この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編 (超知ライブラリー 53) 単行本 – 2010/4/29

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,679
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人類にいかに毒を食べさせるか、あるいは飢えさせるか―その全決定権がすでにロックフェラーの手にあることを告げる衝撃の書。


登録情報

  • 単行本: 551ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2010/4/29)
  • ISBN-10: 4198629404
  • ISBN-13: 978-4198629403
  • 発売日: 2010/4/29
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 371,075位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 他のレビュアーの方が言われている様に、アメリカのエスタブリッシュメント達の「抜きがたい思惑」として「優生学」(この地上には、優秀な人種のみが生存を許され、劣等な人間や人種は生存の権利を認められるべきではない・・・という歪んだ思想)の考え方は、1930年代からロックフェラーやカーネギー・・・といった財界の有力者達を中心に冷厳として浸透していた様である。
何せ、あのヒトラーでさえ、そんな彼らの「優生学」に影響を受けて「ユダヤ人抹殺計画」を実行するに至った。・・・という位だから、本家本元の「人種差別主義者達」は一体誰か?・・・と考えてみれば、答えはすぐに出るだろう。(ちなみに、そのナチスを財政的、資源・技術的に影で支援していたのは、ロックフェラーやフォードといったアメリカの財界人達であった事を見逃してはならない。)
 ・・・・・そうである。アメリカは「正義と自由を愛する民主国家であるか?」・・・・・この問いに答える事も、容易だろう。
答えは勿論、「No!」である。・・・・・
無論、アメリカ国民の全ての人間達が一部の「パワーエリート」(気取りの輩)の如く、「冷酷」「無慈悲」「偏狭」「偽善」の悪しき感情に支配されている訳ではないだろう。
大多数の一般米国人達もまた、彼ら「偏狭者達」の毒牙に掛けられた「気の毒な犠牲者達」である。特に家族単位で
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ロックフェラーによる世界支配計画のうちの、食糧支配にからむ部分に特化したのが本書である。

これはすごい本だ。550ページというボリュームが示すように圧倒的な情報量と高い分析力で彼らの計画を見事に筋の通ったストーリーとして詳細まで浮かび上がらせている。この手の本の中では取り上げているテーマも違うし内容も非常に濃いので、ぜひとも読まれることをお勧めする。

ナチスのユダヤ人虐殺の思想上の背景となったことで悪名高き優生学と、その後の遺伝子工学に莫大な資金援助をすることで推進したのが、あのロックフェラー財団であることはあまり知られていないだろう。
「人類のために」という言い訳は遺伝子工学には通用するかもしれないが、ロックフェラー財団が優生学の延長線上で遺伝子工学を推し進めていたとすれば、その意図が透けて見えてくる。

彼らが遺伝子工学で成し遂げようとしていること、それは遺伝子組み換え作物による食糧支配と、病原菌の創出と有害物質入りワクチン接種を活用しての世界人口削減である。その過程で世界の食料を支配するアメリカの巨大アグリビジネス企業や製薬会社が世界中から暴利を貪るのは言うまでもない。

また、どのようにしてあの危険な遺伝子組み換え作物が世界に拡散したのか、なぜ新型インフルエンザの大流行が近いことが
...続きを読む ›
コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分自身を守る為ぜひ皆様にご一読頂きたいです。
新型インフルエンザに関する法律が閣議決定しそうです。
国民一人一人の人生よりそんなに企業の利益の方が大切ですか?
そんなにお金が大事ですか?
年間自殺者3万人を出しておきながら責任も感じないのですか?
そこまで国民を縛り、監視し、お金を巻き上げ、精神不安定にし、
何が楽しいのですが?
皆さん早く気がつきましょうよ!
たった一度の人生ですよ! 自分の人生を取り戻すためにご一読をおすすめ致します。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、今の時代を読み解くのに必読の本に思える。かなりの良書です。

しかし、タイトルのセンスなさすぎ。これじゃ、「陰謀論もの」というキワモノ扱いで終わってしまう。
原題がそうなのかと思ったら、原題は「Seeds of destruction」。原題をそのまま翻訳して発売したほうがよかったんじゃないでしょうか。
日本の編集者のセンスのなさで、せっかくの良書がキワモノ扱いで埋もれてしまいそう。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告