通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マリアビートル がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーデザインが画像とは異なります。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マリアビートル 単行本 – 2010/9/23

5つ星のうち 4.3 162件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 802 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マリアビートル
  • +
  • グラスホッパー (角川文庫)
総額: ¥2,365
ポイントの合計: 37pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

酒浸りの元殺し屋「木村」。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」「檸檬」。運の悪い殺し屋「七尾」。物騒な奴らを乗せた新幹線は、北を目指し疾走する! 『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

内容(「BOOK」データベースより)

元殺し屋の「木村」は、幼い息子に重傷を負わせた相手に復讐するため、東京発盛岡行きの東北新幹線“はやて”に乗り込む。狡猾な中学生「王子」。腕利きの二人組「蜜柑」&「檸檬」。ツキのない殺し屋「七尾」。彼らもそれぞれの思惑のもとに同じ新幹線に乗り込み―物騒な奴らが再びやって来た。『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。3年ぶりの書き下ろし長編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 465ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010/9/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048741055
  • ISBN-13: 978-4048741057
  • 発売日: 2010/9/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 162件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,878位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
小説でパズルを作らせたらこの作家の右に出る者はいないんじゃないか。
相変わらずの群像劇の完成度の高さ、ああ伊坂作品を読んでいるなという気分になりました。
これほどまで登場人物が多く、伏線が豊富で、入り組んだ話を一つの物語として、且つ面白い形で完成させるとはすさまじい構成力…これだから伊坂作品はやめられません。
登場人物は主役脇役含めかなり多いですが、誰が誰だかわからなくなるなんてことはまずないです。全員キャラが立っていて一癖も二癖もある人間ばかりですので。
前作グラスホッパーのファンとしては嬉しい仕掛けもちょこちょこ出てきて楽しみながら読めました。
新幹線の中という密室空間に一般人と殺し屋を詰め込んでここまで先が読めないスピード感のある展開になるとは。そして伏線に見せかけたミスリードの使い方も上手いなぁ…。最後までページを捲る手が止まりませんでした。
ラストは思わずフッと笑ってしまいました。殺し屋という血生臭いテーマを扱いながらも絶妙なバランスで後味の悪さを残さない読後感は伊坂作品ならでは。ああ、面白かった!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
つい先日グラスホッパーを読み終わり、続けて一気に読みました。
グラスホッパーよりも、マリアビートルのほうがスピード感があって読みごたえありでした。
まず登場人物の描写がわかりやい。殺し屋がみんな個性豊かで魅力的でストーリーを映画のようにイメージしやすい。

そして、東京から仙台までの新幹線の中で、ここまでいろんな人物と出来事と殺しを盛り込めるものだと思いながらも、そのスピードについていく感覚で一気に読み終えてました。
檸檬の話す機関車トーマスの説明はかなり面白く、読後に機関車トーマスが見たくなります。

最後まで読み終わった後面白かったマンガを読み返す感覚でもう一度読みなしてしまいました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
独特の世界観でファンの間でも好き嫌いがわかれたグラスホッパーの続編です。
が、グラスホッパーを読んでいなくても、伊坂さんのファンでなくとも、読み手は作品中にちりばめられた「怒り」「遊び」「気づき」を通じて楽しめる印象です。

というのも、前回にまして、登場人物の個性はかなり強烈で、しかも伊坂さん作品史上もっとも憎たらしいと思われる人物が登場し、読者は彼にぶつけようのない「怒り」を抱きながら、それをすっきりさせたくて先へ先へとページを進ませてしまうことでしょう。

設定は、東京から仙台までの新幹線車内で殺し屋たちがそれぞれの任務をこなそうとしていたら自然と絡み合うといったもので、登場人物の殺し屋達はマンガのキャラクターに近いものにすることでかなり軽快に、そしてポップなものに伊坂さんの手で仕上げてあると思います。
また、実際の描写が克明に思い浮かぶようなスローモーションでアクションを再現した描写や、おそらくわざと回収していない伏線の中盤でのばらまきも含めて、個人的には「遊び」が効いてて好きです。

そして、作品序盤から、「人はどうして殺してはいけないのか」といった素朴な疑問に答えられない作品中の大人たちと一緒に、追い詰めれてしまった読み手に、最後の最後で「気付き」を与えてくれるものもこの作品の魅力だと思いま
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とにかく面白い!
東北新幹線の中という、ある意味密室で次々に起こる
殺人やら事件やら殺し屋同士のニアミスやらなんやら。

単なるどたばたコメディーで終わらないのは、しっかりとした
伏線、それぞれが主役級のキャラ達のおかげではないか。
「グラスホッパー」の続編ということだが、前作よりもキャラが
しっかりと立っている。

なかでも「天道虫」や「王子」に隠れがちかもしれないが、
機関車トーマスを心から愛し敬う、腕利き殺し屋コンビの
ひとり「檸檬」。
話の中では別段活躍した、というわけではない。が、彼は
出会った人物をトーマスの登場人物になぞらえているのだ。
それが妙に的を射ているのがおかしい。
檸檬の人物観相は「王子」の隠れた『悪』をも見抜く。

それほど混んでいないこの新幹線。しかし、とことんついていない
「天道虫」、腕利きコンビ「蜜柑」と「檸檬」、その業種からは引退した
「木村」、途中乗車しきてきた「狼」、こちらもコンビの「スズメバチ」、
驚きの『伝説の業者』と、これだけの殺し屋が乗車しているのである。
殺し屋だけではない。一番の悪(?)、「王子」もいる。
これだけ揃
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー