中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マーシーの夏 (集英社文庫) 文庫 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 261ページ
  • 出版社: 集英社 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087604802
  • ISBN-13: 978-4087604801
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 721,300位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
この作品はヤングアダルトに属するのだろうか?
17歳、高校を卒業したばかりのマーシーは、就職前の最後の夏休みをぼんやりとすごしていた。父を亡くし、下宿屋を営んでいる母子にはカレッジに行く学費もない。
しかし、下宿人の人形作家オメリアヌクの死と、新しくやってきた下宿人のモデルのフォリーの登場により、マーシーの夏は大きく変わり始める。
やがて、マーシーと下宿人たちはオメリアヌクの残した人形を使って人形劇場をオープンする。そしてそれぞれが自分のすべきこと、やりたいことを見つけ、前に向かって歩き始める。

あらすじを書くと、ごく平和な物語のような感じがするが、ドロシー・ギルマン氏は人間描写がとてもうまいのだと思う。どろどろとした人間関係はなくとも、人の心には表面に出ない嫉妬心や不安があるのだと頷かされる。『おばちゃまシリーズ』もそうだが、物語の設定に現実味がなくとも、人間描写にリアリティがあればジャンルを越えて心に残る作品になるのだと思う。
原書は未読だが、翻訳家の柳沢由美子氏の読解力、日本語力も素晴らしいのだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 赤いリボン 投稿日 2005/12/19
形式: 文庫
高校を卒業したばかりのマーシー。17歳の夏をずっと憧れていた彼女。

夏の初め彼女は憧れ続けていた夏は、つまらないものになるだろうと思っていたが、彼女の母の経営する下宿屋の住人とともに、人形劇を始めることで変化し始めます。

人形劇と聞くと子供向けのようですが、この人形劇は大人も楽しめるものを目指し、住人それぞれの特技を生かし芸術性の高いものを作り上げていきます。

それまで、自分の殻に閉じこもりがちだった彼らは、目的意識を持ち、互いに関っていくことで、尊重し合い、自分には何が出来て、いかに役に立てるかを模索していきます。

このことを通して、彼女たちは、自分の個性を認め、新しい人生を歩むことになりました。

自分に出来ることをする。それを認めてもらう。この喜びに、共感しました。

単純だけど、この喜びが人間を良くするような気がします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック