通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マリア様がみてる (コバルト文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに少しいたみあり。本体少しやけあり。中はきれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マリア様がみてる (コバルト文庫) 文庫 – 1998/4

5つ星のうち 4.5 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マリア様がみてる (コバルト文庫)
  • +
  • マリア様がみてる―黄薔薇革命 (コバルト文庫)
  • +
  • マリア様がみてる―いばらの森 (コバルト文庫)
総額: ¥1,502
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 252ページ
  • 出版社: 集英社 (1998/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 408614459X
  • ISBN-13: 978-4086144599
  • 発売日: 1998/04
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 245,467位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/12/4
形式: 文庫
百合ブームの火付け役として昨今持てはやされている一大タイトル。
人間味あふれる、且つこの時期特有の描写の巧さに思い入れて止みません。
気になってはいるものの未読の方、
小耳にはさんだことのある方。
お勧めいたします。
私は♀リピーターですが、
本当に男女ともに楽しめるシリーズだと思います。
続刊がかなり出てしまっているし…とためらっている方、心配ご無用。
あれよあれよという間にすぐ集まってしまいますよ♪
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本作はいまや百合ものの代表格のように扱われている。実際、『黄薔薇革命』のあとがきで著者は「ソフトだけど百合」とのレビューを好意的に評価しているし、雑誌の百合もの特集では必ずといっていいほど表紙を飾る。

しかし、実は百合でもなんでもなく、中身はどこにでもありそうな学園コメディである。「薔薇さま」「姉妹制度」といった独特の設定のせいで好奇の目で見られることがしばしばあるが、本質的には“人と人との信頼関係”とか、“家族のような人間関係”といったものを築いていく、そういう話である。

だいたい、百合ものにありがちな、他人に理解されないゆえに二人だけの世界に閉じこもってい
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これこれ、こういう本を読みたかったのよ~!!という女子校でのお姉さまと妹の物語!!
女子校出身者は必読??とも思えます。
小学生でも安心して読める内容ですので、ご安心を。
主人公の祐巳ちゃんがとてもかわいらしいです。
年上のお姉さまにあこがれる気持ちが、とてもリリカルに描かれています。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ネットでこの作品の簡単な内容を知り購読した。

購読前にはアニメ化されたことや周囲の評判など全く知らない。

なにせこの作品の作者とほぼ同年齢の男性だから知るはずが無い。

それでも購読したのは私が小学生の時分、この作品で描かれる"スール制"もどきを

実体験したからだ。私が4年生、相手は6年生の女子生徒。きっかけは記憶にないが

相手から「弟になりなさい」と言われ、憧れはあったが恥ずかしく断っていた。

しかし彼女が余りに世話を焼いてくれるので結局「お姉さん」と呼ぶようになった。

それからの記憶は曖昧であるが今でも脳裏に焼きついているのは彼女の卒業が近づいた時期

「早く中学校に上がってきてね、お姉さんは待っているから」と言われたことだ。

これには涙ぐんだ記憶がある。結局、私が翌年に転校したため再会は無かったが。

前置きが長くなったが、上記の実体験があったため世界観等に何の違和感も無く現状での

全巻を購読した。実際、評判のような"百合"では無い。元来、10代の女性向けの作品で

受け取り方が違うのであろう。私は作者と年齢が近いせいだろう
...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Ana 投稿日 2001/11/9
形式: 文庫
純粋培養のお嬢様達が集う、高校のお話。
スカートのプリーツを乱さないように・・・・・・などなど穏やかな、のんびりさせてくれる本です。
私的には、ちょーお嬢様の祥子様が大好き!こんな世界もあるのかと、夢に浸れます。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/6/1
形式: 文庫
ミッション系お嬢さま学校+ソフト百合という組み合わせそのものは決して
斬新とはいえないけれど、「マリみて」の特筆すべきところは、学校という
システムの中に組み込まれたその独特の擬似姉妹制度にあります。
バーチャルなものではあるけれど、お互いが望んで姉妹の契りを交わした
その絆は強くて深い。そして、友情とも恋情とも違う新しい「絆のかたち」
の描写こそがこの作品の真骨頂であると思います。
コバルト文庫は女子生徒が読むものだという固定観念に縛られている男性も
女性も、一度「マリみて」に目を通してみて欲しい。読んでみさえすれば
この作品が年齢を問わず男女双方から支持されている理由が実感できる
だろうから。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック