Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 432
(税込)
ポイント : 4pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[冲方丁, 大今良時]のマルドゥック・スクランブル(1) (週刊少年マガジンコミックス)
Kindle App Ad

マルドゥック・スクランブル(1) (週刊少年マガジンコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] マルドゥック・スクランブル(週刊少年マガジンコミックス)の7の第1巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 432
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

儚き魂が疾走する銃活劇(ガンアクション)の金字塔!! 身寄りのない少女バロットは、救いの手を差し伸べたはずの男シェルに突然殺されかける! 瀕死の状態から目覚めると、その身には金属繊維の人工皮膚と、あらゆる電子機器を操る力が与えられていた……。「なんで私なの?」ネズミ型万能兵器・ウフコックの力を借りて、答えを探し求めるバロットの闘いが、今、始まる――!!

著者について

冲方 丁
『マルドゥック・スクランブル』『シュヴァリエ』『蒼穹のファフナー』『ヒロイックエイジ』『カルドセプト』…全メディアの枠を軽々と越え、創作の場を拡大
する「文芸革命児」!!! この『オイレンシュピーゲル』もまた、冲方だから実現できた「同時多発ストーリー」という企みが生んだ、最高の果実である。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 44307 KB
  • 紙の本の長さ: 195 ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/3/17)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00NXAPL2G
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
漫画家の大今良時さんが話題作『聲の形』の前に描いた、冲方丁の同名のSF小説のコミカライズ。全巻を読んでの感想です。

娼婦の少女が裏社会の有力者に殺されかけたものの、高度なテクノロジーによってよみがえり、自分を殺そうとした男を逮捕するため新たな仲間とともに闘いに身を投じていく、というのがおもなストーリーです。もともと原作が過激な暴力描写(とくに女性に対して)のある小説であり、本作でもそれは充分引き継がれていました。

もともと原作を読んでおり、その後『聲の形』で大今さんのファンになった立場からすると、この漫画版に対する原作読者からの批判があるのは理解できました。大今さんの絵のタッチがユーモラスでかわいらしく、バイオレントでハードボイルドな原作の世界観とはギャップがあるからです。くわえて、原作のアニメ版では『ブレードランナー』のようにダークな未来像が反映されており、本来それが原作に近いイメージなのでしょう。ですが本作ではやや異なり、カートゥーン・アニメのような明るめのイメージで再現されています。大今さんが作家性の強い漫画家なので、ラストの変更もふくめて独自の色をくわえている点も賛否がわかれやすいかもしれません。

作画には臨場感や躍動感があります。それでもやはり初の連載作品だけあって、前半部は作者自身が表現したいイメージに技
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
何故か今頃になってまさかの漫画化が実現したマルドゥック・スクランブルの第1巻。
ジャンルとしてはハードSF及びアクションで、導入は次のとおり。

街の闇の権力者によって突如殺されかけた身寄りのない少女バロット。
車ごと炎上するという大惨事により重症を負うが、人命救助を目的とした特別法令によって超高度の科学・医療技術が駆使され一命を取り留める。
そして、彼女を救った“ドクター”らから首謀者を逮捕すべく協力を求められたのだが・・・。

となっており、身寄りもなく楽しみもない彼女は生きることに意味を見出せず、当初その申し出を断る。
しかし、彼女のパートナーとなるネズミ(型の人工知能兵器)“ウフコック”の説得が奏功し、「幸せに生きること」の答えを探すべく戸惑いながらも第一歩を踏み出すというのがおおよその1巻の流れ。

以上は原作及び漫画に共通する作品の世界の話。
次にこの漫画そのものの話だが、クオリティはかなり高いと思う。
作者が原作の複雑難解な世界をよく消化して理解している印象。
これならば原作を知らず漫画から作品に入っても平気だと思われる。
作画の面では新人ということもありまだ不慣れな部分も見受けられるが、下手なのとは違い、連載で回を重ねることでよ
...続きを読む ›
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
冲方さんの世界観とキャラクターを見事なまでに映像化した大今さん。
素晴らしい作品に仕上がっています。
巻を重ねるほどによりその質は高まっていきます。
傑作といっていいでしょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YUMMY 投稿日 2010/3/20
形式: コミック
漫画化、しかもハイティーン向け雑誌連載+新人漫画家という事で連載前の不安が大きかった本作。
いやしかし杞憂。
原作のダークな雰囲気は損なわずに少年漫画として再構築している。
バロットの最初の覚醒時の行動など、原作を読んだ人間が驚くような部分も多く大筋が分かっていても見せ方が全く違っていて楽しめた。
『小説の完全な漫画化』を望む人はあまり良い気分はしないだろうが、私は歓迎する。
小説のステージと漫画のステージは全く違うものだから、それぞれの特性に応じた描き方をするべきだろう。
また個人の感想だが画面がとても魅力的だ。
単純な画力の話ではなく、漫画が凄くカッコよく描けていると思う。
冲方氏も折り返しでコメントしているが大今氏の今後は私も楽しみだ。
次巻で出てくるのは問題の畜産業者だが、別マガ本誌では既に登場している。
あろう事か完全再現である。
業界に逆風が吹くご時勢に素晴らしい勇気。
今後、アニメ映画/小説新作と続く主人公バロットの如く新生したマルドゥックシリーズを見守って行きたい。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover