+ ¥300 配送料
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、おもちゃ鑑定団 が販売、発送します。
通常配送無料 詳細
中古商品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古商品: ほぼ新品
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ママっ子男子とバブルママ 新しい親子関係が経済の起爆剤となる (PHP新書) (日本語) 新書 – 2016/5/13

5つ星のうち3.2 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥2,220
¥2,220 ¥1
お届け日: 1月27日 - 29日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

これまで日本では、母親と仲のよい男子は、「マザコン!」と糾弾される対象だった。しかし、それが近年、大きく変化している。等身大の目線でつきあえる友だちのような、上下関係の少ないフラットな母息子関係が当たり前のものになってきているのである。当の本人たちはその関係を「恥ずかしい」と思うどころか、大いにエンジョイし、同世代の女子たちも、そんな構図を好ましく思っている。そして、この「母息子」セットの消費が、低迷が続く日本経済の大きな起爆剤になる可能性さえ秘めているのだ―。「新たな親子関係」の魅力と可能性に迫る。

著者について

マーケティングアナリスト/博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。一九七七年、東京生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、(株)博報堂入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、現職。二〇〇三年、JAAA広告賞・新人部門賞を受賞。日本テレビ「ZIP! 」、TBS「情報7days ニュースキャスター」などテレビ出演も多数。著書に『パリピ経済』(新潮社)、『女子力男子』(宝島社)、『さとり世代』(KADOKAWA)など多数。

登録情報

  • 出版社 : PHP研究所 (2016/5/13)
  • 発売日 : 2016/5/13
  • 言語 : 日本語
  • 新書 : 238ページ
  • ISBN-10 : 4569830544
  • ISBN-13 : 978-4569830544
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.2 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.2
星5つ中の3.2
5 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
57%
星3つ
22%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
21%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年12月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
VINEメンバー
2016年8月8日に日本でレビュー済み
2016年7月10日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2016年8月9日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年8月10日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告