この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 432 (25%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版価格
¥ 1,728
単行本

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 432 (25%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マラソンと日本人 (朝日選書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。カバーに薄汚れ、カバー上部に薄いスレがあります。ほかは、若干の日焼けや使用感はありますが、中古品として概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております(書き込み・マーカーの無い状態)が、中古品の為若干の使用感や傷みがある場合がございます。万が一品質に不備があった場合には返金対応。付録品、付属品につきましては明記のないものは原則として付属いたしません。保管中のヤケを防ぐためOPP包装して保管しておりますので商品の事前のお問い合わせについてはお答えしておりません。消毒後に防水シートまたは保護シートに包んだ後、梱包して発送いたします。この商品は(神代本舗発送代行)により年中無休で毎日発送されます。神代本舗が発送する商品は地域の障害者活動支援センターで1点ずつ丁寧に梱包して発送いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
5点すべてのイメージを見る

マラソンと日本人 (朝日選書) 単行本 – 2014/8/8

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 310

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マラソンと日本人 (朝日選書)
  • +
  • 瀬古利彦のすべてのランナーに伝えたいこと (中経の文庫)
  • +
  • 常識破りの川内優輝マラソンメソッド (SB新書)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

開国後の日本は外国人からさまざまなスポーツを学び、
それらは全国津々浦々に普及した。
なかでも「走る」ことで国際的舞台への参加・活躍を夢見た近代日本は、
やがて世界に例のないかたちの「マラソン大国」となってゆく。
参加者1万人超の規模のフルマラソン大会が多数あるのは日本だけ。
マラソンをテレビ中継するのも、メディアの利権が絡むのも特異だ。
日本初参加のストックホルム・オリンピックで走った金栗四三、
東京オリンピックの銅メダルののち自死した円谷幸吉、
その後の瀬古利彦、中山竹通など、
日本のマラソンを世界に導いたランナーたちは何を想って走ったのか。
いま、日本のマラソンは低迷し、世界のトップ集団から置いていかれる一方で、
国内はマラソンブームに沸き、多くの市民ランナーたちが走っている。
日本人にとってマラソンとは何か。
本書は近代マラソンの歩みを振り返り、時代性、我が国の国際性、スポーツ観を考察する。
【目次】
プロローグ
第1章 走り出した日本人
第2章 金栗四三――学生の大志と箱根駅伝
第3章 孫基禎――「内鮮一体」の表裏
第4章 〈ボストンマラソン〉と戦後復興
第5章 円谷幸吉と東京オリンピック
第6章 祭りのあとの空白――ポスト君原健二
第7章 瀬古利彦の栄光と挫折
第8章 中山竹通のたった独りの反乱
第9章 女子マラソンと夏のメダル
第10章 ケニア参入と日本の内向化
第11章 川内優輝――鈍足のエリートと〈東京マラソン〉
エピローグ
人名索引・事項索引

内容(「BOOK」データベースより)

開国後の日本は外国人からさまざまなスポーツを学び、それらは全国津々浦々に普及した。なかでも「走る」ことで国際的舞台への参加・活躍を夢見た近代日本は、やがて世界に例のないかたちの「マラソン大国」となってゆく。参加者1万人超の規模のフルマラソン大会が毎週ある国は珍しい。マラソンをテレビ中継するのも、メディアの利権が絡むのも特異だ。日本初参加の五輪、ストックホルム大会で走った金栗四三、東京五輪の銅メダルののち自死した円谷幸吉、その後の瀬古利彦、中山竹通など、日本のマラソンを世界に導いたランナーたちは何を想って走ったのか。いま、日本のマラソンは低迷し、世界のトップ集団から置いていかれる一方で、国内では多くの市民ランナーたちが走っている。日本人にとってマラソンとは何か。近代マラソンの歩みを振り返り、我が国の国際性、スポーツ観の変遷をたどる。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 344ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2014/8/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 402263023X
  • ISBN-13: 978-4022630230
  • 発売日: 2014/8/8
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 454,174位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

殿堂入りNo1レビュアーベスト50レビュアーVINEメンバー2014年10月12日
形式: 単行本
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
2014年9月24日
形式: 単行本|Amazonで購入
0コメント| 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告