Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 156 (15%)

Kindle 価格: ¥891

(税込)

獲得ポイント:
9pt (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[野口 哲典]のマンガでわかる神経伝達物質の働き ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!! (サイエンス・アイ新書)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


マンガでわかる神経伝達物質の働き ヒトの行動、感情、記憶、病気など、そのカギは脳内の物質にあった!! (サイエンス・アイ新書) Kindle版

5つ星のうち4.2 35個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥891
新書 ¥1,047 ¥677

販売: Amazon Services International, Inc.
紙の本の長さ: 224ページ

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleマンガ ストア】: 人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleマンガ ストア へ

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。

人気のインディーズマンガ



商品の説明

内容紹介

われわれは脳内物質により動かされている

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

“脳の中の物質が世界とヒトを動かしている!”
それは本当にスゴイことなんです!!

ヒトの行動を決めるのは脳であり、脳の中では多数の神経伝達物質が各々の役割を担って働いています。では、どういう神経伝達物質があり、具体的にどのように活動しているのでしょうか? 本書は脳の仕組みから神経伝達物質の種類、そしてこれら神経伝達物質が行動や感情、病気などとどのようにかかわっているのかを、マンガとイラストでわかりやすく解説していきます。

第1章 脳の仕組みと心
心はどこにあるのか? 有史以来、多くの哲学者や科学者が追求してきた結果、心は脳にあることが明らかになりました。では、脳と心はどのように結びついているのでしょうか。

第2章 神経伝達物質の働き
脳内では神経細胞が張り巡らされていて、神経伝達物質が仲介することにより細胞間で信号が伝わり、物事を記憶したり、行動を起こすことができます。では、神経伝達物質とはどのようなものなのでしょうか?

第3章 おもな神経伝達物質とその働き
神経伝達物質には数多くの種類があり、それぞれがヒトの思考、行動、睡眠などを左右しています。ここでは神経伝達物質の種類を1つひとつ見ていきながら、それぞれの働きについてまとめていきます。

第4章 神経伝達物質と心
笑ったり、泣いたり、怒ったり、キレたりといった感情もまた、脳内の神経伝達物質が働いた結果です。では、なぜヒトにはこれほど多様な感情が沸き起こるのでしょうか?

第5章 神経伝達物質と心の病気
現代の国民病といわれるうつ病。うつ病になるのは、ストレスなどによって神経伝達物質の働きが悪くなるからです。この最終章では、うつ病や統合失調症、双極性障害などが引き起こされる原因と、その治療法などについて解説します。

●目次
第1章 脳の仕組みと心
第2章 神経伝達物質の働き
第3章 おもな神経伝達物質とその働き
第4章 神経伝達物質と心
第5章 神経伝達物質と心の病気

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

出版社からのコメント

▼著者からのメッセージ(「はじめに」より)

憂うつ感がひどいときは、やる気がしないだけでなく、
自分がなにをやってもダメなつまらない人間に思えてくる。
そして、常に心の中におもりが詰まっているような重苦しさが抜けないのだ。
ひと言でいえば、とにかくわけもなくしんどくてたまらないのである。
そんなとき、いつも考えることがある。
それはなんとかこうした感情を自分でコントールすることができないか、ということだ。
憂うつ感だけでなく、悲しみや怒りといったマイナス的な感情すべてを
自分で自由にコントールしたいとさえ思う。
それをするためには、まずはそうした感情が起こる仕組みを知る必要がある。

心はどこにあるのか? 好き、嫌い、恐怖、怒り、悲しみ、喜びなどの感情は、
どこから、どのような仕組みで生じてくるのか?
それが近年、脳科学の進歩により、
どうやら心は脳の働きによるものであることがわかってきた。
なかでも神経伝達物質と呼ばれる化学物質が、
重要な役割を果たしていることが明らかになってきたのだ。
ヒトとロボットの最大の違いは、心をもっているかいないか、だといわれることもある。
それだけ豊かな感情は、ヒト特有のものなのだ。
だからこそ、つらいときもあるとはいえ、
そうした感情と仲よくつきあっていくことが大切なのかもしれない。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 98364 KB
  • 推定ページ数: 227 ページ
  • 出版社: SBクリエイティブ (2011/7/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B077YXXLR8
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 35

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

35件のカスタマーレビュー

2018年5月8日
形式: 新書Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月11日
形式: 新書Amazonで購入
2015年1月5日
形式: 新書Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年9月19日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年10月22日
形式: Kindle版Amazonで購入
2015年3月16日
形式: 新書Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月12日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月16日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover