¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー お金はどう作られ、どうなくなっていくのか 単行本(ソフトカバー) – 2016/12/6

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/12/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,538

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マルクスもケインズも触れなかった 嘘まみれ世界金融の「超」最大タブー お金はどう作られ、どうなくなっていくのか
  • +
  • 金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
総額: ¥2,320
ポイントの合計: 22pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

なぜこんな簡単な質問に誰も答えられないのか。そればかりかこれを研究する学者は追放される。これに触れる評論家はTVに出られない。

主流経済学の最大の役割は《通貨発行権の隠ぺい》である。TVの御用学者からはけっして聞けない目からウロコのお金の仕組み。

すべてのお金は借金から成り立っている。誰かの資産は誰かの借金である。このあまりに不都合なマネー創造の方程式のことを誰も教えてはくれない。無からお金を作る《信用創造特権》に鋭いメスを入れる。通貨発行権を持っているのは世界のどこでも政府でなく中央銀行。日本の中央銀行「日銀」が発行する年間83兆4千億円とその利子はどこへ消えていくのか?

お金が作られた時点から利子が発生する、利子の返済には税金が当てられる。だから誰も銀行の無限借金ループから脱けだすことはできない。銀行が利子で上げた利益はどこへ行くのか?日本の民間銀行の株主の40%は外資。経済成長が止まると経済は破綻してしまう。戦争がその解消手段となる。世界中で経済学者も政治家も知らないこと、マスメディアやアカデミズムも教えてくれないこと、こんな詐欺・洗脳経済の仕組みから抜け出す方策を提示します。

内容(「BOOK」データベースより)

主流経済学の最大の役割は“通貨発行権の隠ぺい”である。TVの御用学者からはけっして聞けない目からウロコのお金の仕組み。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 220ページ
  • 出版社: ヒカルランド (2016/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486471438X
  • ISBN-13: 978-4864714389
  • 発売日: 2016/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,474位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
買ってよかったです。お金がどのように作られ、どのように流れているか、だれが権利をもっているのか、
なぜ戦争が起きるかなど、世の中の動きまでわかる本です。
金融マンもそうでない方も絶対読んだ方がよい本だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 shn 投稿日 2016/12/29
Amazonで購入
お金が「無」から生み出されると、
「商品の総額と収入の総額は等しいのだから、収入がすべて支出されれば商品のすべてが売り切れる。」というセーの法則が自由主義市場経済の基本イデオロギーなのだそうですが、それが崩れてしまうことになる。
つまりこれは銀行が贋金づくりをしているのではないか、と読みました。
→[…]
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
経済に好況期と不況期があることで利益を得る人たちがいる事を
ネット上の情報などでぼんやりと知っていましたが、その仕組みを
わかりやすく説明していますので、明確に知ることができました。
「羊毛刈り」という言葉を使って説明されています。
アマゾンで在庫がきれていたので、八重洲○ックセンター本店で買いました。
4階44番の棚に平積みされてたくさん残ってました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
金融のしくみはロスチャイルドが作ったの著者、安部よしひろ氏とベルナー理論を
唱える天野もとやす氏の共著で、何が書かれているかと、興味深く読んだ。

第3章の質問者を交えた対談が面白い。
・ ベーシックインカムを信用創造で行う。
・ おカネの作られ方を知らない、政治家,官僚、一般銀行家
・ 銀行家とイスラム国とのつながり
など、質問者への回答として会話形式で綴られており、
分かりやすい。

そして、天野氏の書き下ろしのアベノミクス、主流経済学を斬る、安部氏の書き下ろし、
夢のエネルギーR水素、 これは、本の題名のとおり、間違いなく超最大のタブーに
違いない。
現状の経済学が全否定され、エネルギー問題もなくなってしまい、じゃあ、今の社会って
なんなんだよ、ってことになる。

全編を読むと、このような提言している経済学者や物理学者は過去にも何人かいるようだ。
私の記憶でもニコラテスラなどいい例で、当時の権力者によって隠蔽された。
つまり、時代の権力者は自分の都合の悪いことには取り合わないのだろう。

しかし、プーチン、トランプ、ドテルテなど民衆に人気のある権力者が
世界では台頭して
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告