通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マンガでわかる統計学 回帰分析編 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに擦れが多少ありますが、中はきれいで書き込みはありません。保存状況はおおむね良好です。表層洗浄消毒後即出荷いたします。※こちらの商品は、OPP袋に入れて、アマゾン指定の管理ラベルを張り付けております。商品に直接は張り付けておりません。ご安心ください。商品によっては絶版後(新品の発売が終わった後)に希少価値により、定価よりも高い場合がございます。ご了承くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マンガでわかる統計学 回帰分析編 単行本 – 2005/9

5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,339
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マンガでわかる統計学 回帰分析編
  • +
  • マンガでわかる統計学
  • +
  • マンガでわかる統計学 因子分析編
総額: ¥6,912
ポイントの合計: 209pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本書は好評の既刊書『マンガでわかる統計学』の回帰分析編である。回帰分析の基本から類書で解説されることの少ないロジスティック回帰分析まで、喫茶店を舞台にマンガでやさしく解説した。

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、回帰分析と重回帰分析とロジスティック回帰分析を解説した書籍です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 215ページ
  • 出版社: オーム社 (2005/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4274066142
  • ISBN-13: 978-4274066146
  • 発売日: 2005/09
  • 商品パッケージの寸法: 23.5 x 18.5 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,518位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前作はマンガ付参考書としては内容とマンガを高いレベルでバランスよくまとめた稀有な本で、レビューでは鈴木みそ『化学式に強くなる』と比べている方もいましたね。
今回も要点を押さえた解説がなされていますが、回帰分析は統計学の入門書でも後ろのほうにある内容で、(例えば『はじめての統計学』では最後尾にちょろっとです)どうしても高校で文系を選んだ人にとっては高級に感じる数学を使わなければなりません。この本はその点にも配慮があり、最低限の基礎知識は1章かけて説明されています。とはいえ、やはりきちんと分析手法をモノにするためには数学の学習は必須でしょう。そういう意味で、前作ほどのとっつき易さはありませんが、これは致し方ないところ。
前作で統計学の薫りに触れ、入門書から学習していた人にとっては、後半の峠を越えるためのいい本が出た、という捉え方が出来るのではないでしょうか。
余談ですが今回からマンガの著者名も表紙に記載されましたね。
井上いろはさんの絵は何処かで見たような気がしたのですが、
少年探偵彼方を描いてた方だったんですね。当時の絵柄より上手くなってるなあ、と懐古しました。学習マンガ向けにデフォルメを効かせていますね。
オーム社にはこの調子でいろいろな分野をカバーして欲しいです。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 No Face 投稿日 2010/12/5
形式: 単行本
かわいい表紙に油断して読み始めると挫折します。
すでに「統計学」の基礎知識を使いこなしている人向けの内容です。
恥ずかしながら、自分は基礎知識が未熟だったため、暗礁に乗り上げました。
現在「標準偏差」からやり直しております…
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みたよ VINE メンバー 投稿日 2005/12/15
形式: 単行本
回帰分析に関してはExcelツールバーに用意されているため、割と使用している人は多いと思う。しかし、出力結果のひとつである分散分析表の意味をきちんとわかって使用している人はそれほど多くないのではないだろうか。というのも、Excel+回帰分析に関する本は多いものの、分散分析や検定に関する記述をきちんとしてある本は意外と少ないからだ。本書は「Excelで学ぶコレスポンデンス分析」にあったP検定の解説をさらにわかりやすく「描いて」ある。Excelの回帰分析ツールを正確に使いたい統計初心者にはすごくいい本だと思う。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yshiba11 VINE メンバー 投稿日 2006/3/19
形式: 単行本 Amazonで購入
アメリカの学会発表にむけ、日夜データを収集。ところが肝心なロジスティック解析の結果を自信をもって読めなかった。多変量解析の本を読んだが、根本が分かってなかったからだ。そんな時、この本を手にして目から鱗。以外にも自分が本を読んでも分からなかったところをしっかりと説明してくれているではないか。うれしかった、ありがとう!!
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
値段が値段なので購入を迷いましたが、レビューの良さに後押しされて、統計学、回帰分析編、因子分析編と3冊購入しました。
これまで統計学の本を何冊も買っては頭で理解したつもりでいましたが、分析の結果(値)をどう読むのか、ちゃんと書いてある本はなかったです。
これは、方法論だけではなく、数字の意味するところを初心者にわかりやすいように説明してあるところが、他の本になかった
ただし、3冊の後半になるにつれだんだん難しくなるので、現在、道半ばというところです。
実際にエクセルで実習しながら理解してくつもりです。
ただ、本に使われている例題のデータが全てダウンロードなどできると良かったと思います。
そこが星1個分マイナスなところです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
姉妹品のフーリエ解析は結構サラっと読めましたが

回帰分析主題のこの一冊はメイド題材の割りにかな

り内容が難しいです。元々行列とか苦手な私だから

かな?とも思います。が、やはり内容理解するとな

ると、結局Excel併用も余儀なくされるって位の本。

イラストに騙されました〜 (_^;)
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
マンガでわかる統計学の中で2番目に出版された本ですが、内容は3作目の因子分析編より難解です。読者が計算を目で追えるように丁寧に書かれているのは他の2作と同様ですが、回帰分析、重回帰分析、ロジスティック回帰分析と章を追うごとに難解さは増します。読破にも、多少の時間がかかります。そのひとつに理由としては、マンガとしての楽しさが他の2作より劣っているということが挙げられます。一応主人公の恋というサイドストーリーは設定されていますが、回帰分析などの数学を理解させるために、教師と生徒が会話を続ける展開の連続という印象をうけます。マンガの主人公は喫茶店のウエイトレスを勤める五十嵐みうで、他の2作の主人公をつとめた高津ルイは、ほんの少ししか登場しません。ただ五十嵐みうは第3作で高津ルイの先生役をしますから、マンガとしては、他の2作と薄いですが関連はしています。マンガとしては、他の2作でマンガのファンになった読者には少し物足りないスピンオフのような内容です。他の2作と比べてユニークなのはエクセルを使った統計解析が巻末に書いてあること。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック