この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術 単行本(ソフトカバー) – 2007/4/20

5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 429
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『ブランディング22の法則』、『ブランドは広告でつくれない』の著者が説くマーケータ必携のバイブルが新版で登場。

マーケティングは勝つこと─その盲点をズバリ突く!

本書は近代ドイツの名将であり戦略家として名高いクラセビッツの戦争論を、現代にも通用する本質的なマーケティングのエッセンスとして、米国マーケティング界の鬼才がひも解く。定番書としてゆるぎない地位を確立し、刊行から20年を経て古びない、マーケティングの4つの戦略を、刊行20周年を記念して、最新の事例を盛り込み常勝の奥義を諭す。

4つの戦略とは:
1:トップ企業(ブランド)がとるべきマーケティング戦略は「防衛線」である。
2:二番手企業がとるべきマーケティング戦略は、「積極攻撃」である。
3:規模で劣る企業がとるべきマーケティング戦略は、「側面攻撃」である。
4:地域企業、地場企業がとるべきマーケティング戦略は「ゲリラ戦」である。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は近代ドイツの名将であり戦略家として名高いクラウゼヴィッツの『戦争論』を、世界第一級のマーケティング戦略家が数々の「マーケティング戦争」に重ねて、常勝へ導く「4つの戦略」の奥義を諭す。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 288ページ
  • 出版社: 翔泳社 (2007/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798112429
  • ISBN-13: 978-4798112428
  • 発売日: 2007/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 191,654位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 TK 投稿日 2016/8/5
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
訳が悪すぎですね。本文の内容自体も論理的構造や言葉の定義が不明瞭なことが多いので分かりづらかったです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
マーケティングを戦争になぞらえることは特段珍しいことではない。
しかし、この本は何と1987年に出版された本の改訂版なのだ。
それだけ息が長く売れていた秘訣は何だろう。

まず第1に戦争に例えることに対して妥協していない。
徹底的にクラウゼヴィッツを参照している。
各章の見出しや、本文にも繰り返しクラウゼヴィッツの戦争論からの引用が含まれている。

第2に、戦略を4つに分類して解説していることである。
顧客の購買意思を奪い合う戦争を4つに分類して単純化している。それは市場シェアによって決まる。

第3に事例が豊富なことである。
実際の身近なマーケティング戦争の歴史を解説している。
業界がコーラ、ビール、ハンバーガー、コンピュータとなれば、親近感も湧き、興味深く読める。

第4にページの下4分の1の使い方だ。
常に本文中に出てくる話に関連する写真と説明があり、楽しく読める。
戦争の歴史であれば、勝者や兵器の写真。
マーケティング戦争であれば、実際の広告や会社のロゴなどである。
これは読者を飽きさせない。

マーケティングを専門とする著者ならではのマーケティング戦略である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
8年前にサンフランシスコで直接ジャックトラウトさんの講義を聴く機会がありその時の講義の内容を思い出しながら大変面白く読むことができました。マーケテイングをこれだけ解りやすくかつストレートに表わした本はありません。マーケッター必読です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
名著とか教科書と言われるだけあって面白い。
まぁ、アル・ライズのマーケティング本は外れないぐらいどれも面白いんだけど。
個人的に就活する際にマーケティングの知識あると企業選びに役立つと思った一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ポジショニングに応じた、マーケティングをきちんと論理的に解説展開されています。
事例も兵法で説明したりしてるので非常に理解しやすい内容です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ランチェスターの法則に近い感じの本です。
この本は、戦争とマーケティングを照らし合わせた内容です。

本の内容としては、マーケティングに関して真新しいテクニ
ックが書かれていると言うよりも、基本的な考えと、つい、
陥ってしまう、ミスなどを指摘されています。

テクニック関連の本は多数ありますが、真剣にマーケティン
グについて考えたい人や、原点を見つめてみたい人には、
最適な本だと思いますよ〜
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー