通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ママと子どもとお金の話 (Sanctuary bo... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少の擦れ、側面に若干の色あせ感が見られます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

ママと子どもとお金の話 (Sanctuary books) 単行本 – 2012/10/27

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,242
¥ 1,242 ¥ 231

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ママと子どもとお金の話 (Sanctuary books)
  • +
  • 誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)
  • +
  • 図解知らないとヤバイお金の話
総額: ¥3,674
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

【担当編集者からのコメント】
「誰も教えてくれないお金の話」から1年。
著者のうだひろえさんが念願だった第1子を出産されたことを契機に、
子育てについて取材を重ね制作をした一冊。

子育てで一番の悩みはやっぱりお金。教育資金をどうするのか?
という問題は、全家庭に共通する話題ですよね。
現役子育て世代から子育てをすでに終えられた方々にも取材をして、
年収400万円でも後悔しない子育てを実現するために必要なことを掲載しました。

他の子育て本にはない視点から、子どもの教育について語っているので、
子育てに悩んでいる方にもお薦めしたい一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

あんなに夢描いていた「子ども」のいる生活。出産後、幸せな気持ちとうらはらに焦りばかりがつのる毎日…妊娠出産の実体験をベースに子育てとお金に振り回される日々を主婦うだひろえが赤裸々に描きます!ママと子どもとお金の話のはじまりです。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 200ページ
  • 出版社: サンクチュアリ出版 (2012/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4861139740
  • ISBN-13: 978-4861139741
  • 発売日: 2012/10/27
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
やはり子育てに伴って、とても気になる事の一つとして家計のことがあります。
生涯養育費が2000万などという話が飛び交ったりと、およそ浮世離れした話が
営利企業のマーケティングなどから吹聴されていますが、まずは一回家計とのバランスを見て
着実な育児家計プランを考えてみましょう。闇雲に育児保険に入るなどは格好の保険会社のカモになってしまいます。

そんなに焦ることはありません。使える公的援助、そして身の丈にあった家計プランを先んじて立ててみましょう。
何とかなるものです。

育児についてはもっともっと悩まなくてはならないことが多いので、
お金のことであらぬ不安から夫婦がギスギスしたりなどは避けたいものです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
マンガになっているので、難しい貯蓄の話は苦手だなぁ〜という人にもお勧めの本です。
さらに、子供を育てるために知っておきたい手当金等の事も詳しく、しかもストーリーがあるので順番通りに頭に入ります。
子供の教育方針の話や、子供に教えたいお金の使い方・貯め方。
どれをとっても◯です。
贅沢を言えば、養育医療給付金(一定基準の未熟児が生まれた場合の給付金)や不妊治療に対するものなどについても、書いて欲しかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は不妊治療して子どもを授かったのですが、医療費控除を受けられるということを知りませんでした。ちょうど時期だったので、知った翌日に確定申告に行きました。所得税が結構な金額戻ってきました。
誰も教えてくれないし、読んで良かったです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
結婚時には前作を参考にさせて頂き、妊娠から出産・育児で続編にお世話になる事に。
育児にかかるお金について学べます。基本的に出てくる人達はみんな「ワーキングママ(予備軍)」なので、専業主婦の方が読むよりも、ワーママ希望者が読んだ方が参考になる事が多いかも。

結婚時に、今まで続けていた財形に加え「ゆとりに向けた貯金」を細々と始めた私ですが、出産〜育児にあたって、更には「教育資金」を貯める必要があるという事をようやく自覚>< 
なんとなく頭にあっても、具体的に「いつまでにいくら必要」と見せられないと、なかなか意識する事は難しいな〜と…。

教育資金用の貯金または保険(学資)を始めるのは、早い方が負担が軽いのは当然の事ながら、あまり意識できていませんでしたし^^;
旦那も自発的に読み、自覚が促されているようなので、買っておいて良かったです^^

とはいえ、その他の書籍も読み進めるうちに、貯金さえしっかりしていれば、学資保険など必要ないという意見になった私。
もちろん、病気や死亡の際の補償は考えていかなくてはいけませんが、あくまでも生命保険や健康保険にしっかり入っていると、学資保険まで果たして本当に必要なのかは、疑問に感じています(現状そんなに変房率が高いわけでもありませんし)。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rsthety 殿堂入りレビュアー 投稿日 2012/11/28
形式: 単行本
このシリーズの1作目の「誰も教えてくれないお金の話」が
良かったので、こちらも買ってみました。
出産関係のことから、子どもの学費のことまで、幅広く
書かれていて、特に子どもの教育についての考え方などは
とても参考になりました。

妊娠中の方や子どもがいる方だけでなく、子どもが欲しいけど
お金のことが不安で・・・という人にも合うかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
可愛いタッチのマンガなので、読みやすいです。
ただ、これに限らず教育費に関する書籍で、目からうろこの新情報を得たことが今までありません。
今はネット上でいろんな情報を得られます。
たとえば「低解約払戻型保険」については、知恵袋で「学資保険・利率」なんてワードを入れればいくらでも
専門的な情報を簡単に得られる時代です。
あとは年収調整のことも、時系列分析をして120万ならいくら税金(所得税・地方税)がかかる、150万ならいくら、とか並べて一目瞭然にすればもっと参考になったんじゃないでしょうか。(簡単な図はありますが)
あとは、働き方の問題ですが、第一に「保育園にはそうそう入れない」(特に都市部)が多いことをもっと強調されておいた方が誤解がないのかなと思いました。
それには、まず仕事を辞めないこと。(この本を読んでいる人には手遅れ気味かもしれないけど、産休育児休業の手当は年々厚くなっています!)私は辞めざるを得なかったのでその後いろんなことで苦労しました。
社会復帰するにも保育園に入るのは育児休業復帰組が優先のため働くことができないんです。
そういう現状をもっと強調してもらえたらなあと思いました。
ただ、他のこの類の本と比べると内容が濃い良書だと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告