中古品:
¥ 5,320
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マークスの山 DVDコレクターズ・BOX (3枚組)

5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:10¥ 5,149より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【 ソニーピクチャーズストア 】 - 新着タイトル、ランキング、セール商品など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 上川隆也, 石黒賢, 小西真奈美, 高良健吾, 戸田菜穂
  • 監督: 水谷俊之、鈴木浩介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2011/06/22
  • 時間: 270 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 15件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004VJNXJQ
  • JAN: 4547462076656
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,683位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

その猟奇殺人の影には、巨大な闇の姿があった。



【STORY】
閑静な住宅街で起こった元暴力団員・畠山(池田成志)の殺人事件。
事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補(上川隆也)は、生前の畠山の足取りを追うが糸口を掴めずにいた。
時を置かずして、法務省官僚である松井(矢島健一)が殺されるという事件が起こるが、その傷口は畠山の事件のものと酷似しており、事件は連続殺人へと発展したかに見えた。
だが警察上層部からは「合同捜査はなし」という不可解な命令が下る。
合田は大学時代の同期であり元妻の兄でもある東京地検検事・加納(石黒賢)に事情を求めるが「上の命令に従え」と拒まれ、合田たちの捜査は困難を極めていく。
一方、医療刑務所を出所した謎の青年・水沢(高良健吾)は、恋人であり看護師の真知子(戸田菜穂)の元に身を寄せていたが、彼が時折漏らす「暗い山」という言葉の影には何かしら秘密めいたものが感じられていた。
「週刊潮流」の記者である根来(小西真奈美)は、建設会社社長の佐伯(佐野史郎)の贈賄容疑を取材していたが、編集長の滝沢(相島一之)から畠山の殺害事件を追いかけるよう命令を受ける。
そして、行き詰る捜査の中で浮上した参考人の中には、畠山の前科事件の公判を担当した弁護士の林原(小日向文世)もいた…。
巧妙に張り巡らされた“組織の圧力”。意地とプライドにかけて“見えない敵”を追い続ける刑事たち。果たして「マークス」とは、いったい何なのか?

【映像特典】
上川隆也撮りおろしインタビュー(5分)
メイキング(約20分)
ダイジェスト版(3分)
読んで観る?関連作品予告編集



【Copyright】(c)2010 WOWOW

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

高●村薫原作によるベストセラー小説を上川隆也、小西真奈美ほか実力派キャスト共演でドラマ化したミステリーのBOX。20年前の事件が発端となり起こった、猟奇的な殺人事件の真相を探ろうとする刑事たちの奮闘と苦悩を綴る。全5話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

WOWOWはコンスタントに良質で大人が楽しめるドラマを世に送り出してくれています。
「ドラマW」シリーズは秀作ばかりですね。

「ドラマW」は直木賞・このミス作品が多く取り上げられる傾向があるのでミステリーファンは必見ですね。

「レディー・ジョーカー」も始まりましたし、再度観てみましたが、やはり良いですね。

まず、原作を読んでいる方は犯人が誰なのかわかってしまっていますが、それでもグイグイ
引き寄せられてしまいます。

犯行に及んだ動機は?
マークス(MARKS)とは?
官僚の悪しき体質は改善されるのか?
警察・検察との駆け引きの行方は?

など、要所要所で謎解きのヒントが散りばめられていて観ていて飽きません。
脚本が非常に優れている証拠ですね。
だらだら11話より濃密な5話の方が良いと感じられます。

また、役者さんも実力重視の配役で「流行のタレント」は出ません。
その分、安心して世界観に浸れます。

有料放送チャンネルの底力を見せ付けられている感じを受けますね。

今後も期待しています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
作者は何を言いたかったのでしょう。

高村薫氏です。

「業」のようなもので、しばられている人間たちを描きます。

創作とは仮定、仮想の仕事であって、生まれてくるのは虚像です。

でもその虚像の背後に作者の視線が透けて見えてきます。

本作はエリート集団の業を描きますが、作者はそこにリアルな力を与えつつ、どうもやさしい視線を向けているような気がします。

そして、この映像作品です。ストーリーには手が入っていますけれども、作者の持つ何かを増幅したように思います。

つまり、映像として成功したのではないでしょうか。

わたしは二度繰り返して観ました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 レブロン トップ500レビュアー 投稿日 2013/4/28
サスペンス・ドラマとして、とても良くできていると思う。第一話の段階ではどこがどうつながっていくのか、わからなかったが、第二話以降、緊張感のある展開で画面に惹きつけられた。演出は正攻法で、奇を衒ったところがなくわかりやすい。
俳優もそれに応えて好演している。特に水沢裕之役の高良健吾は難しい個性を良く演じていたと思うし、甲本雅裕はどんな役をやらせても上手いと思った。また、小日向文世は上手い役者だが、このドラマでは存分にその個性を発揮していた。
登場人物の描写も秀逸で、登場人物の個性、生き方が良く描かれていた。裕之と看護師の真知子との関係等は一つ間違うと不自然になりそうだが、「こんな関係もありなのかな」と思わせるような演出と演技だった。また警察・検察それぞれの内部での組織の問題も良く描かれていた。
このような一つ一つのキャラクターやエピソードがしっかり描かれていたので、サスペンスの部分も迫真性が増していたと思う。
最後までダレることのない、密度の高いドラマだった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まず最初に、このころはまだ役者の質がいいですね。演技にケチをつけたくなるヤングアイドルが出てこないのでドラマをじっくり楽しむことができました。

官僚機構の中にいると人間が弱虫になってしまうんでしょうか。正義をなすべき立場にいる人たちが、自分たちの身の安全のために悪をもみ消すなどあってはならないことです。でもそんな腐った組織の中にあっても、上層部からの圧力にも屈せず犯人逮捕に挑む男たち(このドラマでは合田雄一郎警部補とその仲間、合田の友人で東京地検検事・加納)はかっこいいですね。

とてもよくできた作品ですが、2点ほど残念なのは、他の方のコメントにもありましたが、
BGMが場面にそぐわないこと。とてもやかましく感じました。
もう一点は、マークスと名乗る犯人の動機が不鮮明です。その辺が説明不足に感じたので星4つです。

物語の終盤、犯人が握っていた紙に書かれた文面に涙しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す