にわたった最新ロング・インタヴューで解き明かしていきます。

また、著者本人による自作メモを解題に添えてお届けします。当時の日記の引用しつつ、作品ごとの思い出や貴重なエピソードが語られます。

加えて、法月綸太郎、香山二三郎が原尞との関わりを語るエッセイ、ジャズマンである原尞の一面を垣間見られるライブリポートや参加アルバムのジャケット・コレクション、鳥栖図書館にある原尞コーナーを原尞自身の案内でご紹介します。

その他にも、書籍未収録作を中心に、エッセイ・対談・短篇等を多数再録! デビュー時のインタヴューや直木賞受賞直後のエッセイ、宮部みゆきや小泉堯史、ブリジット・オベールらビッグゲストとのそれぞれ対談や座談会、エッセイ集にのみ収録された短篇「監視される女」と「番号が間違っている」など、当時の貴重な写真も盛り沢山で掲載します。

まさに原尞尽くしのこの一冊。最新作発売までの予習・復習の備えとしていただければ幸いです。


登録情報

  • 雑誌: 320ページ
  • 出版社: 早川書房 (2018/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B077RJHVF3
  • 発売日: 2018/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 15 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2018年2月5日
0コメント| 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告