通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 簡易クリーニング済。状態は良好ですが、中古本の為、多少の使用感はあります。特に記載が無い場合、帯、付属品は付属されておりません。ご不明な点、ご質問はお気軽にご連絡下さいませ。 万一不備が御座いましたら、返金対応させて頂きます。迅速、丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書) 新書 – 2009/11

5つ星のうち 4.5 119件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マラソンは毎日走っても完走できない―「ゆっくり」「速く」「長く」で目指す42.195キロ (角川SSC新書)
  • +
  • 30キロ過ぎで一番速く走るマラソン  サブ4・サブ3を達成する練習法 (角川SSC新書)
  • +
  • 金哲彦のマラソン練習法がわかる本 (じっぴコンパクト文庫)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 74pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazonランキング大賞 2016上半期】入賞発表!
和書総合は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』 が堂々の1位。 和書総合ランキングへ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

市民マラソン大会に出ると、30km過ぎから歩いてしまったり、あるいはスピードがガクンと落ちてしまう人がとても多い。みなさん、「毎日5km走っていた」など練習熱心な人が少なくないのだが、ではなぜ走れなくなってしまうのか?その理由は、毎日走っているだけではマラソンの練習になっていないから―。本書では、このマラソン用の練習を説いていく。初めて走ろうと考えている人から、将来フルマラソンを走ってみたいと思っているジョガー、そして3時間台での完走を目標にしているランナーにまで、段階別に伝授。金メダリストたちの練習内容も初公開する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小出/義雄
有森裕子、高橋尚子ら五輪メダリストを育てたマラソン指導の第一人者。現在も実業団女子陸上競技部2チームを指導しているほか、市民ランナーの育成にも努めている。1939年4月、千葉県佐倉市生まれ。順天堂大学で箱根駅伝を3回走り、卒業後は千葉県立高校の陸上部を指導。1986年には市立船橋高校を全国高校駅伝優勝に導く。88年教職を辞し、リクルート監督へ。97年積水化学監督。2001年佐倉アスリート倶楽部設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 175ページ
  • 出版社: 角川SSコミュニケーションズ (2009/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047315060
  • ISBN-13: 978-4047315068
  • 発売日: 2009/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 119件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,080位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
良書です。購入前はタイトルから「初心者向けか?」と躊躇しましたが、内容は中級者以上の方が実践して役立つ1冊です。僕はタイムはここ数年現状維持で、練習もマンネリ、仕事もあるので練習の日数も毎年変わらず、そしてスピード練習は苦手でした。しかし、この本ではインターバルで心臓や脚に強い負担を与えてやる、しかも週に1回でも、5分jog、5分全力でも効果はあるという一文で物凄く気持ちが楽になり、インターバルを取り入れられました。同時に週で長く走る日、インターバルの日、jogの日等、前もって予定を立てられるようにもなりました。LSDとインターバルをやり、実際先月のフルでは自己2番目のタイムを出し、今年中にベストの期待も持てました。フルをある程度の回数を完走したら、ゆっくり長く走っていてもタイムは伸びない、、、という事は身をもって感じていました。スピード練習の必要性はわかってはいましたが、この本が僕の背中を押してくれました。まだインターバルは週1回のみですが、心も身体も大きくなっている実感があります。名匠の言葉は僕の魂に響きました。浅井さん、金さん、弘山勉さん、そしてこの1冊の合計4冊は、社会人ランナーの教科書と言っても過言ではありません。仕事も頑張りながら、ランナーとしても毎日頑張る仲間の皆さんへ自信を持ってお勧めできる1冊です。
コメント 181人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
初級・中級クラスの市民ランナーが10キロ、ハーフ、フルマラソンを完走するための練習法や心構えを、愛情あふれる小出節(というのか?)で紹介する。毎日同じ距離を同じペースでだらだら走っていても走力は上がらず、適度に負荷を掛ける(全力走を織り交ぜる)のが良いということと、頑張りすぎないこと、そして練習量は決して裏切らないこと―など市民ランナーへのエールが満載。シューズ選びやレース直前の調整練習のやり方も参考になる。巻末には腹筋や背筋など補強練習のイラスト例示もあり、日々の練習の心強い味方になりそう。
コメント 90人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
本書の真髄は『はじめに』のP.3に以下のように書いてあります。

「トレーニングに負荷をかける」と。
それがなぜなのかが後の180頁ほどで説明されています。

毎日5km、または毎日1時間走っている人でもフルマラソン出場時
30km付近で立ち止まり、あるいは座り込んでしまうそうです。
それはトレーニングに負荷が伴っておらず、脚が作られていないからだと小出監督は言います。

逆にトレーニングに追い込みの要素を取り入ると、週3日の練習でも脚が作られて
フルマラソンでサブフォー、サブスリーを記録できるようになるそうで、
小出監督と関わった一般の方の実例も記されています。

私は趣味でスポーツをしていますが、本書を読んだ後、
スポーツ時に自分が自分を追い込むということを本能的に避けていることを痛感しました。
大人になると自分を追い立ててくれるコーチや監督のような人はいなくなります。
私はもちろん、周りの人を見渡しても息を弾ませていません。
無意識のうちに自分でブレーキを踏んでいることに気づきました。

そのかわり、本書を読み毎回の練習は息が上がり苦しいところまで自分を追い込むように
したところ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tako-cyan VINE メンバー 投稿日 2014/9/30
形式: 新書 Amazonで購入
練習方法などに関しては、他の方がレビューをたくさん書いているので控えますが、
「脚を作る」という小出監督の表現が好きです。人間の脚を、完全に制御することは
難しいのでしょうけど、努力を脚に積み上げていくようなニュアンスがあるからです。

それはともかく、この小出監督は本当に勝負師ですね。
高橋尚子選手の金メダルは、監督の勝負勘がなければ、実現しなかったと思いました。
コースを読み、ライバルを読み、レース前の脚作りから、決勝当日の走り方までしっかりと
策を練っていたようです。本書を読んで驚きました。

小出監督は高橋尚子選手の実力は、五輪での最大のライバルであった
英国の「ポーラ・ラドクリフ」と五分五分かそれ以下で、
そうは言ってもレースの組み立て方次第では、勝機ありと踏んでいたように読み取れます。
前半で飛ばして差を付けたうえで、逃げ切り型のレースを想定し、脚作りを高橋尚子選手に指示したそうです。

ただ、高橋尚子選手が前半に飛ばして差をつけたとしても、
小出監督は、ラドクリフがレース終盤に高橋尚子選手に迫るだろう。
そしてなんとか逃げ切れるはず・・と考えていたようです。実際レースはその通りに運びました。
(でも、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック