¥ 1,188
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マルクス『賃金・価格・利潤』解説 (マルクス主義基... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マルクス『賃金・価格・利潤』解説 (マルクス主義基本文献学習シリーズ5) 新書 – 1999/3/31


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書, 1999/3/31
¥ 1,188
¥ 1,188
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「マルクス主義基本文献学習シリーズ5」は、仲山良介著『マルクス「賃金・価格・利潤」』です。
『賃金・価格・利潤』(1865年 マルクスの講演)は、『賃労働と資本』(1847年 マルクスの講演)とならんで、主として『資本論』(1867年に第1巻刊行)またはマルクス経済学の入門書として読まれてきました。そういうものとしても、きわめてすぐれた小冊子であることは言うまでもありません。しかし、このマルクスの講演は、労働組合とその中心課題としての賃金闘争=経済闘争の意義を正面から論じたものとして独自の意義をもっているのです。いわば労働組合原論のような意味があります。
1860年代の労働者階級の下からの闘いの高揚を背景に、イギリスと大陸ヨーロッパの労働者の交流が進み、それをとおして労働者階級の国際的結合の必要性の自覚が高まった結果、1864年9月にロンドンの国際労働者集会(セント・マーティンズ・ホール)で国際労働者協会(第1インターナショナル)が結成されました。しかし、この第1インター内部では労働組合運動の意義を事実上否定するような潮流も幅を利かせていました。その代表的人物として、またそのような代表的考え方として、イギリス人のジョン・ウェストン氏とその主張が取り上げられ、それにたいしてマルクスは、『資本論』として形成されつつあったマルクス経済学の地平から根底的な批判をおこなったのです。
ですから、この『賃金・価格・利潤』からマルクス経済学の基本概念を学ぶことができるというのは、まったくそのとおりです。しかし、この講演の本来の目的は、当時の労働運動内部における誤った主張をマルクス経済学にもとづいてていねいに批判し、〈労働組合は、資本との日常的攻防戦をしっかりと闘い、かつその闘いを労働者階級の究極的勝利のための闘いと固く結合する必要がある〉ということを当時の労働運動指導者たちに深く理解してもらいたいということでした。
韓国では、民主労総によるゼネスト闘争を中軸として労働者革命が始まっています。これに固く連帯して、日本においても動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)を先頭とする階級的労働運動の本格的・大衆的復権をぜひ実現したい――このような問題意識から、この『賃金・価格・利潤』から学ぶことが今日きわめて重要であると考えます。

出版社からのコメント

「マルクス主義基本文献学習シリーズ 5」の仲山良介著『マルクス「賃金・価格・利潤」』には、「国際労働者協会の決議」(1866年9月)と「国際労働者協会創立宣言」(1864年9月)、そして「国際労働者協会暫定規約」(前文)が資料として掲載されています。「国際労働者協会の決議」はマルクスによって起草されたもので、「労働組合、その過去・現在・未来」というタイトルがつけられています。この決議においては、以下のような重要な指摘がなされています。
「労働組合は、資本と労働のあいだのゲリラ戦のために必要なのであるが、賃労働制度そのものと資本の支配を廃止するための組織された力としてよりいっそう重要である」「労働組合は、もともとの目的は別として、今や労働者階級の組織的中心として、労働者階級の完全な解放という大きな利益をめざして活動することを学ばなければならない。……労働組合が労働者階級全体の前衛、代表としての自覚をもって行動すれば、未加盟労働者を隊列に獲得することにかならずや成功するであろう。……労働組合は、労働組合の活動が狭く利己的なものでなく、ふみにじられている幾百万の人民の解放をめざしているのだということを、全世界に十分に納得させなければならない」


登録情報

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 前進社; 新書版 (1999/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881392581
  • ISBN-13: 978-4881392584
  • 発売日: 1999/3/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,254,579位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 メンズ 防水腕時計 カシオ メンズ