中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マネー・ボール (RHブックス・プラス) 文庫 – 2006/3/2

5つ星のうち 4.4 128件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 27,496 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

メジャーリーグの球団アスレチックスの年俸トータルはヤンキースの3分の1でしかないのに、成績はほぼ同等。この不思議な現象はゼネラルマネージャーのビリー・ビーンの革命的な考え方のせいだ。その魅力的な考え方はなんにでも応用できる。
マイケル・ルイスはこの本で、その考え方を、切れ味のいい文体で、伝記を書くように書いた。ここには選手たちがたどる数々の人生の感動と、人が生きていくための勇気が溢れている。

内容(「BOOK」データベースより)

メジャーリーグの球団アスレチックスの年俸トータルはヤンキースの3分の1でしかないのに、成績はほぼ同等。この不思議な現象はゼネラルマネージャーのビリー=ビーンの革命的な考え方のせいだ。その魅力的な考え方はなんにでも応用できる。マイケル・ルイスはこの本で、その考え方を、切れ味のいい文体で、伝記を書くように書いた。ここには選手たちがたどる数々の人生の感動と、人が生きていくための勇気が溢れている。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 464ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン (2006/3/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270100281
  • ISBN-13: 978-4270100288
  • 発売日: 2006/3/2
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 128件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 165,595位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
野手に必要なのは長打率と出塁率。四球とヒットは同価値である。シングルヒットは投手の責任ではないetc。そういった理論で他球団が見向きもしない選手を安く仕入れて、優勝を争うチームに仕上げる。そして、活躍した選手を高く売り、その資金で選手を仕入れ再び優勝を争うチームに仕上げる。貧乏球団アスレチックスのGMビリー・ビーンの哲学である。そんな彼が率いるアスレチックスの費用対効果は素晴らしい。

この作品に書いてあるのだが、野球選手の本当の実力を、誰もが知っている打率や打点だけでは評価しない、という試みは野球関係者以外の間では以前からあったそうである。最も野球関係者は相手にしなかったのだが…。

ビリー・ビーンの凄いところは、その方法を採用すると決めた決断もしただけではなく、それを徹底した点である。そこに現れている数値を冷静に判断する彼の行動が、かなり感情的で強引なのがおかしいが、結局のところ彼のこのキャラクターがなければアスレチックスの躍進はなかったであろう。それは、彼の片腕であり、後にドジャースのGMに転身したポール・デポデスタが2年で解雇された姿を見れば明らかだと思う。知性と野性を兼ね備えた男ビリー・ビーン。毀誉褒貶はあるに違いないが凄い男である。

ただ、すべてがアスレチックスのようなチームになった野球が面白いかと言えば、答
...続きを読む ›
4 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~これだけ面白い本は滅多にないと思う。前半は知的好奇心をくすぐり、後半は人間ドラマで泣かせる。心憎いまでの構成だ。
主人公は、大リーグの強豪オークランド・アスレチックスのGM、ビリー・ビーン。
若いころスポーツ万能で、「将来のスーパースターまちがいなし」といわれ大リーグ入りするが、選手としては鳴かず飛ばず。
~~
――なぜ自分はダメだったのか? 苦い思いを胸に秘めながらフロントの仕事をこなすうちに、長い間球界の人々に無視されていた画期的な野球理論に出会う。ここまでが前半。
~~
この野球理論というのは、出塁率重視を軸とする徹底的なデータ野球で、バント禁止・盗塁禁止など、ちょっと聞いただけだと常識はずれな点が多いけれど、実はきちんとした裏付けがあってたいへん奥深い。
~~
この理論を引っさげ、ビリーがGMとして大活躍するのが後半だ。「データ重視」「客観性重視」と唱えながらも、実際には人間相手の商売だから理論通りいかないことも多々あって、ビリーは持ち前の情熱やアイデアや巧みな話術を駆使し、チームを鍛え上げていく。
~~
その中で様々な人間ドラマが生まれ、今まで陽の当たらなかった選手たちがビリーに見いだされて、ひのき舞台に立つ――。
恥ずかしながら、後半で思わず2度泣いた。今、この本について誰かと語り合いたくてたまらない。まさにおすすめ。~
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本書が示した物語の中で最も印象深かったのは、「1990年代〜2000年代という現代の、しかもメジャーリーグという世界中の才能が集う競争の最先端にあるような世界ですら、信じられないような不合理性が存在している」という事実である。本書の副題である「The Art of Winning An Unfair Game」とは、球団運営の予算に圧倒的な差があるという不公平(unfair)なゲームでも、科学的な姿勢で他球団の不合理を突くことで勝利を呼びこむことができるという素晴らしい教訓を意味している。

そして、これは必ずしもメジャーリーグに限った話ではなく、世界中のどこででも起きうる革命の物語である。

本書の前半ではメジャーリーグに存在する不合理性とは何なのか、アスレチックスのゼネラル・マネージャーのビリー・ビーンがその世界にどのような考えを持ち込んだのかを論理的に解説している。彼の考えとは端的に言うと野球の世界に科学を持ち込むことであり、これは現代ではセイバーメトリクス(SABRmetrics)と呼ばれている。「SABR」とは野球を科学的に分析する愛好家の集まりである「アメリカ野球学会(Society for American Baseball Research)」の略称であり、「metrics」は「測定基準」、つまり統計学的アプローチを持つという
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 flexer VINE メンバー 投稿日 2004/5/3
形式: 単行本 Amazonで購入
プロ野球チームの編成に本格的なビジネスインテリジェンスを持ち込んだオークランド・アスレティックスの熱血ゼネラルマネージャーの物語である。
限られた資金で最も強いチームをつくるには何が必要か?スカウトの知見や派手な公式記録ではなく、統計的データに裏付けられた情報である。統計的データを活用した情報にもとづけば、勝利に貢献する選手が世に知られた一流選手とは限らない。ドラフトをにぎわす金の卵もしかりである。
大胆な発想と緻密な数理解析に彩られた貧乏球団のサクセスストーリーは読んで楽しく、(MLBを)見て楽しい。
日本人の野球ファンとしてはアスレティックスがアッと驚く日本人選手の獲得を実現し、この物語のつづきをもっと面白く演出して欲しいと願う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー