Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 918

¥ 97の割引 (10%)

ポイント : 9pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[マイケル ルイス, 中山 宥]のマネー・ボール〔完全版〕
Kindle App Ad

マネー・ボール〔完全版〕 Kindle版

5つ星のうち 4.5 39件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 918
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,015 ¥ 171

商品の説明

内容紹介

1990年代末、オークランド・アスレチックスは資金不足から戦力が低下し、成績も沈滞していた。新任ゼネラルマネジャーのビリー・ビーンは、かつて将来を嘱望されながら夢破れてグラウンドを去った元選手。彼は統計データを用いた野球界の常識を覆す手法で球団改革を実行。チームを強豪へと変えていく――

内容(「BOOK」データベースより)

1990年代末、オークランド・アスレチックスは資金不足から戦力が低下し、成績も沈滞していた。新任ゼネラルマネジャーのビリー・ビーンは、かつて将来を嘱望されながら夢破れてグラウンドを去った元選手だ。彼は統計データを駆使した野球界の常識を覆す手法で球団を改革。チームを強豪へと変える―“奇跡”の勝利が感動を呼ぶ!ブラッド・ピット主演で映画化された傑作ノンフィクション、待望の全訳版。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 521 KB
  • 紙の本の長さ: 265 ページ
  • 出版社: 早川書房 (2013/4/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CPW2Z9U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 39件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,270位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ずっと気になっていて、映画を見て、たまらなくなり、完全版が電子化されたので即購入した。
これはデータ野球礼賛の本ではない。もちろん、従来の野球を否定するものでもない。
データの見方を変えた人々が、旧来の体質と戦う物語だ。ビッグデータなどというバズワードが世を席巻する現在、データを扱うというのはどういうことかという本質を教えてくれる。
野球ファンはもちろんだが、野球を知らない人にとっても必読の“ビジネス本"と言えるだろう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 映画を観た。面白かったので原作を読む機会を得た。

 実在するビリービーンはお金にまかせて選手を集める球団には極めて批判的である。但し、その
理由とは「お金で選手を引っ張ってくるのではなく自前で育てるべきだ」というような根性論
から全くかけ離れている。彼が考えているのは

 ・選手の評価の仕方に関して従来の球界の判断は間違っている。

 ・その結果、評価できる選手は、正しい評価を受けておらず、従い、安く手に入る。

 ・その結果。球団経営も収益面で改善できる。

という非常にドライで冷徹な内容である。

 実際ビリーは選手の育成には興味がないように見える。もっと言うと彼の考える「育成」
とは、高く売却するための「研修」みたいなものだ。ファンドが経営不振の会社を買って
リストラを行うことで収益性を上げ、売却するような姿にほぼ重なる。従いビリーを安易に
ヒーロー扱いすることはいささか間違っているし、ある意味でビリーに対して失礼かも
しれない。

 それにしても まず面白いのは「選手の評価の仕方」部分だ。この点に関してはビリーの
独創性があるわけでもなんでもない。新しい評価システ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はっしー VINE メンバー 投稿日 2013/6/10
形式: 文庫 Amazonで購入
「業界の常識ほど、当てにならないものはない」ということを、数字やデータで示してくれる優れたドキュメンタリー教材であると同時に、とても優れたビジネス書です。

見ていて楽しい選手と、勝利に貢献する選手は、違うということ、
スカウトやファンは、前者を過大評価してしまうこと、
日本よりも合理的と思われるアメリカでも、まだデータよりも経験や勘が優先されていること、
など、とても興味深くて短期間で読み終えました。

先に映画を見てから読みましたが、こちらの方が更に詳しい内容が含まれているので、読み応えがあります。
まだ映画を見ていない人は、先に映画を見た方が、取っ付きやすいかも知れません。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
映画を観てから本書を読んだが、原作の方がより面白かった。実話を元に書いているのもあるが、野球という不確実性のあるものを、数字で分析する。今では当たり前のことだが、最初にやったことに意義があると思う。"Be daring, be first, be different "という言葉を思い出した。最初に道を切り拓く人は苦労も多いが、英雄だ。野球好きはもちろん、ビジネスマンが読むとヒントがあると思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
知っている人は知っている、マネーボールである。
Kindle化されていたので、遅まきながら読んでみた。

金欠球団 オークランド・アスレチックスが
本書の主人公、ビリー・ビーンがセイバーメトリクスを導入し
他の球団が見向きもしない「お買い得」な選手を発掘して金持ち球団に一泡吹かせる物語、と
何となく知ってていたが、そんな内容なのだろうと思ってずっと未読だった。

Kindle化されていたので読んでみたら、一直線に単純な成功物語ではなかった。
さすがマイケル・ルイスである。

主人公、ビリー・ビーンは線種としてだれもが認める、
「大リーグのオールスター」級の抜群の才能を持ちながら、
メンタル面の弱さがたたり、ついに大成することはなく、
トレードトレードの末にたどり着いたアスレチックスで球団職員としての一歩を踏み出す。
当時のGM、アンダーソンは野球経験の無い弁護士出身という珍しい経歴の持ち主で、
旧来の常識にとらわれない新風を吹き込もうとし、
セイバーメトリクス的な考え方も彼が目を付けた。

では、セイバーメトリクスはアンダーソンが考えたのかというとそうではなく、
ビル・ジェイムスという
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover