Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 458の割引 (59%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[橘玲]のマネーロンダリング (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

マネーロンダリング (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.2 122件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 141
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782 ¥ 5

商品の説明

商品説明

   アジアでも屈指のオフショア金融センターである香港と日本を舞台に繰り広げられる国際金融情報小説。この小説の特徴は、通常の金融サスペンスと比較してその状況設定、描写がリアルな点にある。著者の橘玲は、「ゴミ投資家」シリーズで知られる「海外投資を楽しむ会」創設メンバーの1人であり、自ら相当の金融現場を経験していると思われる。

   小説の主人公である工藤秋生は、34歳で香港在住のFA(ファイナンシャル・アドバイザー)。都市銀行、ニューヨークの投資銀行、ヘッジファンド運用会社を経て、現在は香港で日本人を相手にオフショア関連のアドバイザーをやっている。その工藤のもとに日本から若林麗子と名乗るゴージャスな美人が現れる。日本での複雑な事情も知らぬまま、工藤はその美人に香港でオフショア会社、オフショア銀行、私書箱サービスを利用したスキームを提案。

   しかし、その数か月後、日本から黒木という男が工藤のもとにやってきたとき、工藤は自分がとんでもない深みにはまっていくことを知る。麗子は黒木が関係する50億円を日本から送金し、そのまま行方をくらましているという。黒木はオフショア事情に精通している工藤に助けを求めたのだった。

   その後、工藤は日本に飛び、話の全容を知ることになる。50億円のありかを求めて再び香港に戻り、さらに日本に戻る工藤。話はいよいよ複雑に絡んだ結末へと向かう。美人麗子の運命は? 麗子が絡んだ50億円の行方はいかに?

   本書の内容はあくまでフィクションであるが、端々に出てくる情景や設定、金融実務の話はリアルな現実である。香港での金融実務の現実を知ることができる、貴重な内容といえるだろう。(木村昭二)

内容紹介

香港在住で、もぐりのコンサルタント・工藤をある日、美しい女・麗子が訪ねる。「五億円を日本から海外に送金し、損金として処理してほしい」彼女の要求は、脱税の指南だった。四ヶ月後、麗子は消えた。五億ではなく五十億の金とともに。すぐに工藤は東京へ。麗子と五十億の金はどこへ? マネーを知り尽くした著者による驚天動地の金融情報小説!
・姉妹作品である『永遠の旅行者』(上)(下)『タックスヘイヴン Tax Haven』もあわせてお読みください。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 656 KB
  • 紙の本の長さ: 556 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2003/4/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ANJB3OU
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,477位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
仕事柄為替、金融等には若干の知識がありましたがこの小説をすらすらと理解しながら読むことはできず、何度か途中読み直しながら頭で整理しながら読んでいったというのが正直なところです。しかしこれだけの金融、特にオフショア知識に加え、あの香港の表はきらびやかで美しくビルが林立景色と、その裏通りのゴミゴミした雑居ビルとその中にある特殊なコネ社会にからめて、全てをリアルに書き進める作者の能力には驚きです。主人公があまりにカッコ良すぎるというか、絶対自分とダブらせられないところが唯一悔しい所でしたが、久々に読み応えのあった一冊でした。
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
一言で言えば経済小説と推理小説を掛け合せた本です。それもアンダーグラウンド的な金融がテーマであるため普通の金融の本では学べない知識を得ることが出来非常に面白いです。内容は展開が速く、それもダイナミックでグローバルな舞台上で展開されるためいつの間にか夢中で読んでいる自分に気付きます。最近購読した小説の中でもダントツに面白かったです。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
知識として知っているだけでなく、それを実生活で活用するということが大事なのだと思いました。金融の商品や法律を知識として知っていることは勿論なのでしょうが、それを使って、自分の生活、この場合なら、資産運用に活かせなければ意味がないことが分かりました。その意味で、とても参考になる内容でありました。ただし、ある程度のまとまった資金がないとできないのではないかという方法なのでしたが。

最も心に残ったのは、「資産運用に成功する方法は何か?」という問いの「資産運用しないことと、税金を払わないこと」という答えでした。となると、やはり「海外投資を楽しむ」ということなのでしょうか。

勉強しようという気持ちだったのですが、小説として楽しめました。面白かったです。止められなくて夜更かししてしまいました。

題名『マネーロンダリング』には、深い意味が込められているのではないかと思いました。

汚れた資金を、綺麗な資金であるかのように見せる、という意味において、誰もが振り返るほどの美しく整った容姿をもつ「彼女」の心の中に隠されている暗い過去を読みとらせていく構成は、深いなあ、と思います。彼女が金を追い求める訳も納得がいくのではないでしょうか。あたかもお金の力によって美しさ、幸せを求めようとする姿に哀しみを感じました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ゴミ投資家シリーズ時代の、
「お上は絶対正しい」的な日本人の考え方を根本から覆す
「海外投資を楽しむ会」の大ファンです。
海外投資を楽しむ会スタッフが書いた本で、
久しぶりの発刊となった今回の本は小説ということだったので、
「今度はなにをやってくれるんだろう」と期待して、
GWの旅のお供に連れていきました。
これから読む方のために詳しくは書きませんが、
これまで私がバイブルとしてきたゴミ投資家シリーズともっとも違うところは、
このシリーズを作るうえで得たのであろう、
合法/非合法のすれすれ(あるいは非合法でも理論上可能なもの)の資産運用方法が、
「小説」という虚構の世界で見事に描かれている点
(恐らく、こんなにヤバそうなことは、「事実」を述べて!!きたこれまでのシリーズでは書けなかったのでしょう)。
主人公のファイナンシャルアドバイザーと香港人たちとの人間模様、
謎に包まれた美女など、グイグイ引きこまれて結局手放すことができず、
一晩で読みきってしまいました。
やっぱり「やってくれた」という感じです。
小説として楽しむもよし、「こんな方法もあるんだ」という金融指南本としても秀逸です。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 「永遠の旅行者」を読んで面白かったので、こっちも読んでみました。こっちの方が小説としてはワンランク上です。ミステリーとして上級の部類に入ります。この小説に出てくる若林麗子は、東野圭吾の「白夜行」や「幻夜」の女主人公に通じるものがあり、深く重い過去を背負っています。橘玲さんのことは、お金持ちになる方法、投資の方法などハウツーものというイメージがあったんですが、この小説を書いているのも、この橘玲さんなんですよね。別人かと思いました。香港を舞台に、日本からの不正送金、詐欺、マネーロンダリング、愛と欲望が絡み合って、いい味が出ています。一気に読めました。著者は投資の専門家なんでしょうか?小説家として、食べていけると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover