マラソン [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,980
通常配送無料 詳細
発売元: yuzu-yuki
カートに入れる
¥ 5,280
通常配送無料 詳細
発売元: kitasaba
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マラソン [DVD]

5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,979 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サパスモアが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 4,979より 中古品の出品:5¥ 2,614より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • マラソン [DVD]
  • +
  • DOOR TO DOOR ~僕は脳性まひのトップセールスマン~ 【ディレクターズカット版】 [DVD]
  • +
  • 少しは、恩返しができたかな [DVD]
総額: ¥11,329
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 二宮和也.田中美佐子.内藤剛志.上森寛元.桜井幸子.松岡昌宏
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: UNIVERSAL(P)(D)
  • 発売日 2008/03/05
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 16件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000XSKZYU
  • EAN: 4988005499219
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,946位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

自閉症の青年がフルマラソンに挑戦した実話のドラマ化。
愛と勇気と真実の感動物語を二宮和也が熱演!

【解説】
ドラマ『マラソン』は、「自閉症」という障害を持ちながらマラソンに挑戦した実在の青年・ヒョンジンくんの姿を描いたオリジナル作品。
青年はフルマラソン42.195キロを3時間以内で完走、さらにトライアスロンでは最年少記録を打ち出し韓国中を感動の渦に巻き込んだ。今回は、原作の手記に「自閉症」を取り巻く日本の状況を織り込み、さらに舞台を日本に移し変えて制作。また、この青年の話は韓国でも映画化され、520万人の観客動員数を記録。
主演は、昨年放送された特別ドラマ『少しは、恩返しができたかな』で橋田賞を受賞、映画「硫黄島からの手紙」では国際的にもその演技が評価され、演技派若手俳優としての地位を確固にした二宮和也。母親役には二宮のドラマデビューとなった『天城越え』(TBS・1998.1.1放送) 以来、9年ぶりの共演となる田中美佐子。またマラソンコーチ役にはTOKIO の松岡昌宏。
人と人との絆やつながりを描く感動ドラマである。

【ストーリー】
彰太郎 (二宮和也) は福祉施設「和泉園」に通う、鉄道が大好きな愛らしい「自閉症」の青年。母親の 晴江 (田中美佐子) は
障害を少しでも克服しようと、彰太郎が小さい頃から山登りに連れて行き、身体を鍛えさせていた。そして彰太郎が走ることだ
けは人より並外れた能力を持っていることを発見し、走る時だけは人と変わらない息子の姿に希望を持ち、粘り強くマラソンの
練習をさせていた。
ある日、「和泉園」に自閉症の取材で雑誌記者・さなえ (桜井幸子) がやってくる。そこで晴江と知り合ったさなえは、彰太郎が
出場する10キロマラソン大会を取材。彰太郎のランナーとしての素質を目の当たりにして、フルマラソン (42.195キロ) に挑戦し
てみては、と晴江にすすめる。さらに、コーチに有名マラソンランナーの 野口洋二 (松岡昌宏) を紹介。訳あって陸上から離れ
ている洋二だったが、晴江から哀願されしぶしぶ了解し、練習を開始する。
走る素質はあるものの、「自閉症」ゆえの様々な障害を克服しなければならない彰太郎に最初は戸惑っていた洋二。しかし、
練習を重ねるうちに子供のように純粋で率直な彰太郎を少しずつ受け入れるようになる。そして彰太郎も洋二に心を開き始め、
フルマラソン大会出場に向けた練習を続けるのだが…。

【キャスト】
宮田彰太郎 (自閉症の青年) … 二宮和也
宮田晴江 (彰太郎の母) … 田中美佐子
宮田伸章 (彰太郎の父) … 内藤剛志
宮田啓太郎 (彰太郎の弟) … 上森寛元
岡村さなえ (契約の雑誌記者) … 桜井幸子
野口洋二 (元駅伝選手) … 松岡昌宏
ほか

【スタッフ】
原 作 … 「走れ、ヒョンジン!」 (ランダムハウス講談社) パク・ミギョン著、蓮池薫訳
脚 本 … 寺田敏雄
音 楽 … 笠松泰洋
企画・プロデューサー … 山崎恆成
プロデューサー・演出 … 吉田 健
後 援 … (社団法人) 日本自閉症協会
自閉症 (発達障害) 監修 … 辻井正次先生 (中京大学社会学部教授)
制 作 … TBSテレビ
製 作 … TBS

【映像特典】
マラソンスペシャルガイド(24分58秒)
二宮和也 ドラマ撮影完走までの道のり(「王様のブランチ」より)(4分5秒)
チャン・ロク プロファイル 二宮和也(「チャンネル☆ロック」より)(6分47秒)
予告集(1分40秒)

Amazonレビュー

2007年9月20日、TBS・感動ドラマ特別企画で放映された、二宮和也(嵐)主演のスペシャルドラマ。共演は、田中美佐子、内藤剛志、松岡昌宏(TOKIO)ほか。原案は、自閉症というハンデをもちながら、42.195キロのフルマラソンを完走した実在の青年・ジヒョン氏による手記で、韓国でも映画化されるなど大きな話題を呼んだ作品。日本を舞台にした“二宮版”では、自閉症の人を取り巻くわが国ならではの実情に触れ、よりリアリティーの増した構成となっている。自閉症の息子に対し、愛しさと不安と誇らしさの入り混じった感情を抱く母・晴江(田中)と、どこまでも澄んだ瞳で風のように走る彰太郎(二宮)の表情が、忘れがたく胸に残る。――自閉症の青年・彰太郎は、人並みはずれた脚力をもっていた。彼は、マラソンに挑戦することになり……。(みきーる)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
パク・ミギョン著「走れ、ヒョンジン!」の設定を日本に置き換えてドラマ化した作品です。
テレビドラマ故に綺麗な面だけを表現している点が残念ではありますが、何より主演の二宮君の演技が素晴らしかったです。
目標に向かって頑張るピュアな少年の姿に胸打たれ、視聴後はさわやかな気持ちになれました。
この作品で、二宮君はギャラクシー賞月間賞、文化庁芸術祭テレビ部門放送個人賞を受賞したそうです。
彼の渾身の演技は必見です!
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
二宮君の演技を見て心の底から驚きました。
視線や仕草がうちの自閉症の息子と重なったからです。
このドラマがきっかけで少しでも多くの人が自閉症の事を理解してもらえたら
自閉症児やその家族が救われる・・・そんなドラマでした。

二宮君は本当にすばらしい俳優さんです。
コメント 109人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
私の兄も主人公と同じく自閉症です。

幼い頃は人とは違う兄に対し苛立ちを感じたこともありました。だけど今は障害を抱えながらも真っ直ぐしっかりと生きる兄を誇りに思っています。

このドラマを通して、より多くの人に自閉症に対する理解や差別を無くしていただければ幸いです。

たまたまジャニーズが好きだった私にとって、二宮くんがそのきっかけの1つになったことはとてもうれしいです。

また彼の演技が嫌みなく、また心を暖かくしてくれました。私も、そして主人公同じく電車が好きな兄にとって大好きなドラマの1つです。
コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 以前TV番組で、自分は嵐の中でブレイクするために俳優をしているのであって、普通の俳優としては芝居はできないと語っていた二宮くん。9年ぶりの共演となる母親役の田中美佐子さんが特典で「にのみーは本当に瞳がきれいで」と語っていましたが、自閉症の監修担当した先生も「ごく普通の自閉症児にしかみえないし、かわいらしい」とのコメントにも納得です。
 
 自閉症で幼い頃に母親と虹を観て言われた言葉を今も鮮明に覚えていて、虹にこだわりのある彰太郎(二宮和也)自閉症であるがゆえそのことを母親に伝える事はできないのですが…。母親がフリーのジャーナリストのさなえ(桜井幸子)に語った本音「わたしの夢は彰太郎より1日だけ長生きすること」のセリフには母性愛の強さとせつなさを感じ胸をうたれました。
  
 自閉症ゆえに彰太郎に母親がかかりっきりになっていることに関して、家族思いの弟ですが、寂しさを感じている弟(上森寛元)の心情もドラマのテイストを壊さないように描かれています。彰太郎のコーチ役を引き受ける挫折感を抱いている洋二(松岡昌広)の心情も変わっていく姿も見事でした。母親と彰太郎の合言葉「折れても負けない気持ち、迷った時は前を向け」はとても励みになる言葉で、彰太郎はとめにきた母親の手自分の意志で離れ、ここで初めて母親から自立した彰太郎は、走りはじめるのです。また、思い
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
嵐の中でもニノのファンで、彼の出演作を探していてこの作品に出会いました。

公式サイトでスタッフさんが「二宮君の演技があまりにも自然で、ドラマなのかドキュメンタリーなのか分からなくなるようだった」とコメントされていましたが、まさにそのとおりだと思います。
章太郎君は、家族の愛を一身に受けて育った純粋で真っ直ぐな自閉症の少年で、「いつものニノ」の影はこれっぽっちもありませんでした。

嵐のニノのファンからしてみれば、クールで自他共に認めるあまのじゃくで、時に人の心を見透かしてしまいそうな鋭い目をするニノが、一点の曇りも無い純粋な目をした愛らしい章太郎君を完璧に演じていることに驚きです。
この人は本当にすごい俳優さんなんだなと感心させられました。

今までずっとお母さんに手を引かれていた章太郎君がマラソンを通じて成長、自立して、今度はお母さんの手を引くようになる姿に心が温かくなりました。
このドラマのように、きっと自閉症の人は純粋で真っ直ぐで、その周りの人の心も和ませているんだろうなと思いました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
障害者を扱った作品、または登場する作品はいくつかみていると思いますが、このドラマほど後味のよい作品はないのではないでしょうか?

それは作り手のコンセプトが非常に明確で、それがしっかりと役者に伝わっているという視聴者としての安心感なのかもしれません。ともすると、テーマ故に気負い過ぎて見ている側がちょっと引いてしまうことありますよね。それは映画なら通用するかもしれないけど、やはりテレビドラマとしてつくるわけですから微妙なさじ加減が必要かなと。

その点二宮さんは、演技から受けるリアリティーと、見ている者をそっと引き寄せてしまう生まれもった佇まいのようなものがうまく混ざり合い非常に見てを心地よくしてくれますね。

自閉症の子をもつ家族の日常を描きながら、テーマはどこの家庭にもありがちなものになっていてとても共感できました。
母親から走ることを一方的に止められ、そのもって行き場のない思いが溢れる橋からグラウンドへのシーンはとても切なく、そして愛らしく純粋で大好きなシーンです。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック