中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミスター味っ子(1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2001/11/9

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

天才料理人・ミスター味っ子登場! 味吉陽一は、中学生ながら実家の定食屋を支える天才料理少年。偶然出会った料理界の権威・味皇に腕前を認められたその日から、一流料理人への道を歩み始める。

著者について

■寺沢大介(てらさわだいすけ)
1959年、兵庫県生まれ。1985年、「フレッシュマガジン」にて『イシュク』でデビュー。1986年、「週刊少年マガジン」に連載された『ミスター味っ子』が大ヒット、アニメ化。1988年、『ミスター味っ子』で、第12回講談社漫画賞を受賞。1996年、『将太の寿司』で、再び第20回講談社漫画賞受賞。主な作品に『WARASHI』、『将太の寿司~全国大会編~』などがある。2001年4月より『喰わせモン!』を連載。


登録情報

  • 文庫: 372ページ
  • 出版社: 講談社 (2001/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063601110
  • ISBN-13: 978-4063601114
  • 発売日: 2001/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 630,807位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アニメ版の方が圧倒的に面白いという評価は多く、最後まで「後出し勝利」という水戸黄門的ワンパターンさはあるが、少年漫画としては秀逸。私も影響され、コックを目指したいと考えていた時期すらあったw

この漫画で特筆すべきは、諦めないことと工夫。最後の最後まで粘り、逆境に負けない主人公の姿はバトル漫画やスポーツものなどの主人公にも匹敵する。まぁある意味バトル漫画かw

アニメはキャラクターの数も多く、演出が非常に派手なのでお勧めではあるが、是非原作から入ってほしいところ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今更ではありますが、レビューを書き込みたいと思います。

僕の記憶が確かなら、「料理漫画」というジャンルを確固たるものとし、後々の料理番組ブームを作るきっかけとなった作品であると記憶しています。それまでも料理漫画はあったのですが、これほど広く一般に受け入れられた漫画は、これが初めてではなかったかな、と記憶しています。

ただ、この頃の料理漫画は今と違い、どちらかというと「ファンタジー」と言え、頭だけで料理を想像して美味いと思ってください的なレベルで、実際作ってみたら美味くないどころか不味いという料理がほとんどですが、中にはこの漫画発で、一般に定着したネタ(ステーキ・ハンバーグ用の保温プレートなど)もあったりするので、そこそこスゴい実績もあります。

今読めばさすがに画質やネタが古臭いんですが、広く料理漫画(アニメ)を世に知らしめた先駆けとなった作品を一読するのも一興か。2では重苦しい雰囲気になってしまいましたが、これは明るく、楽しんで読むことができます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 taka #1殿堂トップ50レビュアー 投稿日 2012/10/25
形式: 文庫
「アニメ版の方が圧倒的に面白い」ということですが、私はアニメ版を見ていましたが、すっかり記憶にありません(笑)。
そのため、比較はできませんが、マンガは十分に面白いです。
特に、第1話で、味皇と出会う話はすごくインパクトがあります。
その後の話も面白いです。
ミスター味っ子は、巻が前であればあるほど、より面白い印象があります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
少年誌の料理漫画の定番とも言える作品。
天才少年料理人が大人の地位も名誉も得ている料理人たちを次々とアイデアと工夫で打ち破っていくという展開は爽快かもしれない。しかし・・・アニメ版と比較すると面白さでは劣りますな。
アニメ版の突き抜け方は尋常じゃありません(笑)。陽一の工夫した料理を実際に作ることが出来るのか?という疑問と、本当に美味しいのか?という疑問は漫画版では出てくるのだが、アニメ版では出てこない(笑)。
て言うか考えられませんよ、アニメ版では。アニメ版で味皇様が「美味い」と言えば(勿論、例のオバーアクションでです)「そりゃ、味呈様が美味しいとおっしゃるんだから、美味しいんですよ!」と納得してしまいます(笑)。
その点でパワー不足かな。後、「必ず陽一のほうが後から料理を出す」=「後に料理を出したほうが勝利」という方式が確立されてしまっていて、陽一が先に出していたら展開違うのでは・・・などとついつい突っ込んでしまいます。このパターンは結局、崩せなかったですよね。
続編が連載されているようですが、そのあたりはどうなんでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック