通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マレー蘭印紀行 (中公文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【Amazon配送センターより配送・お急ぎ便対応】カバーに傷みあり。中古品のため使用感はあります。商品によっては多少の書き込みや線引きがございます。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、不良があった場合はご返金(Amazon.co.jpが扱う新品商品と同等の手順に順じます)にて対応致します。領収書の発行には対応いたしておりませんので予めご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マレー蘭印紀行 (中公文庫) 文庫 – 2004/11/25

5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 289

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マレー蘭印紀行 (中公文庫)
  • +
  • どくろ杯 (中公文庫)
  • +
  • ねむれ巴里 (中公文庫)
総額: ¥2,346
ポイントの合計: 73pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

昭和初年、夫人森三千代とともに流浪する詩人の旅は、いつ果てるともなくつづく。東南アジアの圧倒する自然の色彩と、そこに生きるものの営為を、ゆるぎない愛と澄明な詩心で描く。

内容(「BOOK」データベースより)

昭和初年、夫人森三千代とともに流浪する詩人の旅は、いつ果てるともなくつづく。東南アジアの圧倒する自然の色彩と、そこに生きるものの営為を、ゆるぎない愛と澄明な詩心で描く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 184ページ
  • 出版社: 中央公論新社; 改版 (2004/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122044480
  • ISBN-13: 978-4122044487
  • 発売日: 2004/11/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,020位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
数ヶ月前のシンガポール出張の際に購入した「地球の歩き方」を読んで本書の存在を知った。恥ずかしながら筆者の名前も私は承知していなかった。なかなか読み応えのある美文であるが、正直言って、戦前の文豪達の文章と比べてしまうと、ひけをとってしまう。本書が現在にまで語り継がれているのは、やはり文章そのものの上手さよりも、東南アジアのエキゾチックさを詩人の言葉で表現し尽くしているのと、戦前の東南アジア、特に日本人社会の様子を生々しく記録しているからだろう。特に阿片にまみれた中国人苦力の働きぶりを前にしては、あらゆる読者は言葉を失ってしまうだろう。また、戦前から日本人がこの地域に積極的に進出している一方で、中国人のプレゼンスが圧倒的という構図がこの時代から確立されていたことが分かった。東南アジアに行く機会が多い人は是非ご一読を。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
詩人金子光晴が約80年前、33歳から訪れた南方アジア見聞録・散文詩だ〜 自然が擬人化され、実際に現地でも魔法にかけられた様に実感される〜自分の想像力が及ばない世界を見せてくれる万華鏡のような一冊だ! 〜センブロン河 ねこどりの眼 雷気 貨幣と時計 カユ・アピアピ 霧のブアサ 虹 スリメダン 鉄 コーランプルの一夜 ジャワ 蝙蝠 珊瑚島 スマトラ島〜  取り分け 余りにも 美しすぎて悲しいまでの珊瑚島 それを人人は意想(イデア) 無何有郷(ユートピア)となづけているのか!〜と 金子光晴の底知れぬ詩的密林への入り口としても最良の一冊だ!〜
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
1928年から1932年、シンガポール、マレー半島、ジャワ、スマトラとまわった紀行文。

当時日本人が経営していたゴム園や、鉱山の様子がなまなましく描写されています。

私が心惹かれたのは金子氏の描くジャングル。

夜の密生林を走る無数の流れ星。交わるヘッドライト。

そいつは、眼なのだ。いきものたちが縦横無尽に餌食をあさるたいまつ、二つずつ並んで走る飢渇の業火なのだ。(本文より。)

他、延々と熱帯雨林の気候、そこに暮らす人々の描写。

なんだかクラクラします。

時に反乱をおこすゴム園で働く中国人「苦力」。

鉱山では年老いた苦力達が阿片ほしさに「地獄の餓鬼」のように働いている。

のんびりしたマレー人、気性の激しいスマトラ女。

40歳をとうに越えた日本人娼婦、そして女衒。

暴力的なほどの生命力を宿した熱帯雨林さながらに、たくましい人間達の営みが、淡々と描かれています。

第二次大戦前、東南アジアに進出した日本人社会の様子がよくわかります。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
金子光晴の独特の世界が垣間見える一冊でした。

夫人と一緒にアジアを旅するのですが、中でもマレーシアのバトゥパハの日本人クラブに滞在した際の一説に

『私は毎朝、一杯の珈琲とロッテ、それにバナナを食べていた』というくだりがあり(表現の違いはお許しください)実際に私もその舞台となったバトゥパハに行ってきました。小さな港町で大きな川の近くに錆びれたコーヒーショップ(茶室)があり、プラスチックの机に椅子、そしてなみなみと注がれた珈琲にバターとザラメの砂糖をのせたトーストのロッテ、そしてバナナをここで朝からゆっくりと食べ、一日を川の流れのようにゆったり過ごした詩人の姿が見えるような気がした。

そんな読みながらにして、アジアのゆったりとした時の流れ、激しい詩人の世界をみることの出来る一冊だと思います。

東南アジア好き、旅行好きにはお勧めの一冊です!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 昭和初期に日本を脱出して、東南アジアを放浪した詩人が綴ったものですが、文章というよりも散文詩の領域です。植民地で働かされる苦力、各地で巡り会う西洋人、河や地元の風物、夜の湿気・・・詩人の複雑な心境が投影された様々な光景が、簡潔に描かれています。一語一語がみずみずしく、凛とした美しさとを湛え、愁いを帯び、日本語でここまで端麗な表現がなしうるのかと、読むたびに思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告