Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
(税込)
ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[芝村裕吏, キムラダイスケ]のマージナル・オペレーション(8) (アフタヌーンコミックス)
Kindle App Ad

マージナル・オペレーション(8) (アフタヌーンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] マージナル・オペレーション(アフタヌーンコミックス)の8の第8巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 277

紙の本の長さ: 208ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

現代日本では役立たずのニートだった新田良太(通称アラタ)は戦場で指揮官として才能を開花させ、現在はフリーランスの庸兵指揮官として少年兵、少女兵を率いる。タイでスラムの子供たちを自分たちの部隊へリクルートすることを打診されたアラタは苦悩しつつ依頼を受けるが、アラタを敵視し戦闘になった組織の正体が判明する!

著者について

キムラ ダイスケ
漫画家、イラストレーター。
群馬県出身、関西在住。
イラストレーターとしては『憂鬱なヴィランズ』『青い森の国』など。
ウサギの世話で忙しいです。愛車は油性マジックでビアンキって書いた中古のママチャリ。
芝村 裕吏
ゲームデザイナー。
『ガンパレード・マーチ』、『絢爛舞踏祭』、『ガンパレード・オーケストラ』三部作などを手がける。その特異な世界観と研ぎすまされたシステムから「芝村ゲー」と呼ばれ、熱狂的なファンを獲得している。近年は漫画原作も数多く手がける。本作が初の書き下ろし長編小説となる。(星海社WEB「最前線」より)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44915 KB
  • 紙の本の長さ: 211 ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/3/23)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B06XHV8Y25
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
今回は大規模戦闘はなしです。ただ、戦闘がなくて残念ではありましたが、アラタの子供を使って殺し合いをしていることへの罪悪感や、トレバーとキシモトの恨み(叩き潰すと恨まれるというのは本当に怖い)、ジブリールのアラタへの恋心(子供っぽくっていいなあ)など、各登場人物の心情が描かれて面白かったです。

トレバーたちの恨みの矛先をどう納めるのか。さらには今後は中国軍?と戦うなど激戦が予想されるとあって次巻も楽しみです
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今回は大規模なバトルが無いですが、非常に色々なドラマの詰まった読み応えのある巻です。
特に元同期だったキシモトの過去の話と葛藤は若干なりとも哀れさを感じます。
又、アラタに話している元僧侶の話は、アラタが抱える矛盾を鋭く突いており、これは永遠に両立しないこの漫画の重要な部分と思いました。
ある意味現状では、崇高な理想はあっても実態は現状維持で子供が死ぬ状況が現在進行形。苦悩しますよね。
こういうゆっくり読者を考えさせながら熟読してページを進められる漫画は個人的に好きなので、今回は非常に良かったです。
一方で、相変わらずジブリールのけなげな行動には可愛いさを感じますね。今回も必死に頑張る姿がけなげかも。スク水はいつか見てみたいものだ。

ラストは想定外の事が起きますが、それはネタバレなので買って読んでみてください。
あー、あと、例の「おまけ漫画」は相変わらず描写が面白いです。
うーん・・・なんというか不条理ギャグ漫画です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover