マーズ・アタック! [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。 中古品です。盤面おおむねきれいです。ケースコキズあり (再生確認済み) パッケージケース、ディスクが付属しています。 帯・ハガキ・チラシにつきましては、記載ない限り付属しておりません。 すべて再生確認、動作確認を行っております。 中古品のためケースにコキズやブックレットにヨレがある場合があります。 ■中古であること、コンディションに基づいた価格であることをご理解の上でご注文ください。 十分な検品をしてから出荷をしていますが、 まれに記載のない不備がある場合がございます。 その際はご連絡頂ければご返金・ご返品対応を致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 2,800
通常配送無料 詳細
発売元: i-temp メディア専門店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マーズ・アタック! [DVD]

5つ星のうち 4.3 84件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,930 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 230 (11%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サザンフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でマーズ・アタック! (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • マーズ・アタック! [DVD]
  • +
  • ビートルジュース [DVD]
  • +
  • ナイトメアー・ビフォア・クリスマス [DVD]
総額: ¥4,440
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン
  • 監督: ティム・バートン
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2000/08/25
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 84件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HKXJ
  • EAN: 4988135528315
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 77,381位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   アメリカに火星人が襲来した! ジャック・ニコルソン扮する大統領は、火星人と友好関係を結ぼうとするが…。
 『シザーハンズ』のティム・バートン監督が、50年代のB級映画テイストたっぷりに製作した、ポップでコミカルなオールスターキャストのSF映画である。ジャック・ニコルソンが無能の大統領と、火星人襲来で大金をせしめようとする不動産王の2役を演じている。ほか、グレン・クローズ扮するホワイトハウスの改装にしか興味がない大統領夫人、ピアース・ブロスナン扮する火星人の善意を信じて疑わない宇宙生物学者など、「いなそうでいそうな」個性的なキャラを楽しそうに演じている。大きな脳ミソと目をもった火星人たちの造形が、いかにもキッチュでティム・バートンらしい。(伊藤文恵)

レビュー

製作・監督: ティム・バートン
製作: ラリー・フランコ
脚本・脚色: ジョナサン・ジェイムズ
音楽: ダニー・エルフマン
出演: ジャック・ニコルソン/クレン・クロース/アネット・ベニング/ピアース・ブロスナン/トム・ジョーンズ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ある日突然、火星人に何の理由もなく侵略され、好意を見せているにも関わらず裏切られ虐殺されるアメリカ人。
火星人達は傲慢で、地球人たちをまるで虫けらのように殺します。
この図式は、まさにアメリカという国を開拓した頃の、移住者(アメリカ人)と先住民(インディオ)の関係と取れます。
アメリカ史の中で、インディオ達は侵略者である彼らが困った時には、馬や食物を提供し彼らを助けたりしたのですが、利用されては裏切られ、虐殺されます。
最後に少年が「テント(teepee)に住むのもいいよ」と演説しますが、このセリフからこの映画の根底に流れる強烈なアイロニーが見て取れます。
というのもteepeeとは、普通のテントではなく、アメリカインディオ達が住む円錐型のテントの事なのですね。
teepeeという言葉に思わずはっとさせられました。
ここまでおバカ丸出しにしておきながら、なんとも奥深いではないですか。
それにしても、おばあちゃんの○○のおかげで救いがあって良かったですね。インディオ達には救いは無かったわけですからね。。。
そう思いながら見ると、あまりにもブラックなのですが、バートンのキッチュなセンスがユーモラスな作品に仕上げています。
なかなか面白い作品です。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
とにかくくだらない魅力で観客を引き込みつつ、アメリカの歴史と
それが抱え続け、今なお続く社会的な未解決の問題を訴えた傑作だと思った。
ふざけすぎのようなデザインの火星人たちが、友好を持ちかけるアメリカ人を
めちゃくちゃに殺しまくるシーンはコメディタッチにしてはいても
結構エグイというほかなく、火星人たちを何度も信じようとしてそのたびに
裏切られるジャックニコルソン大統領以下の地球人には同情の念を感じずに
いられない。
しかし、ここで描かれている一方的な攻撃と悲劇の展開は、かつてアメリカ人が
先住民達に対して行ったことと同じだし、大統領の「なぜこんなことをする?
互いを尊重しあおう」という言葉は、殺されていった先住民の言葉であり、
ティムバートンの「困難な歴史の上にも何かを積み重ねていこう」という
メッセージの表れだろう。
監督の「失われた文化」と「異形」の者達への敬意は、主人公の最後の台詞にも現われている。
ふんだんなコメディにシリアスなメッセージを織り込んだ作品として、最高のものだと思った。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2003/4/10
形式: DVD
この映画は素晴らしい。?変なギャグが入ったB級SFばりの映画が素晴らしい??なんて思わないでね。この映画はティムバートン監督のライフワークのひとつの結実であり、後の映画への大きな転換点となっている。ティム監督は挟み人造人間にしても天才かぼちゃの王子にしても、常に他人から理解されずにジレンマに苦しむ主人公を描いてきた。ペンギンしかり、フランケンウィニーしかりである。これはティム監督の実体験に基づくテーマであるが、このまーズアタックにおいては、理解しようとする人間VS理解を笑い飛ばす火星人の構図で愉快だ。所詮、理解の出来ない他人は宇宙人のようなものだ。理解し合おうなんて間違い。存在を認め合うだけだ。ということが描かれている。実に痛快、馬鹿馬鹿しくも少々悲し!い。ティム監督のSF映画に対する愛情もふんだんに感じる。素晴らしいの一言だ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Soup #1殿堂トップ100レビュアー 投稿日 2005/3/5
形式: DVD
一見するとお馬鹿風なB級SF映画に見られがちです。しかし、実は人間の生き方に言及した哲学的映画です。ティム・バートンファンはこの映画以降、監督の作風が大きく変化したことに気がつくことでしょう。これ以前の映画は理解されない主人公や適役、相容れない人間関係の苦悩が描かれてきました。しかし、この映画で対象(敵)は完全に理解不能の異物です。火星人へ理解を示そうとする地球人がコミカルに描かれています。人間関係は理解と共存ではないという結論です。話し合っても無駄な存在はあるのです。家族、夫婦、愛などのテーマも折り込められていますが、お馬鹿という隠れ蓑の為に深刻になりません。60年代SFやゴジラ映画へのオマージュもたっぷり。敵の弱点があのX星人と同じという下りは傑作。出演陣は豪華ですが、俳優達が出演したくなる気持ちが分かります。確信犯的なお馬鹿映画です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック