通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マンガで読む嘘つき中国共産党 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マンガで読む嘘つき中国共産党 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/18

5つ星のうち 4.6 96件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 970 ¥ 823
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マンガで読む嘘つき中国共産党
  • +
  • アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史
  • +
  • ルーズベルトは米国民を裏切り 日本を戦争に引きずり込んだ ─アメリカ共和党元党首ハミルトン・フィッシュが暴く日米戦の真相
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 99pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

習近平、激怒…!

反日教育、言論弾圧、愚民化政策、拷問、洗脳、汚職……
亡命漫画家が命がけで描く独裁国家の真実!

中国人にしか描けない特ダネが満載!
・ネットで共産党の悪口を呟くとどうなるか?
・中国警察から「お茶」に誘われたら黄信号
・「水道メーターの検針」が来たら赤信号
・中国で逮捕されたら必ずやるべき事とは?
・習近平ファミリーの意外な政治力とは?
・江沢民が愛人に送った恋文の中身とは?
・「照」という漢字で行われる反日教育とは?
・「ワンピース」と「抗日劇」の驚愕の関係とは?
・反日映画に出演する日本人俳優の苦悩とは?
・中国人はSEALDsをどう評価しているのか?
・人民解放軍は尖閣諸島を奪いに来るのか?
・中国版紅白歌合戦の裏にある政治闘争とは?
・・・他、全229本の4コマ漫画で、本当の中国がわかる!

内容(「BOOK」データベースより)

習近平、激怒…!反日教育、言論弾圧、愚民化政策、拷問、洗脳、汚職…亡命漫画家が命がけで描く独裁国家の真実!中国ネット民も騒然。衝撃の問題作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 159ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/1/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105070215
  • ISBN-13: 978-4105070212
  • 発売日: 2017/1/18
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 96件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,034位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
4コマ調でサクサクテンポよく綴られる中共の実態と作者のドキュメント。
風刺も上手く、軽快で愉快なマンガのはずなのに、作者の体験談が重く、思わず目頭が熱くなります。
嘘つき中国共産党と言うタイトルはとてもマイルドで可愛い表現だと思いました。
これだけの苦渋を飲まされても尚、コミカルなマンガで中共を批判できる作者さんには頭が下がります。
もっと恨みがましく、凄惨さを前面に出して訴えることも出来たでしょう。
しかし民主主義や平和を大事に思っているからこそ、恨むことより何を批判すべきか冷静に見据えて世に出されたのだと感じました。
願わくば中国の民主化と作者様の帰郷と活動、そしてその先に日中友好あらんことを。
コメント 161人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 まずかの国では間違いなく出版出来ないであろう題名が目を引きます。中国に生まれ中国に育ち、「風刺画」という形で体制に戦い続けた
漫画家「辣椒(ラージャオ)」氏による4コママンガです。可愛らしい画風と優しく丁寧な語り口ではありますが内容はかなり辛辣。と
言っても誰かを罵倒したりはせず、特に最近(現在の習近平政権下)で何が起こっているのか、そもそもいわゆる「反日感情」はどういう
方法で形成されていくのかを具体的には「習近平→肉まん」、「政治警察→熊猫」、「反日教育→マトリックス」など、卑近な例に換えて
実情を分かりやすく描いています。読んで驚いたのは「抗日劇」と「春晩」、「人民解放軍」について。ここは是非直接読んで見て
いただきたいので詳説は控えますが、日本人がまず知ることのない中国にいた方だから描き切れる内情に実態を余すところなく表現して
います。最後にご自身が何故このマンガを書き続けるのか、その理由とルーツとなる家族について紹介。実はこのマンガの中で一番重い
内容となっていますが、これを最後に構成したところに辣椒氏の良心と信念を感じます。かつてデビッド・ボウイの歌がベルリンの壁を崩壊
させたように、この本の内容が一人でも多く知れ渡ることが、今の中国を深く知りかつ何かを変える原動力になるかも知れない、それだけの
力を持った本だと思います。きっかけは何でもいいのでまずは読んで欲しい。そういう本でした。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
米国のAmazonでも1位を取ったという評判の書。亡命した漫画家が中共の情報及び言論統制を克明に4コマ漫画で描いたもの。
著者の辣椒氏は中国に帰ることもできず、生母の死に目にも会えなかった。日本においても報道しない自由が幅をきかせている実情があるが、中国の言論統制はその比にならないことがよくわかる。折しも米国において先日就任したトランプ大統領は、「ひとつの中国」という中国が堅持する立場に対し懐疑的な態度を取っている。これから米中がどのように折衝していくかは日本にとっても他人事ではなく、中国の姿勢を知る上で役立つ書である。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/1/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
著者の実体験と、余計な脚色が無い(であろう)から読んでいてとても共感出来る。
最終章の家族の話なんかは、読んでて涙が出る。
読み終わってからは、日本に生まれた事に感謝した。
個人的には、とても勉強になった。
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まずこの漫画の内容については、日本に生まれ今も日本にてゆるーい日常を送るような人間には、到底語ることは出来ないです。はい。
ただ、この手の漫画にしてはサクサクと読めるテンポの良さ、作者さんがやたら日本のサブカルに精通してて、巧妙にパクリとユーモアを混ぜ込んでくること、そして、絵が小綺麗&漫画家としての精進を怠らない姿に星5です!
これからのご活躍を期待します。そして奥様と末長くお幸せに。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
変態唐辛子さんがなぜ、日本に来たのか、捕まったらどうなるのか、中国で何があったのか、可愛いがシニカルな漫画で楽しませてもらった。途中でクスクスと笑える場面もあった。唐辛子さんの夢は、漫画で近現代史を書くことだとおっしゃっていたので、ぜひ中国語で、日本の正しい近現代史(南京・慰安婦のねつ造)を日本や世界に発信してもらいたい。大変面白く拝読しました。
コメント 192人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
中共からの度重なる言論弾圧と戦い続け、ついには日本へ出国中、中国へ帰る事さえ出来なくなった著者。
舞台を日本へ移し、本書のように漫画で分かりやすく中共の恐ろしさ、愚かさを拡散する活躍ぶりは本当に頭が下がる思いだ。これを読めば、改めて日本人であることを幸せに思えてしまう。

にもかかわらず、赤く染まったどこぞの県知事や、本書第9話でも登場する「反安保お子様集団」の活躍ぶりはどうだ?!彼らだって日本人だよね?!(たぶん・・・)著者や石平氏、孫向文氏ら、中国出身者から警告されても、そんなにアッチが良いのか?!チベットや著者の出身であるウイグル自治区の現状を見ても目を覚まさないのだろうか・・・?

さて、最終15話は、中共に翻弄され続けてきた著者一家の話。「これが私が共産党と戦う理由です。母の無念を晴らすためにも私は戦い続けます!」と締めくくられ、ますます著者を応援したくなった。

頑張れ辣椒さん!!本国のネット仲間たちと同じく、良識ある日本人は皆あなたを支持していますよ!
6 コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー