中古品
¥ 509
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆送料無料、保証付。◆表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。【検品担当者より】書き込み等ございましたら、保障いたします。 丁寧な検品、迅速な発送を心がけております。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

マラドーナ自伝 単行本 – 2002/5/24

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 142

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

商品説明

   世界最高のサッカー選手であると同時に、世界で最もスキャンダラスなアスリートのひとりだったマラドーナ。数々の栄光をここであらためて説明するまでもないが、言わずと知れた「神の手」のゴールや、ドーピング疑惑、コカイン使用による逮捕、そして大胆不敵な発言といった破天荒ぶりも数知れない。天才的なプレーの秘密はもちろん、人間的にも大いに興味をそそられるスーパースターの自伝である。

   本書には、マラドーナのサッカーライフにまつわるほとんどすべてのエピソードがある。貧民街でディフェンダーとしてサッカーを始めた幼少期。わずか2年半で9軍から1軍まで上り詰めたプロデビュー時代。史上最年少でのアルゼンチン代表入り。1979年ワールドユース優勝。W杯スペイン大会初参加。初の海外移籍となるバルセロナ時代。多くの栄冠をもたらしたナポリでのプレー。1986年のW杯優勝。1990年の惜敗とドーピングにより出場停止になった1994年のW杯。その後の復帰から、ボカへ移籍しての引退――。自らの境遇、心境、そしてプレーを振り返りつつ、マラドーナは饒舌(じょうぜつ)にまくしたてる。

   さらに、親しい友人や中田英寿を含むサッカー選手100人についてのコメントと、「タイトル、賞、功績」の章、そして日本語版には金子達仁によるあとがき「サッカーが好きで好きでたまらない子供」が収録されている。

   とにかく過激である。愛情というよりもはや執着と呼ぶべきサッカーへの思いをはじめ、スーパースターゆえの超ハードスケジュール、相手ディフェンダーのマーク、そしてサッカービジネスを取り巻く権力者への痛烈な批判。何から何まで熱く激しいのだ。

   けっきょく、マラドーナはいつも戦っていた。それは常人の域をはるかに超えてしまった天才の宿命なのかもしれない。もしマラドーナが不幸だったとすれば、巨大に膨れ上がったサッカービジネスという人間臭いピッチの中でも、自分自身に正直すぎたからだろう。だが、それが彼の強さでも弱さでもあり、天才たるゆえんだったのだ。ケタはずれの天才の視点とメンタリティーを伝える、実に興味深い1冊である。(齋藤聡海)

内容(「MARC」データベースより)

最年少でプロデビュー。世界各国のリーグで活躍し、ワールドカップではアルゼンチン代表を優勝に導いた希代のスーパースター・マラドーナが、初めて全てを語った。サッカーを愛し、サッカーに殺された男の物語。


登録情報

  • 単行本: 474ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2002/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344002024
  • ISBN-13: 978-4344002029
  • 発売日: 2002/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 21.1 x 17.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,121位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/9/22
形式: 単行本
自分がサッカー好きではなく、本当はマラドーナ好きである事を再認識するマラドーナ好きにはたまらない本である。
サッカーが好きになった=マラドーナのファンになった事である。
この人ほど、サッカーを愛し、家族を愛し、仲間を愛し翻弄された人はいないのではないか?
チーム、オーナー、ファン、人々の心を掴んだ分だけの愛憎が回りにおこり、誤解、誹謗中傷された。(スーパースターなのに!!)
治安の悪いナポリの街からサッカー見たさに、不良が消えた!!そこまで影響力のあるマラドーナがW杯イタリア大会の時にあんなにも酷い不遇にあい、それでも・・・この本を読んで決勝戦での涙の理由が始めて分かった。
監修である、金子達仁さんの「サッカーが好きで好きでたまらない子供」の表現はマラドーナ好きだからこその表現だと思うし、読み終わると顔がニンマリする一冊だと思う・・・
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
マラドーナが世界にデビューしたのは79年のワールドユース東京大会だ。そして実質的に引退した94年アメリカW杯まで、ボクはマラドーナと同時代を過ごせたことがとてもうれしい。その間の(さらにその前後も)一部始終をマラドーナ本人が語る。五人抜きや神の手はもちろん、ワールドユース決勝でのフリーキック、82年W杯の飛び蹴り、ラモン・ディアスとの関係などなど。自伝と言うよりも独白だから、客観性を求めてはいけない。ただ聞けばいいのだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最高の本です。マラドーナ自身が、彼のサッカー半生・交友関係を告白。世間の人々は、マラドーナを誤解しています。彼は人間的にも本当に素晴らしいんです。後半のマラドーナによる、世界のサッカー選手100人の批評は実に興味深いです。是非、ご一読を。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ずっとマラドーナが、話しかけてくる感じ。読み応えがあった。面白かった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ma_sound2002 投稿日 2003/2/28
形式: 単行本
マラドーナはまさに人生をまっとうしている数少ない人間だ。彼の人生は一般人の何倍も濃いものだ。私が尊敬する人だけに興味深くいっきに読んだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック