通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マーケティングに強くなる (ちくま新書1232) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【ご注文確定次第原則24時間以内】に、丁寧に梱包し発送致します。書込みやマーカー等無く中古品として概ね問題ない新書(ややキズ・ややヨレ・ややヤケ・ややヨゴレ(小シミ含む)・やや耳折れや、その他やや気になる使用感がある場合がございます)です。特段記載のない場合は帯や特典等付属いたしません。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や落丁がある場合がございます、その場合はご連絡ください。返品規定に従い、誠意をもって速やかに返金処理をさせていただきます。【商品管理ご案内】出荷ミス防止の為、商品にキレイに剥がせる3cm程の管理シールが張ってございます。予めご了承ください。【発送ご案内】ご注文確定次第、丁寧に梱包し原則24時間以内に出荷致します。【商品管理番号】bs ti9784480069351
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マーケティングに強くなる (ちくま新書1232) 新書 – 2017/1/5

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 2017/1/5
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 497

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マーケティングに強くなる (ちくま新書1232)
  • +
  • ゼロからの経営戦略 (シリーズ・ケースで読み解く経営学)
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

競争の厳しい市場で、
どうすればヒット製品を生みだせるのか──
「発想力」を武器にせよ!


・顧客ではなく、「顧客の顧客」の声に耳を傾ける。
・「デザイン」が新しいマーケティングの中核にある。
・なぜネスレは成熟した市場でも成長できたのか?
・打率1割でもいい。画期的な新商品による市場開拓を狙え!
・市場開拓を妨げる「3つの常識」とは?

大切なのは、現在の状況を正しく把握し、マーケティング面での危機感を持ち、新しいマーケティング発想法を学び、優れたマーケティングの事例を理解することである。組織の競争力を引き上げていこうとする意識の共有が必要であって、本書はそうしたキッカケになれるのではないかと考えている。(本文より)

【目次】

はじめに マーケティング発想力を高めよ!
第1章 マーケティングの進化
第2章 顧客の顧客と手を結ぶ
第3章 市場志向と開発チーム
第4章 ホワイトスペース戦略
第5章 戦略再考
第6章 デザイン要素とマーケティング

内容(「BOOK」データベースより)

いま、マーケティングは大きく様変わりしている。市場が成熟すると、競争優位に結びつく違いを生み出しにくい。そうした差別化が難しい市場で競争に勝つためには、マーケティングの発想力を大胆に更新することが不可欠だ。本書では、マーケティング研究の第一人者が、新しいマーケティングの考え方をわかりやすく説き、ビジネスに活かせる発想力を伝授する。優れた事例からマーケティングの精髄をしっかり学べる、ビジネスパーソン必読の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 236ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/1/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480069356
  • ISBN-13: 978-4480069351
  • 発売日: 2017/1/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,999位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

マーケティングの神様と称されることもあるフィリップ・コトラーによれば、「マーケティングは、1日あれば学べる」が、「マーケティングを使いこなすには、一生かかる」という。そんなマーケティングについて、コトラーを中心にした基本的な理論をその理論に合う事例とともに説明した本。

紹介されているマーケティングの理論は、それを提唱した人のものそのままではなく、著者なりに要約され独自の解釈や見解がところどころ加えられており、事例も日本の事例だとこういうものが該当すると書かれているのが特徴である。また、最初と後半の1章分でマーケティングにおけるデザインの重要性について書かれている。

コトラーの『マーケティング・マネージメント』の改訂を中心にみるSTP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)や4P(Product, Price, Place, Promotion)を中心としたマーケティングから「マーケティング3.0」への近代マーケティング理論の変遷。そこにみられる協働・パラドクス・スピリチュアルの3つのキーワード。協働はイノベーションのカギになる。パラドクスについては、政治的パラドクス(経済の開放は必ずしも政治的解放を意味しない)、経済的パラドクス(グローバル化による経済統合は貧富の格差解消をもたらすとは限らない)、文化的パラドクス(グローバル
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
新書なので通勤電車や出張中の機内などで簡単に読みこなせる「超入門書」。もちろんこの1冊だけで「強くなる」というのは若干、言いすぎ感があるものの、論文集ではないのでたいへん読みやすく、概略や新しめのトレンドをつかむためには最良の書。

主たるテーマは「コモデティ化(普遍化)」。当然、前作で学術的な書も書かれていらっしゃいますが、本書はより具体的である。ターゲットをしぼり、品質を確保し、顧客を確保し、市場では競争相手より優位に立つことがマーケティングの第一義ではあるが、技術の進歩により、どの製品も同じようなものになってしまい、他社との差別化をすることが大変難しい状況をどう打破してゆくのか?その解決法のひとつが「ブランド戦略」。本家・コトラーの著書にある「マーケティング1.0」の製品中心、さらに「マーケティング2.0」の顧客中心、「3.0」は人間、つまり社会や環境など全人類の情緒的充足までも検討する必要を提案している。

事例として「レクサクのパワーウィンドウは、小笠原流の格調高い襖の開け閉めからヒントを得ている。」というのは、あまりに極端な話で素直にはうなずけないが、「B to B」企業における「顧客の顧客」つまり「B to B to C」への可能性、国際化などかなりわかりやすい。

これから「マーケティング」を学ぶ人も、かつ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
事例はともかく、大半はどこかの書籍や新聞、雑誌等で読んだことのある内容の記載が中心で著者の新たな視点や主張が読み取れる部分は少なかった。
期待して購入した分、落胆は大きかったので評価は低くなってしまいました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
著者によると、「企画から刊行まで15年かかった」そうだ。
この間に、マーケティングをリードしてきたとも言えるマッキンゼー社が、
「マーケティング黄金時代」と呼んだ時代があった。
デジタル化によって、マーケティングの必要性、重要性が大きくなり、
マーケティング論も大きく変わったのである。そのための15年だったのだと言う。
実際15年前と今とでは、「売り方」ひとつ取ってもまったく違ってきた。

いわゆる、「そもそもマーケティングとは?」といったハウツー書ではない。
正直、むずかしかった。論文のようでもあった。
それは私の頭が従来のマーケティング論で占められているからなのだろうか。
従来のマーケティングの本を想像していると、
目からウロコかもしれないし、「???」となるかもしれない。

しかし、従来のマーケティング論が通用しなくなっていることも事実だ。
それだけに本書で強調されるマーケティングの新しい視点を知ることは、非常に重要だと思う。
「よくわかる~」的な本ではないが、一読しておくべきだろう。
言い換えれば現在のマーケティングは、
「よくわかる~」という見方だけでは捉えきれないほど広く、深くなっているということかもしれない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー