通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ミカ! がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 SAYA Selection
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ 中古 ★中古品になりますので、多少の傷み、薄よごれ、ヤケ、よれ、シールをはがした跡、線等の書き込みがある場合がございます。★慎重に検品をしておりますが、もし、商品の状態が説明と異なる場合は、ご連絡いただければ丁寧に対応いたします。★ご注文いただけたら48時間以内に迅速にヤマトDM便又はゆうメールにて発送致します。★防水仕様の簡易包装にてお届け致します。★宜しくお願い致します。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ミカ! 単行本 – 1999/11

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 5
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,737 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ミカ!
  • +
  • ミカ×ミカ!
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 64pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

子供でいたい。大人になんてなりたくない
こっそり流す涙のむこうには幸せな明日がある。双子のミカとユウスケの瑞々しい小学校ライフ。第49回小学館児童出版文化賞受賞作 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

さっさと大人にならないボクらの、キュートでハッピーな小ライフ。双子のミカとユウスケの昨日・今日・明日・オトトイ。すっぱい涙の向こう側には。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: 理論社 (1999/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4652071795
  • ISBN-13: 978-4652071793
  • 発売日: 1999/11
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 317,316位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 何気なく買って読んだ作品だったけど、読み始めたらどんどん続きが気になって一気に読んでしまいました。 ユウスケとミカは性格は正反対だけど、なかなかいい兄弟で好感がもてました。 二人が内緒で飼っていたオトトイって結局どんな生物だったのかな?。 児童文学の賞を受賞している作品のせいか、やさしい文体で描かれていてとても読みやすいです。 もちろん大人が読んでも十分楽しめます。 おススメの作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/8/24
形式: 文庫
男勝りなミカ、おとなしめのユウスケの双子の物語。
ある日ミカが見つけてきた変な生き物。
一昨日見つけたから名前はオトトイ。キウイを二日で一個食べます。
思春期に入った女の子の心の変化。そして友達の恋。
語り口がユウスケという朴念仁なので漠然としか分からないんだけど。
そんな成長の話。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学6年生の双子、ミカとユウスケの物語。
もうね! 興味の対象とか、日々の積み重ねとか、すぐそこにあって、さわれそうなものばかり。
日々のことって、いちいち言葉にしないけれど、そうか、ひとつひとつ言葉にすると、こうなるのか、と思います。
セリフが多くて、読みやすいですよ~。オススメです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 なおっち 投稿日 2006/10/6
形式: 文庫
この作品は小学6年生の双子のミカとユウスケ。

アクティブなオトコオンナのミカと

どちらかというとインドア派のユウスケ。

この二人を軸に物語りは進んでいきます。

両親の不仲、姉の家出、ミカとユウスケの関係、同級生との関係、

微妙な関係を織り交ぜながら、時におかしく、時に切なく。

児童文学と一括りにしてしまうのは勿体ない気がする作品です。

物語の中に出てくる

「オトトイ」とはいったいなんなのか?

結局最後までその正体は分からずじまいでしたが、

そこがちょっと残念かな?
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告