この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マロニエの花が言った〈上巻〉 単行本 – 1999/8

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 649
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第52回(1999年) 野間文芸賞受賞

内容(「BOOK」データベースより)

両大戦間のパリに花開いた芸術家たちの青春のすべて。藤田嗣治・ユキ夫妻、岡鹿之助、シュルレアリスム詩人ロベール・デスノス、写真家マン・レイ、九鬼周造…優れた若き芸術家たちが集ったパリの豊かな時代。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 600ページ
  • 出版社: 新潮社 (1999/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103431024
  • ISBN-13: 978-4103431022
  • 発売日: 1999/08
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 14.6 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 552,763位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 大寺萌音 トップ50レビュアー 投稿日 2010/6/18
形式: 単行本
両大戦間のパリを舞台に、20世紀を代表する天才たちの若き日々を描いた小説。上下巻合計で1200ページの大作。様々な芸術家たちが出会い・別れながら、作品を生み出していく。やはり魅力は、意外な出会いだろう。たしか下巻だと記憶しているが、シュールレアリスムの詩人ロベール・デスノスの詩をもとに写真家マン・レイが映像化した作品に感動した映画監督のエイゼンシュテインが訪ねてくる。しかも、そこに立ち会ったのが、若き日のアレホ・カルペンティエール。とんもでない組み合わせである。ほかにも、驚くような人物が登場している。当然ながら、藤田嗣治、薩摩治郎八といった日本人も登場する。
20世紀前半のパリに興味がある方には薦めたい作品だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
大変な大部の作品で持つのも重いほどであるが、

清岡卓行のアカシアの大連がどうして書かれたのかが

分かる本である。

仏文学とフランスに関わる日本人芸術家たちについての

思索である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告