Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 324の割引 (20%)

ポイント : 96pt (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ちきりん]のマーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法
Kindle App Ad

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法 Kindle版

5つ星のうち 3.9 97件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

紙の本の長さ: 280ページ

商品の説明

内容紹介

月間200万PVの超人気“社会派"ブロガー・ちきりん
2年ぶりの完全書下ろし!

「論理思考」と対になるもう1つの力、「マーケット感覚」を解説する初めて本です。

いたる所で市場化が進み、不確実性が高まるこれからの社会では、
英語力や資格などの個別のスキルよりも、
「何を学ぶべきか?」「自分は何を売りにすべきか?」という
「本質的な価値」を見抜く、一段上のレベルの能力が必要になります。
その力を、本書では「マーケット感覚」と命名しています。

これは、別の言い方をすれば、
「社会の動きがこれからどうなるのか」
「今ヒットするのはどんなものか」
などがわかるアンテナやセンサーに当たるものであり、
「生きる力」「稼ぐ力」と呼ばれているものの核とも言える能力です。

マーケット感覚を身につけると、世の中の見方がガラッと変わります。
たとえば、

◎“ジャパネットたかた"が本当に売っているものとは?
◎今後は公務員こそ安心できない!?
◎「日本の消費市場」には国際競争力がある!
◎「市場創造」という新概念
◎私的援助こそ弱者を切り捨てる!?
◎難関資格職業に就くことの危険性
◎英語の勉強はもう報われない!?
◎市場は「入れ子構造」になっている
◎就職市場でNPOに負けているビジネス部門
◎「非伝統的な価値」の出現
◎羽田空港に国際線が復活した驚きの真相とは?

などなど。詳しくはぜひ本書をお読みください!

内容(「BOOK」データベースより)

プライシング能力を身につける、インセンティブシステムを理解する、市場に評価される方法を学ぶ、失敗と成功の関係を理解する、市場性の高い環境に身をおく。マーケット感覚を鍛え、「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 15399 KB
  • 紙の本の長さ: 229 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 1版 (2015/2/19)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00TPC8JXE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 97件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,686位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ちきりんさんの本は、役に立つだけでなく非常に読みやすく、すぐ読み終わってしまう。学生時代の時からずっと影響うけてます。20代後半でモヤモヤしてる人にも是非!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マーケット感覚の重要性、鍛え方を案内してくれる本です。
その方法として
・どのような価値でものやサービスは売られているか意識的になること
・市場での自分の価値・市場に評価される(今後の)スキルや技術の価値を判断する
・自分はどんなサービスや商品を売っているか、買っているかに意識的になること
・意識的に市場性の高いところに身を置く
・自分の欲望に素直になり、とりあえずやってみる
・トライアンドエラーで失敗から経験を得る
・変わらなければ替えられる。変わることを楽しむことが大切
などが重要なテーマだと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
遅まきながら著者ちきりんさんをはじめて知って読み始めました。顔はイラストですが、小学校の時の聡明な女の子が時を超えてケーザイやマーケット界隈の話をわかりやすく説明してくれてるような感覚になって読了。内容はさて置きフレンドリーな文章には感心しきりです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マーケット感覚を鍛える5つの方法として下記が挙げられています。
・プライシング能力を身につける
・インセンティブシステムを理解する
・市場に評価される方法を学ぶ
・失敗と成功の関係を理解する
・市場性の高い環境に身を置く

4つ目以外は僕にとっては新しい考え方だったので有益でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 おわ 投稿日 2016/6/7
形式: Kindle版 Amazonで購入
前半は楽しく読めたのですが、ちょっとくどい内容があったのでそこが私には残念でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はな 投稿日 2016/10/30
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分の売り込み方が巧い=自分の価値を理解している=マーケット感覚ってことなんですね。年収は低いけどイケメンな男性を例えに出して、婚活方法を分析している例がちきりんさんらしくて面白かったです。他のレビューにもあるように、ではどうやったらマーケット感覚が身に付くのかについては詳しく書かれてはいませんが、日頃から思考トレーニングを重ねてコツコツ感覚を磨くしかないのでしょうかね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
アルファブロガーとしてネットで著名になったちきりん氏が数年前に著した本です。「価値を見出す力」=「マーケット感覚」の重要性を語ってくれます。一見ビジネス書っぽいのですが、実はビジネス書というよりも、インターネットにより急速に「市場化」するこの時代を「マーケット感覚」を身につけることによっていかに生き抜いていくかというマーケティング的視座からの啓蒙書であると感じます。
第五章の「マーケット感覚を鍛える5つの方法」のその4「失敗と成功の関係を理解する」という節で、著者は「シリコンバレーは「失敗経験のない人など、まったく評価しない」と言い、「とりあえずやってみて失敗し、市場からのフィードバックを得てそれを参考にもう一度やってみる」というプロセスを何度も繰り返すことが重要だと主張します。このことについては「ピクサー流」においてピクサーの映画監督ピート・ドクターもまた主張していました。エンジニアとして未熟という自覚があったため、githubにソースコードを晒したりQiitaで記事を書くことに対して消極的だった私としてはこのアドバイスは非常に耳が痛く、意識を変えるきっかけになったと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マーケティングという仕事をしていて、この言葉の意味を正確に答えることは難しい。
本書は論理的思考力だけでなく必要な能力をマーケット感覚と定義し、あらゆる事例とともにその必要性といかに習得すべきかをまとめた良書。

いいもの作っても売れない理由は何か

ロジカルに考えても課題に対する打ち手がありきたりなのはなぜか

マーケティングという仕事をしている人もそれ以外の仕事をしている人にも今最も必要とされる能力を説いている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
マーケット理論の本ではなく、マーケット感覚の本。マーケット感覚が無ければ、マーケット理論も真価を発揮できない事は、当たり前と言えば当たり前なのですが、この本をみるまでハッキリ書かれた文献を見た事が無かったので、斬新な印象を受けました。ただ、大変残念なのは、このマーケット感覚というのが、感覚の話なので、理論的でなく、全く体系付けた話しにもなっておらず、この得体の知れないマーケット感覚を身に付けよう!だけが、強調されるという残念な内容になってしまっています。本の最後らあたりは、マーケット感覚そっちのけで、自分だけ安全な場所から無邪気にリスクテイキングの勧めを連発するという、若い人には正直有害でしかない、いつものチキリンキャンペーンの展開という型で締め括られておりました。今度、若者向けにリスクテイキングの話しを書く時は、リスクテイキングしない若者の方が長い目でみると実は豊かな場合が多いかも知れないという事の是否についても、データの裏付けつきで論じていただければと思います。
1 コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover