通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マンガで食えない人の壁 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 shopkwjm
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに多少のキズ、スレ、ヨレありますが本文は概ね良好なコンディションです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マンガで食えない人の壁 単行本 – 2012/2/29

5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 486
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マンガで食えない人の壁
  • +
  • マンガで食えない人の壁 -プロがプロたる所以編-
  • +
  • 人を惹きつける技術 -カリスマ劇画原作者が指南する売れる「キャラ」の創り方- (講談社+α新書)
総額: ¥3,065
ポイントの合計: 48pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

おおひなたごう(ギャグ漫画家)
「実は、ダメ出しをされないように描こうとするからダメ」

樹崎聖(漫画家/『10年メシが食える漫画家入門』著者)
「良い作品というのは、一つのことしか言っていない」
(本文より抜粋)

マンガで食えない人の壁とは何か?
プロ13人が語る「私はこうして漫画家になった!」
漫画家志望者、必読の書!

◆こんな漫画家志望者にオススメ!
・とにかくマンガで食べていけるのか不安な人
・持ち込みや投稿をしても結果がイマイチな人
・編集者との付き合い方に悩んでいる人
・受賞したのに、ずっと作品が掲載されない人

表紙マンガ 園田ゆり(アフターヌーン四季大賞受賞)

◆掲載陣(敬称略)
樹崎聖、鍋島雅治、田中圭一、緒方てい、大崎充、おおひなたごう、江本晴、野間美由紀、深谷陽、川田潮、稀見理都、うめ/小沢高広、すがやみつる

著者について

漫画家支援団体。漫画家志望者に向け都内にシェアハウスを提供。これ迄200名ほどを支援、デビューした漫画家は18名。「漫画家のなり方」の研究し書籍発刊、2012年からはプロ向け支援「漫画家向け確定申告講座」など、活動範囲を広げている。


登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: NEWVERY (2012/2/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990545141
  • ISBN-13: 978-4990545147
  • 発売日: 2012/2/29
  • 商品パッケージの寸法: 21.3 x 15.2 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,170位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 素人 投稿日 2017/3/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
漫画の裏側の世界。
連載をとるまでの漫画家と編集者の関係などを複数人へのインタビュー形式で綴られています。

私は漫画家ではありませんし、漫画も描いていません。
漫画雑誌で必ず目にする新人賞。
それを通過すれば安泰、なんて思っていましたがそうではないんですね…!

漫画家の苦労の上に書店に並ぶ漫画があるのだと思うと漫画の見方が変わります
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
今時の作家さんは居ませんので、インタビューを受けている方々をご確認の上での購入が吉。
他方、中年以上でマンガ好きの方なら、ご存知の作家さんが揃っています(好き嫌いは別として)
内容は題名の通り漫画家を生業にしたい人達に向けたモノです。
「振り返ると、私の場合はこんな方法でうまくいった」という部分は、作家さんによっては正反対の意見が見られます。
けれど、根底に流れる意識は同じに感じられたのは不思議。
沢山の作家さんの経験則が伺える反面、必勝法を体系的にまとめたハウツー的な内容はありません。
そういうのを期待された方にはオススメできない一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
題名の通り、「漫画で食っていきたい」と思う、
ある程度実績のある、本気の漫画家志望者・デビューしたての漫画家の方にぴったりな本だと思います。

私自身は一応デビュー済みなのですが、編集さんと連載などのやりとりしていると、ネームの直しや考え方で
「他の漫画家さんはどうやって編集さんと付き合っているのだろう」と疑問が沸いている状態でした。
この本は、色々な漫画家さんがこの業界の中を戦ってきた上で語られる、頼もしく説得力のあるお話ばかりで、
迷っている私にまさにドンピシャ、納得のいく1冊でした。
新人の私にとって、このタイトルの本が棚に並んでいるのが少し恐いですが(汗

内容は本当に盛りだくさんです。
読んでいると、漫画家って本当常に四苦八苦して七転び八起きして、認められるまでが辛い!という感情が
ヒシヒシと感じられますが、同時に「描こう!やっぱり漫画が上手くなるのは、いっぱい描くことだ!」と奮起させられるような内容でした。
自分が一番知りたかった「編集者との付き合い方」なども、多くの漫画家さんが指南してくださっていて、
読んでからはより柔軟に編集さんと話せるようになった気がします。

その他にも、「賞を取った後の期間」についてや「漫画家に
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
【感想】

・本書は漫画家になりたい人に向けられた書物ではあるが、その考え方は漫画家だけに限られず、
 個人事業主や士業として商売をする者にも幅広く通用をする考え方だと感じた。

・記述は数人の漫画家に対して対話形式のものを文字起こししたものではある。

・全体的な話としては各々の画家がコツコツと努力をする事や情報に対してアンテナを張っておく事などは
 当然に必要である事を述べ、私はそれらの事は原理原則であると感じ取り、漫画家だけに限られずに
 必要となる事だと感じたのだった。

・この本を読んだ時、私は若い頃に通った法律資格を取得する為の予備校の事を思い出した。

・法律予備校はあくまでも予備校であり、其処に通っているからと言って大学の様に資格が得られる訳でもなく、
 門扉を叩いたほとんどの者が異なる世界にへと去ってゆく世界だった。

・ただ去っていった者が人生において当然に敗者となっていったと言う事ではない。
 サラリーマンとなって出世をしたり、政治家となって立法に携わる者も存在しているからである。

・それに似た様な事が本書にも書かれており、読み方を工夫出来れば漫画家を目指す者だけに限られずに
 大変面白く読める作品であると感じた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
紙で読みましたが、じっくり読もうとするとちょくちょく誤字等ミスを見つけてしまい、本当にこの本を参考にしてよいのか不安になりました…。
作家さんのお話自体は参考になると思います
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ロボット三等兵 VINE メンバー 投稿日 2012/9/22
形式: 単行本 Amazonで購入
 タイトルがまず、面白い。「漫画家になれない人の壁」である。 壁とは、そう、なりたいのに 眼前に立ちはだかって、なかなか超えられない処を指している。 壁というのは、漫画界に限らずどこの世界にもあることだけど。
 
 それは、さておいて 印象に残って興味深かったことは
漫画全盛期にはあった、新人を育てるだけの余裕が現在の漫画界にはないという。
即戦力つまり、すぐに売れる作品、作家が欲しいという。 このことは、そのまま、現今の出版不況の中で刹那的な苦しい出版界の現状というものがあることが 読み取れる。 色々と、編集者や、作家のことを はじめ 混濁としたことも書かれていて興味深い。

 漫画家として食べていけるようになるには 一に「運」だという。 運とは例えれば 宝くじに当たるようなもので 幸運ということを指している。
努力とか、資質、才能というのは 二の次のように語られている。 それらは、元々、作家に 備わっていることか、あって当然の世界なのだそうだ。

 私もコンテストで、数回、入選したけれど どこかそれは 運の要素が強い。 実際に、コンテストでは、上位に上る入賞候補の作品は、5〜6作品あることもあるそうで そこには 謂わば、差がないのである。
 その中から 入選の枠が、2つだったら、
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー