数量:1
ミスティック・リバー [Blu-ray] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: サザンフィールド
カートに入れる
¥ 2,480
通常配送無料 詳細
発売元: ☆★迅速・安心・丁寧販売のタカドノ☆★(海外発送・各種お支払できます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ミスティック・リバー [Blu-ray]

5つ星のうち 3.7 228件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,109 (44%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,391より 中古品の出品:8¥ 1,182より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でミスティック・リバー (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ミスティック・リバー [Blu-ray]
  • +
  • グラン・トリノ [Blu-ray]
  • +
  • 許されざる者 [Blu-ray]
総額: ¥4,387
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ショーン・ペン, ティム・ロビンス, ケビン・ベーコン, ローレンス・フィッシュバーン
  • 監督: クリント・イーストウッド
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 228件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003GQSXIQ
  • EAN: 4988135807403
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 22,834位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


監督クリント・イーストウッドの最高の到達点
川底に広がる闇が、あらゆる罪を覆い隠すー。


舞台はボストン。
労働者階級が住む界隈で育った3人の親友。だが彼らはある悲劇をきっかけに、互いに疎遠になっていった。
歳月は流れ、おぞましい出来事が3人を再び引き合わせる。
ジミーの19歳の娘が無惨に殺されたのだ。容疑者はデーブ。
今や警官となったショーンは、事件の解決を急がなくてはならない。
怒りに逆上したジミーが、自らの手で片を付けようとする前に。

デニス・ルヘインの小説をブライアン・ヘルゲランドが脚本化。
クリント・イーストウッド監督が見事に作り上げた家族、友情、そして無邪気な子供時代の喪失を巡る、暗い叙情を湛えたスリラー。物語の中心となる3人を演じるのはショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン。
さらにローレンス・フィッシュバーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニーが共演と、未だかつてないほど実力派のキャストが顔を揃えた。


【映像特典】
・ “ミスティック・リバー”の裏側
・ “ミスティック・リバー”小説から映画へ
・ インタビュー集
- チャーリー・ローズ・ショウ(クリント・イーストウッド/ティム・ロビンス/ケビン・ベーコン)
・ 予告編集
・ 特報
・ オリジナル劇場予告編

【音声特典】
・ ティム・ロビンス、ケビン・ベーコンによる音声解説

内容(「Oricon」データベースより)

殺された娘の父親、事件を追う刑事、捜査線上に浮かんだ容疑者として再会した3人の幼馴染みの運命を描いたミステリー。ショーン・ペン、ティム・ロビンスほか出演。「ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ 2,500円!」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 ほかの皆さんの書き込みを読んで、とても驚きました。僕の感想とは全く正反対のことが書いてあったので、正直、映画の見方を間違ったのかと不安になっています。
 僕は、紛れもなく素晴らしい映画だと思っています。ひょっとしたらとんでもない勘違いをしているのでしょうか?
 実は僕はDVDは買っていないのです。この映画が嫌いな人は「ほれ見たことか」と仰るかもしれません。でも、僕が買わない理由は、あの圧倒的な哀しさを何度も味わう勇気がないからです。だから記憶の中で何度も再上映をしています。そして、いつかは買いたいと思っている作品でもあります。
 ネタバレをしないように気を付けますが、この映画が「強い者は強く、弱い者は弱い」というテーマを描いているのだとは思えません。むしろ、強い者がその力を発揮して復讐を行ったが、それは全く意味のない行為だったという逆の意味を持っているのではないでしょうか。
 あまり映画と時代を結びつけるのは好きではありませんが、イラク戦争反対の映画、と読むことも可能ではないかと思います。復讐の無意味さ、というものをこれほど残酷に示したものはないでしょう。そういう意味では「許されざる者」と共通のテーマを持っているのだと考えます。
 後味が悪い、というのは全く同感ですが、それは作品のクォリティが低いという意味ではないと思います。むし
...続きを読む ›
コメント 221人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 ”クリント・イーストウッド” ”ショーン・ペン” ”ティム・ロビンス”
 「Mystic River」の製作に関わった三人にはちょっとした共通点がある。彼らは数々の作品で高い演技力を見せた俳優であり、監督としても非凡な才能を発揮してきた経歴を持つ男たちなのだ。
 
 物語の筋自体はそこまで入り組んだものではない。路上で遊んでいた子供たちが、成長してそれぞれ違う職業に就いて生活をするようになったころ、ある殺人事件が起きて彼らの関係が蘇るというものだ。この映画の魅力は決してストーリーではない。そのストーリーが進行する過程で、人が悩み、怒り、感情と理性がぶつかり合う瞬間の表現にあるのではないか、と私は思う。

 よくクリント・イーストウッドの映画は「暴力」というキーワードで成り立っていると言われる。確かに今作にもそういった場面はある。だが、それは映画を構成する一要素であって、全てではないはずだ。「暴力」よりも良い表現があるとするなら、きっとそれは「登場人物たちの意識の正確な表現」となるかもしれない。小説でも映画でも同じことだが、つまらない作品では、一つの事件が起きた時に、登場人物みんなが同じような表情や感情を抱く。しかし、彼の映画ではまずそのようなことはない。人物が三人いれば、誰一人として同じ反応は見せない。その現実世界らしい多様性が、
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はな 投稿日 2006/6/10
形式: DVD
 私は友人および知り合いにアメリカ人がかなりいるので、彼らを通してアメリカまたはアメリカ人を考えることが多い。彼らはかなり進歩的な人々であり、アメリカイコール世界の中心、という人達ではない。それでも時折、彼らの心性を思い知る時がある。特に広島、長崎の原爆に対する「日本が招いた当然の結果」という考え方は、その主張の是非はともかく私の心を凍らせる。

 この映画をみて抱いた感情はそれに似ている。アメリカと聞けばディズニーランドに代表される光の部分を思う方には、見たくないものを見せられたような後味の悪い映画だろうが、これは私の抱くアメリカ人の影の部分を活写した映画だった。そしてまた体外的に何かと軋みの多い今のアメリカを象徴している映画でもあると思う。芸術家の仕事が自分の生きる時代と人を観察し、それを作品に表すことだとしたら、イーストウッドはそれを見事にやってのけたという気がする。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ジミーは娘を殺された苦悩があまりにも深かったから、誰でもいいから報復できる相手を切望していたのではないだろうか。デイブに対して執拗に自白を迫る彼の姿から、相手は誰でもいいから仇を討てさえすれば現在の苦しみや哀しみが少しでめも和らぐと感じていたのでは、と思った。デイブの自白はもちろん真実ではなかったけれど、彼がでっちあげてみせたケイテイ殺害の動機「俺にはあんな輝かしい青春はなかった。俺のかわりにお前があの時車に乗っていたら」とジミーにいう台詞は、彼が長年心に秘めてきて言えなかった本音や怨恨を表しているのではないかと思った。
どの登場人物も哀れで息詰まるようなリアリティをもって描かれている。ハリウッド映画にありがちな勧善懲悪やハッピーエンドは皆無であるが、それこそが等身大の人間の姿かもしれない。鑑賞後はすごく悲しく侘しい気持ちになり、人間不信にも陥りかねないが、魂の奥深くを執拗に探られるような傑作には違いない。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック