¥ 3,240
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マリファナの科学 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マリファナの科学 単行本 – 2003/5/1

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 319
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マリファナの科学
  • +
  • カンナビノイドの科学: 大麻の医療・福祉・産業への利用
  • +
  • 医療大麻の真実  マリファナは難病を治す特効薬だった!
総額: ¥8,856
ポイントの合計: 268pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

マリファナの吸引、是か非か?マリファナ議論に最終ピリオド!あまりに感情的に語られてきたマリファナを科学的に徹底分析。

マリファナの歴史からマリファナの薬理学まで。翻訳されていない、数々の学者や政府の報告書、欧米での医療大麻の最前線をレポート。大麻のメリット、デメリットとどのように付き合うのかをオックスフォード大学教授が論じた書。

【訳者からのコメント】
本書の論旨を端的に示すなら、次のような言葉に集約することができます。「テトラヒドロカンナビノール(THC)はきわめて安全な薬剤である」THCとはマリファナに含まれる活性成分です。上の言葉について確かめたいという方、また懐疑を抱く方は、ぜひ本書を読んでみてください。本書はまさにこの点を科学的に検証するために捧げられているのです。
では、なぜマリファナをめぐる現状は、かくも複雑で入り組んだ様相を呈しているのでしょうか?それは、マリファナはこれまで道徳問題と同一視され、その使用をめぐる議論が「善VS悪」の構図で描き出されることがあまりにも多かったからです。本書では、マリファナが、暴力衝動や悪というイメージと結びつけられてきた歴史を詳述しています。一般の人々がマリファナについて「理性的」で「科学的」な見方をとることが困難になっているのも、またアメリカの反マリファナ的な国策や、その基軸として機能しているマリファナ禁止法が、1930年前後の同国の禁酒法、19世紀中頃のドイツのコーヒー禁止令同様に不合理である事実がいまひとつ伝わってこないのも、道徳論と巧みに混淆された世間一般のマリファナ観のためであることが解き明かされます。
マリファナの薬効については、これまでにも口づてで数多くの事例が報告されています(邦訳では『マリファナ』グリンスプーンほか著・久保儀明訳・青土社1996、に詳しい)。だが、本書は、これら信頼性に欠け、各国の監督官庁から認可を取りつけるには不十分といえる口づての事例報告を後押しし、昨今のマリファナ論争にいわば駄目を押す形で、臨床試験によって示された事実をもとにマリファナの有効性を実証する労作となっています。大麻には致死量がなく、アルコールやニコチンよりはるかに安全な薬物といえることが、本書を読むとわかります。
近年ではとくに癌やエイズなどの病気の治療を目的とした「医療大麻」が注目されています。また、人間の体内に、大麻に含まれる活性成分専用の受容体が発見され、さらに「体内マリファナ」とも言える内因性のカンナビノイドの分泌も明らかになっています。こうした現状を踏まえた上で、著者はこう結論づけています。「患者から安全で効果のある薬剤を取り上げる根拠が、はたしてあるのだろうか」本書の科学的アプローチは何よりマリファナにまつわる無用なレッテルを剥がし、われわれが<マリファナの真実>に近づく大きな足かがりとなってくれることでしょう。

著者からのコメント

臨床試験による事実をもとにマリファナの有効性を実証する労作
本書の論旨を端的に示すなら、次のような言葉に集約することができます。
「テトラヒドロカンナビノール(THC)はきわめて安全な薬剤である」
THCとはマリファナに含まれる活性成分です。上の言葉について確かめたいという方、また懐疑を抱く方は、ぜひ本書を読んでみてください。本書はまさにこの点を科学的に検証するために捧げられているのです。
では、なぜマリファナをめぐる現状は、かくも複雑で入り組んだ様相を呈しているのでしょうか?それは、マリファナはこれまで道徳問題と同一視され、その使用をめぐる議論が「善VS悪」の構図で描き出されることがあまりにも多かったからです。本書では、マリファナが、暴力衝動や悪というイメージと結びつけられてきた歴史を詳述しています。一般の人々がマリファナについて「理性的」で「科学的」な見方をとることが困難になっているのも、またアメリカの反マリファナ的な国策や、その基軸として機能しているマリファナ禁止法が、1930年前後の同国の禁酒法、19世紀中頃のドイツのコーヒー禁止令同様に不合理である事実がいまひとつ伝わってこないのも、道徳論と巧みに混淆された世間一般のマリファナ観のためであることが解き明かされます。
マリファナの薬効については、これまでにも口づてで数多くの事例が報告されています(邦訳では『マリファナ』グリンスプーンほか著・久保儀明訳・青土社1996、に詳しい)。だが、本書は、これら信頼性に欠け、各国の監督官庁から認可を取りつけるには不十分といえる口づての事例報告を後押しし、昨今のマリファナ論争にいわば駄目を押す形で、臨床試験によって示された事実をもとにマリファナの有効性を実証する労作となっています。大麻には致死量がなく、アルコールやニコチンよりはるかに安全な薬物といえることが、本書を読むとわかります。
近年ではとくに癌やエイズなどの病気の治療を目的とした「医療大麻」が注目されています。また、人間の体内に、大麻に含まれる活性成分専用の受容体が発見され、さらに「体内マリファナ」とも言える内因性のカンナビノイドの分泌も明らかになっています。こうした現状を踏まえた上で、著者はこう結論づけています。
「患者から安全で効果のある薬剤を取り上げる根拠が、はたしてあるのだろうか」
本書の科学的アプローチは何よりマリファナにまつわる無用なレッテルを剥がし、われわれが<マリファナの真実>に近づく大きな足かがりとなってくれることでしょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 315ページ
  • 出版社: 築地書館 (2003/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806712663
  • ISBN-13: 978-4806712664
  • 発売日: 2003/5/1
  • 梱包サイズ: 21 x 15 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 465,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2003年7月15日
形式: 単行本
0コメント| 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年6月7日
形式: 単行本
0コメント| 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2013年5月5日
形式: 単行本
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2003年6月18日
形式: 単行本
0コメント| 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。カラーボックス インナーボックスカラーボックス 収納押入れ 棚押入れ 衣装ケース