マンデラの名もなき看守 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,420
通常配送無料 詳細
発売元: LOVE☆MOVIES【通常配送無料】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マンデラの名もなき看守 [DVD]

5つ星のうち 4.5 19件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 3,420 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 570 (14%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、二代目かうじろうが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 3,420より 中古品の出品:7¥ 1,104より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でマンデラの名もなき看守 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • マンデラの名もなき看守 [DVD]
  • +
  • インビクタス / 負けざる者たち [DVD]
総額: ¥4,347
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョセフ・ファインズ, デニス・ヘイスバート, ダイアン・クルーガー
  • 監督: ビレ・アウグスト
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2009/04/24
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 19件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001PRR8PC
  • JAN: 4988013784147
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 114,820位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

27年間囚われた、のちの南アフリカ初の黒人大統領。
今、秘められた感動の実話が明かされる。

ネルソン・マンデラがはじめて映画化を許諾した、真実の物語。

■反アパルトヘイトの象徴、ネルソン・マンデラと白人看守の間に生まれた友情を描く、感動の実話
ドラマ!
南アのアハ゜ルトヘイト政策下、27年間もの投獄生活を強いられていたネルソン・マンテ゛ラと、彼を担当する白人看守
の間に生まれた、人種の壁を超えた友情の実話を初映画化。

■2度のカンヌ、ハ゜ルムト゛ールに輝く名匠、ビレ・アウグスト監督作品!
『ヘ゜レ』『愛の風景』で2度のハ゜ルムト゛ールに輝いた名匠による最新監督作。

■実力派キャスト競演によるクォリティ・ピクチャー。
白人看守役を『恋におちたシェイクスヒ゜ア』のシ゛ョセフ・ファインス゛、またマンテ゛ラ役を『24 TWENTY FOUR』でアメリカ大
統領を演じたテ゛ニス・ヘイスハ゛ートが演じる。

[内容解説]
あなたに逢って、知った。世界は間違いだらけだと-

1968年アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国。
刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリーは、最悪のテロリストとされるマンデラの担当に抜擢される
。マンデラの生まれ故郷の近くで育ったために彼らの言葉が分かるグレゴリーに、秘密の文書や会話
を監視し報告しろと言うのだ。任務に忠実なグレゴリーだったが、マンデラという人物に触れ、彼が
自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧
れていく。
しかし、そんな想いが周囲に知られれば、自分の立場も妻子の安全さえも脅かされる。
家族、国、仕事、理想、良心・・・葛藤の中、それでも正しい歴史の一部でありたいと願ったある看守
とマンデラの数十年間にも渡る魂の交流を描く、感動の実話を映画化した話題作。監督は、カンヌ国際映画祭パルムドールに2度輝いた名匠、ビレ・アウグスト。

[特殊内容/特典]
※映像特典未定

[スタッフキャスト]
監督: ビレ・アウグスト『ペレ』
製作: ジャン=リュック・ファン・ダム、イラン・ジラール
アンドロ・スタインボーン
共同製作: デイビッド・ワイト、スティーブン・マーゴリス
ロベルト・チプロ、ゲラルド・パリエイ
製作総指揮: カミ・ナーディ、マイケル・ドゥナエフ
ジミー・ド・ブラバン、クウェシ・ディクソン
脚色: グレッグ・ラッター
脚本・台詞: グレッグ・ラッター、ビレ・アウグスト
撮影: ロバート・フレイス
出演: ジョセフ・ファインズ『恋におちたシェイクスピア』
デニス・ヘイスバート『24 TWENTY FOUR』
ダイアン・クルーガー『ナショナル・トレジャー』シリーズ

(C)ARSAM INTERNATIONAL, CHOCHANA BANANA FILMS, X-FILE CREATIVE POOL, FONEMA, FUTURE FILM FILM AFRICA

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

南ア初の黒人大統領、ネルソン・マンデラと、彼が27年にわたる獄中生活の中で出会った白人看守との触れ合いを綴った感動の実話。テロの首謀者・マンデラの担当となった白人看守・グレゴリーは、マンデラと接するうち彼に特別な感情を抱くようになる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
じゃっかん、退屈なところもあるんだが、

エピソード満載であった。

これほど中身のある映画は・・・ひさかたぶりだなあ。

これからは、下手でもいいから、中身の詰まった作品を愛していこうと思った次第である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビレ・アウグスト(Bille August, 1948年11月9日 - )はデンマークの映画監督、テレビドラマディレクター。
略歴[編集 | ソースを編集]
ストックホルムで写真教育を受けた後、コペンハーゲンの映画学校に入学し映画制作を学ぶ。
1988年『ペレ』、1992年『愛の風景』でカンヌ国際映画祭・パルムドールを2度受賞している。
主な監督作品[編集 | ソースを編集]
子供たちの城 Zappa (1983)
ツイスト&シャウト Tro, håb og kærlighed (1984)
ペレ Pelle erobreren (1987)
愛の風景 Den goda viljan (1992)
愛と精霊の家 The House of the Spirits (1993)
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 LED LEPPARD トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2014/6/2
形式: DVD
 2007年、映画「マンデラの名もなき看守」です。(原題:「Goodbye Bafana」)

 ベルリン映画祭・平和映画賞、受賞作。
 映画の舞台は、アパルトヘイト下の南アフリカ。
 1968年、主人公である刑務官:ジェームズ・グレゴリーが、マンデラの監視役に就くところから、ストーリーが始まります。

 主人公・グレゴリーは、マンデラと接していくにつれて、知らなかったことを知り、マンデラや黒人への見方が徐々に変わっていきます。
 両者の心の壁は少しずつ崩れていきますが、現実は「白人と黒人」「看守と囚人」のまま。
 このような狭間で、苦悩を抱えて生きていくグレゴリーの人生が描かれています。
 何があっても、まったくブレないマンデラも印象的です。

 また、最初のほう、のどかな雰囲気の中、人種差別的な台詞がサラリと出てきます。
 いわば「異常な日常」なのですが、
この「異常な日常」を生み出すのは「人間の主観」なわけで、「人間の主観」の怖さを痛感させられました。

 私は、マンデラではなく、マンデラの『看守』という点で、ちょっと関心薄めだったんですけど、
実際、見てみて「意外といい映画だったなぁ」「見て良かったなぁ」というのが率
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 アパルトヘイト(人種隔離政策)が行われていた南アフリカ。ネルソン・マンデラ(デニス・ヘイスバート)が収監されていた。彼を監視するのはジェームズ・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)。人種差別に同調していたグレゴリーだったが、マンデラに接していくうち、次第にマンデラの自由で平等な思想に感化されていく。そして看守と囚人という間柄にありながら、信頼を寄せる関係に発展していく。

 実話であり、現地で撮影し、俳優陣も役作りに力を入れた作品。アパルトヘイトの非情さが伝わってきました。マンデラとグレゴリーの友情や、黒人に加担しているとして非難を浴びるグレゴリー一家の辛苦と悲劇。そして不安に苛まれる妻グロリア(ダイアン・クルーガー)との夫婦愛。様々な思惑、感情が渦巻くこの映画は非情でもあり温かくもある。収監されながらも希望を無くさないマンデラ。将来の不安を危惧しながらも自分の意思を貫くグレゴリー。時には彼に反対しながらも必死についていくグロリア。三人の強い人間像が印象的でした。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/17
形式: DVD
 マンデラ元大統領自身が初めて映画化を許諾された作品と言うことで、見てみました。
 映画としての作りは、丁寧でシンプルという印象。主演級の俳優さんの演技は皆素晴らしかったです。特にマンデラ役の方は立っているだけで非常に風格があり、台詞が少ないにも関わらず存在感が抜群でした。 
 マンデラさんの人生とその闘争は、歴史上の事実として持っているそのもののパワーがすさまじいので、余計な飾りを付けずに描いても十分に感動します。この映画の良さは、マンデラさんそのものではなく、看守の男性を主人公にした点にあると感じました。
 歴史の表舞台には名前の出てこない一民間人の彼が、南アフリカの人種隔離政策に違和感を覚え、黒人であるマンデラさんに人間として共感し尊敬を抱いた結果、歪んだ社会から支払わされた代償はけして小さなものではなかった。守るべき家族がいる彼は、従事するのが納得のいかない仕事でも、生活の糧を失うわけにはいかない・・。力のない、社会の歯車の一部でしかない人間が、自分の感じ、信じたままに生きるのが困難な状況で、時には妥協し、家族に責められ周囲に「黒人びいき」と責められ、家族を苦しめる自分を責めながら、それでも勇気を持って人間らしい態度を貫いたということ、そのことを描いた点が素晴らしいと思います。
 ダイアン演じる夫人の人柄もすごい。はじめ人種隔離政策に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す