シェアする

マラドーナ [DVD]

5つ星のうち4.4 13個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥14,800 ¥2,114
DVD [DVD]
¥350
DVD 1枚組
¥602
今すぐ観る レンタル 購入
フォーマット 色, ドルビー, 字幕付き, ワイドスクリーン
コントリビュータ ディエゴ・アルマンド・マラドーナ エミール・クストリッツァ, エミール・クストリッツァ
稼働時間 1 時間 35 分

CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。

登録情報

  • アスペクト比 ‏ : ‎ 1.78:1
  • Is Discontinued By Manufacturer ‏ : ‎ いいえ
  • 梱包サイズ ‏ : ‎ 19.6 x 13.6 x 2.4 cm; 204.12 g
  • EAN ‏ : ‎ 4988003800727
  • 監督 ‏ : ‎ エミール・クストリッツァ
  • メディア形式 ‏ : ‎ 色, ドルビー, 字幕付き, ワイドスクリーン
  • 時間 ‏ : ‎ 1 時間 35 分
  • 発売日 ‏ : ‎ 2010/6/9
  • 出演 ‏ : ‎ ディエゴ・アルマンド・マラドーナ エミール・クストリッツァ
  • 販売元 ‏ : ‎ キングレコード
  • ASIN ‏ : ‎ B003D5JAMI
  • ディスク枚数 ‏ : ‎ 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.4 13個の評価

商品の説明

商品紹介

FIFAワールドカップ2010年南アフリカ大会開幕直前に超ホットなリリース! まさに“台風の目”アルゼンチン代表を監督として率いる男=マラドーナの真実!
―――神の子と呼ばれた男は、1人の人間だった。
このドキュメンタリーは、ヒストリーでもなく、英雄譚でもない。巨匠クストリッツァだから、“神の子”マラドーナが“人間”に見える。
栄光と挫折を繰り返す“神の子”ディエゴ・アルマンド・マラドーナ49歳。
数え切れないゴールを決めた“魂の反逆児”が狙う人生のゴールはどこにあるのか!?
■アルゼンチン国民の英雄、ナポリの救世主、稀代のエンターテナー、そして薬に溺れた堕ちた偶像・・・。20世紀スポーツ界もっともスキャンダラスなスーパースター。“神の子”ディエゴ・アルマンド・マラドーナ 49歳。名匠エミール・クストリッツァ監督がブエノス・アイレスからナポリ、ベオグラードへと“魂の反逆児”の真実を追った話題のドキュメンタリー作品が遂にDVDで登場!!
■引き裂かれた国。旧ユーゴスラビア、セルビア共和国出身。カンヌ映画祭で2度のパルムドール(最高賞)に輝いた映画界の巨匠エミール・クストリッツァもマラドーナの熱狂的なファンの一人。クストリッツァの祖国セルビアとマラドーナの祖国アルゼンチンは戦争や貧困という共通点を持っている。そしてサッカーの盛んな国としても。マラドーナは、クストリッツァに最高のプレーを見せ、遠い異国から夢を与えた。今では世界中の人に愛されるクストリッツァの作品と貧困から栄光と挫折を味わったマラドーナ。クストリッツァだから話せるマラドーナの今まで聴くことの出来なかった告白。名作を撮り続けてきた男の夢“マラドーナを撮る”が遂に結実した。
■本作でマラドーナは、サッカーだけでなく、政治、家族への愛、そして自分を死の淵へと追いやったドラッグ問題にも言及する。また“神の手ゴール”“世紀のゴール(五人抜き)”といった伝説のスーパー・プレイや自身を称える歌「神の手」の大熱唱シーンも必見。これまでのドキュメンタリーとは全く違う“素顔のマラドーナ”が映し出される。 ※原題『Maradona by Kusturica』

レビュー

第61回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で20日に公開予定のドキュメンタリー映画『Maradona by Kusturica』は、サッカーファンに「神」と崇められ、1986年のサッカーW杯でアルゼンチン代表を優勝に導いたディエゴ・マラドーナ(Diego Maradona)の半生を描いている。ボスニアのエミール・クストリッツァ(Emir Kusturica)監督のこの作品は、マラドーナの成功のコインの裏側――引退後のアルコールと薬物中毒、激太りしていく姿――も描く。1986年のW杯メキシコ大会・準々決勝、イングランド戦での後半開始直後の「神の手ゴール」(ゴール前にボールに手で触れたとされる)、続くディフェンダー「5人抜き」などの伝説が残るマラドーナに並ぶ選手は、彼以前に最高の選手とたたえられていたブラジルのペレ(Pele)以外にいない。しかし、マラドーナは問題行動も絶えなかった。1984年からイタリアのクラブ、ナポリ(Napoli)でプレーし、カルト的な人気を博していた1991年、コカインの陽性反応が出て15か月の出場停止処分を受けた。また1994年のW杯アメリカ大会では、ドーピング検査で禁止薬物エフェドリンが検出され、大会から追放されるなど、ドラッグ問題では繰り返し処分を受けた。
それでも故国アルゼンチンの人々にとっては、マラドーナは貧困街で育ち成功した「ピベ・デ・オロ(黄金の子)」だったし、今もそうあり続けている。しかしドラッグにはまり、体重が増えるにつれ運命の歯車は狂い始めた。肥満問題では食事量コントロールのために胃のステープリング手術(胃の数か所を器具で止めて食事量を減らす)をするに至った。テレビ司会者として活躍する一方で、コカイン中毒とも闘ってきた。21世紀を迎えようというころには、セレブの自信過剰さと著しい健康の衰えが影を強め、マラドーナの生活は激しく揺れるようになっていた。ついには2000年、ウルグアイのリゾート地プンタデルエステ(Punta del Este)でドラッグ摂取による心臓発作で入院。回復したマラドーナは療養のため、長年の友人であるフィデル・カストロ(Fidel Castro)が当時国家評議会議長を務め、また自らが尊敬するアルゼンチン出身の革命家、故チェ・ゲバラ(Che Guevara)にゆかりのあるキューバへ向かった。以後4年間、このカリブ海の共産主義国とアルゼンチンの間を行き来しながら、コカイン中毒と格闘した。2004年、再度心臓発作に見舞われ死のふちまで行くが、このときも治療のためキューバの首都ハバナ(Havana)へ向かった。2007年3月に肝炎とアルコール依存症治療のためアルゼンチンの病院に戻るが、「アルコールやドラッグ問題は過去のものだ」などと発言しながらも入退院を繰り返す。この時期からマラドーナは、カストロ前議長やベネズエラのウゴ・チャベス(Hugo Chavez)大統領など左派政権をたたえ、米国を冷笑する政治的発言を強めている。(c)AFP --AFPBB News 2008年05月19日

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.4
星5つ中の4.4
13 件のグローバル評価
星5つ
61%
星4つ
22%
星3つ
17%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年7月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年4月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト1000レビュアー
2019年6月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年6月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年6月8日に日本でレビュー済み
殿堂入りNo1レビュアー
2010年10月3日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2010年7月8日に日本でレビュー済み