通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マンガは哲学する (岩波現代文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マンガは哲学する (岩波現代文庫) 文庫 – 2009/4/16

5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 39
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 350
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マンガは哲学する (岩波現代文庫)
  • +
  • 子どものための哲学対話 (講談社文庫)
  • +
  • <子ども>のための哲学 講談社現代新書―ジュネス
総額: ¥2,192
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

人間についての鋭い考察!マンガってこんなに哲学!!
名作マンガの大狂気に「魂」を感じ、哲学を求める。私とは誰か?人生の意味について、われわれは何のために存在するのか、など「哲学の大問題」を45の作品を題材に、面白い哲学の第一人者が解説する会心作!!

私がマンガに求めるもの、それはある種の狂気である。現実を支配している約束事をまったく無視しているのに、内部にリアリティと整合性を保ち、それゆえこの現実を包み込んで、むしろその狂気こそがほんとうの現実ではないかと思わせる力があるような大狂気。そういう大狂気がなくては、私は生きていけない。その狂気がそのままその作者の現実なのだと感じたとき、私は魂の交流を感じる。それゆえ、私がマンガに求めているものは、哲学なのである。──「まえがき」より抜粋

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

マンガという形式でしか表現できない哲学的問題がある!自我論などで若者に人気の哲学者が、手塚治虫、藤子・F・不二雄、萩尾望都、楳図かずお、永井豪、赤塚不二夫、岩明均などの名作マンガを、相対主義、言語ゲーム、時間論、自我論、神の不在証明、超人論など現代哲学の観点から縦横無尽に読み解いていく。史上まれにみるマンガによる現代哲学入門。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2009/4/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006031831
  • ISBN-13: 978-4006031831
  • 発売日: 2009/4/16
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 156,780位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
これは「マンガ評論」ではなくて「哲学書」である。他の永井均の本でずっと書かれている哲学的なテーマを、マンガを題材にして書き上げている本である。

第1章で、吉田戦車の4コマ漫画を取り上げて、ウィトゲンシュタインの「語りえぬものについては沈黙しなくてはならない」について説明しているのだが、こんなに簡潔で鮮やかな説明できることに驚いた。「二十世紀後半の日本のマンガは、世界史的に見て、新しい芸術表現を生み出しているのではないだろうか」と永井が言うのは決して大げさではない。

しかし、これを読めば西洋哲学史の概要がわかる、と言う本ではない。そこを期待すると間違いなくガッカリするだろう(だいたい、今挙げたウィトゲンシュタイン以外に哲学者の名前がほとんど見当たらない)。その意味では、一般的な「哲学入門書」でもない。

現代の哲学者がどういう問題に取り組んでいるのか、どういう考え方をしているのか、それを知るべく読む本である。

ところで、永井均の著作を読む人でも、題材的に「なんとなく」この本をスルーしている人もいるのかもしれない。情けないことに自分がそうだったのだが、しかし、それはもったいない話だった。「本書を契機に、私はそれまでの<私>という表記法を本質的には必要としなくなった」と記す「あとがき」を
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 これまで永井氏の著書は『〈子ども〉のための哲学』→『ウィトゲンシュタイン入門』→『〈私〉の存在の比類なさ』→『翔太と猫のインサイトの夏休み』→『今・私・そして神』→『〈私〉のメタフィジックス』→『哲おじさんと学くん』→『哲学の密かな闘い』と読んできたが、初期の〈私〉や〈子ども〉など〈 〉、中期以降の「神」や「第~次内包」というジャーゴンの使用に閉口し、その問題提起の鋭さや根源性は評価しながらも、ウィトゲンシュタイン風の思わせぶりな記述スタイルや、反論や疑問に対し「なぜか理解できない人達がいる」とバカ扱いするような閉鎖性には賛同しかねていた。

 そこで永井哲学前期から中期への転機になったと自らが評する本書。元々、小学生の時は一時期自分でも漫画家を目指した程であったが、最近はあまり漫画も読んで居なかったので、取り上げられている作品のうち既読のものは『漂流教室』『わたしは真吾』『自虐の詩』「無能の人」『天才バカボン』『リュウの道』『デビルマン』で全体の5分の1位で、タイトルすら知らないマンガも多く、正直あまり期待せずに読み始めたら、なんとなんと、漫画のコマの引用と永井氏によるストーリー説明が巧みで、読んでいないマンガでも十分その哲学的要点は把握できたと感じ、非常に楽しい読書となった。何より良かったのは、『自虐の詩』を「手放しでは賞賛できない」、『リュウの道』を「思
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 椅子人間 殿堂入りレビュアートップ500レビュアー 投稿日 2010/4/5
形式: 文庫
「マンガをこよなく愛する哲学者」による「マンガの哲学的考察」という、画期的な一冊です。哲学的と評されるマンガは珍しくないが、本当にマンガにも造詣の深い哲学の専門家が、マンガの内包する哲学を具体的に解読してみせた評論というのは、あまり例がないのでは。「ユリイカ」でのマンガ家の特集などはあるにせよ、単行本としてまとまったものは本書だけかも?一般のマンガファンに向けてわかりやすく書かれてるし、文章も平易で非常に読みやすいです。

「私がマンガに求めるもの、それはある種の狂気である。現実を支配している約束事をまったく無視しているのに、内部にリアリティと整合性を保ち、それゆえこの現実を包み込んで、むしろその狂気こそがほんとうの現実ではないかと思わせる力があるような大狂気」 …この前書きに本書の精神が集約されています。これに少しでも共感できる人なら、まず買って損しません。良い意味で偏った作品セレクトがなされています。

特に楳図かずお、諸星大二郎ファンの人は、これは読んだほうがいいです。作品は、「洗礼」「わたしは真悟」「子供の遊び」などが評論されています。また吉田戦車「伝染るんです」と松本大洋「鉄コン筋クリート」に関しては、その哲学的感度に驚愕し、大絶賛されてました。

他では、星野之宣「セス・アイボリーの21日」「ブルーホール」、萩
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「哲学を学ぶ」ということと、
「哲学する」ことの相違点を混同しがちです。

著者によると、
《哲学は、他のだれもその存在を感知しない新たな問題をひとりで感知し、だれも知らない対立の一方の側にひとりで立ってひとりで闘うことである》と述べています。

つまりは、ニーチェやゲーテ、ソクラテスといった哲学者の思考に触れることは、「哲学を学ぶ」という範疇に収まるのであって「哲学している」状態ではない。

あくまで先人の考えを参考にした末に、《ひとりで感知》するのが「哲学」なのである。

著者は「哲学的感度」といういい方もしています。
教員として学生に触れているが、
《大学一、二年のときには、まだ輝くほどの哲学的感度を持っていた学生が、本格的に哲学の勉強をし、大学院進学を決意しはじめるころには、もうすでに、哲学界で哲学の問題であるとされているものを、ただこねくりまわすだけの人になってしまっているという例を、何度見てきたことだろうか》と嘆きます。

表現媒体としての日本の「マンガ」という手段は、特異な例、という観点から本書を著した著者。

哲学愛好者には、マンガ入門書として。
(その哲学はマンガによってこんな表現をされていますよ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー