中古品:
¥22
お届け日 (配送料: ¥256 ): 10月26日 - 27日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

マリア様がみてる 33 ハローグッバイ (コバルト文庫) 文庫 – 2008/12/26

5つ星のうち4.2 28個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
文庫
¥22
¥1

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

紅薔薇さまである祥子と黄薔薇さまである令も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳は、祥子からあるものを渡されて…!?一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃ではなく田沼ちさとで!?元薔薇さまの聖・蓉子・江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎える。「さようなら、お姉さま」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今野/緒雪
1965年6月2日、東京生まれ。『夢の宮 竜のみた夢』で1993年上期コバルト・ノベル大賞、コバルト読者大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 集英社 (2008/12/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2008/12/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 文庫 ‏ : ‎ 224ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4086012448
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4086012447
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 28個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1965年6月2日、東京生まれ。『夢の宮 竜のみた夢』で1993年上期コバルト・ノベル大賞、コバルト読者大賞受賞(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『お釈迦様もみてる S-キンシップ』(ISBN-10:4086014513)が刊行された当時に掲載されていたものです)

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
28 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年10月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年6月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年9月5日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月19日に日本でレビュー済み
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年12月28日に日本でレビュー済み
31人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月16日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年12月27日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 良い終わり方
ユーザー名: 白薔薇のつぼみ、日付: 2008年12月27日
良いお話でした。
いい幕の引き方だったと思います。

主要キャストはほぼ勢揃い(静さまさえいれば……)。
懐かしの鵜沢美冬さんも再登場したりして、色々な意味で集大成といった感じでした。
黄薔薇ネタが多くて、黄薔薇好きとしては嬉しい限り。
「令ちゃんのバカ!」

由乃と菜々のその後とか、祐巳と瞳子の姉妹愛とか、まだまだ読み足らないと思うことはありますが、巻数や展開を冷静に考えるとこの辺りが区切りには相応しいでしょう。
本当に今回は綺麗に締めていて、リリアンを卒業する祥子と令の気持ちがそのまま読み手にも伝わってきたかのようです。

今は、こんな素晴らしい作品を創り上げてくれた作者に感謝の気持ちで一杯です。「形を変え」たリリアンの物語も楽しみにしています。
この作品に出会えて本当に良かったです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年2月10日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告