中古品:
¥ 3,598
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【国内正規品】レンタル中古品でしたが、 新品のケースに交換して発送します。 内容は、新品ケース1枚、DVD1枚です。 【ディスクについて】 再生に問題はありません。 ※レンタル中古品の為、多少の傷みや、写真には写っていない場合でも ディスクとジャケットに管理シールを貼っている場合がございます。 【発送について】 AMAZON配送センター管理の為 品切れがなく、防水包装などをしてすぐに発送します! (注文完了後、通常24時間以内) コンビニ受け取りも対応しています。 【支払いについて】 代金引換、お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いも可能です。 【プレゼント対応】 ギフト包装、ギフトメッセージにも対応しています。 【お問合せ】 万が一、違う商品が届いたり、商品の不具合や、 シーン途中でフリーズ等ございましたら、 取引完了の評価をされる前に、注文履歴→出品者に連絡する、から、 当店に状態などをご連絡ください。 迅速にメールにて折り返しのご連絡をさせていただきます。 内容を確認次第、商品の交換、返品、返金などの対応をさせていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マネートレーダー/銀行崩壊 [DVD]

5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:12¥ 3,247より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【NBCユニバーサルストア】 -外国映画新着ニューリリースや『ブルーレイ2枚 3,090円』などユニバーサルの最新情報はNBCユニバーサルストアへ

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユアン・マクレガー, アンナ・フリエル, イヴ・ベニートン, ベッツィ・ブランドリー
  • 監督: ジェームズ・ディアデン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: クロックワークス
  • 発売日 2001/01/26
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HSGV
  • JAN: 4988102585617
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,992位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

ジェームズ・ディアデン監督が贈る、デリバティブ取引で巨額の損失を出したトレーダーの獄中手記を描いた作品。ユアン・マクレガー主演。

レビュー

『トレインスポッティング』のユアン・マクレガー主演による金融サスペンス。名門銀行を破綻に追い込んだ実在の元トレーダー、ニック・リーソンの獄中手記を映画化。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作総指揮: サー・デヴィッド・フロスト/ピッパ・クロス/クレア・チャップマン
製作: ポール・ラファエル/ジェネット・デイ
製作・監督・脚本: ジェイムズ・ディアデン
原作: ニコラス・リーソン/エドワード・ホイットリー
撮影: ジャン=フランソワ・ロバン
音楽: リチャード・ハートリー
出演: ユアン・マクレガー/アンナ・フリエル/イヴ・ベニートン/ベッツィ・ブラントリー
声の出演: 森川智之/魏涼子/高木渉/塚田正昭/小室正幸/宝亀克寿/園田恵子
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 mbookdiary VINE メンバー 投稿日 2005/5/24
先物取引で損失を隠蔽し利益を上げてその損失を取り返そうとする。そのためにさらにどんどん損失が膨らんでいき、最終的にはイギリスの名門銀行ベアリングスを倒産させるまで損失が膨らむ。映画は非常にシンプルにできていて、例えば、数字や単純な顔のアップで緊張感を表現したりするが、それが恐ろしく効果的。この映画は歴史に残る名作ではないだろうか。出演者も皆、迫真の演技をしている。本当にいい出演者を集めたと思う。特に、ベアリングス銀行の頭取や主人公リックの部下として活躍するインドネシア人と思われるより目気味の男性。彼らの激しい興奮の演技がこの映画の熱狂を極限まで高める。後半、さまざまな場所でかかる携帯電話の音で孤独と切迫感をあらわしているのも非常に効果的。本当に心臓に悪い映画だ。すごすぎる。。。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 90年代に世界経済を激震させたベアリングス銀行事件。

歴史ある名門銀行がたった一人のトレーダーによる不正

取引によって、一夜のうちにこの世から消えてしまう。

信用取引の増幅による仮想資本をばらまくマネーゲーム

の行き着く先を描いた傑作である。

 労働者階級に生まれ、苦労を重ねながら名門銀行へ入

行し、一族郎党の期待を一身に背負いながら、やがて崩

壊していく男をユアン・マクレガーが熱演。クライマッ

クスの日経平均の推移を見守る場面の、息苦しい緊迫感。

取引所の無味乾燥なデジタル表示(今ではそれすら珍し

くなってしまったが)が空虚感を誘う。そして、倒産直

前まで気づかないどころか、ユアンの虚偽報告を鵜呑み

にして、濡れ手に粟と信じた銀行幹部の愚かさ。

 純朴なインドネシアの青年達が、次第に金の魔力にと

りつかれて表情を変えていく。金の持つ根源的な畏怖を

感じると同時に、逆説的に資本主義があらゆる民族・国

家に対する、最も普遍的な訴求力を持ちうるのではない

だろうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
デリバティブ取引(日経225先物)の失敗で英ベアリングズ銀行を破綻させた男の実話(原題『ローグ・トレーダー』)を映画化。
損失を補填しようと取引高が倍々ゲームになって行きますが、それでも勝てないのは、先物市場が意外に効率的だから?
NHKスペシャル『マネー革命』でもチラッと映像を流してくれていました。主演のユアン・マクレガーが熱演しています。
ファイナンスやデリバティブに興味のある方は、一度ご覧になってください。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2004/8/14
 90年代半ば、シンガポールで日経先物取引のトレーダーとして活躍し、やがて巨額の損失を出してイギリスの名門銀行ベアリングを潰した男ニック・リーソン。あの損失事件の顛末を追った映画です。104分と比較的長めな上に複雑な金融業界を描いた作品ですが、物語の途中で飽きることなく見ることが出来た人間ドラマです。
 当時の事件報道から感じたリーソン像は、マネー・ゲームの大海原で「取り繕い」と「辻褄あわせ」を際限なく重ねた末に勤務先をこの世から消してしまい、多くの善良な同僚たちに迷惑という言葉では言い尽くせないほど多大な被害を与えた張本人であり、サラリーマンの私の目にはなんとも無責任で浅はかな男として映ったものです。
 この映画がリーソン自身の手記に負っているので、そのすべてが真実であるとはいえませんが、それでも10年前に報道から得た印象はこの映画を見た後では少し変わりました。
 この映画はヘタなスリラーやホラー作品よりも数段恐ろしい仕上がりになっているという印象を持ちました。この映画の持つ恐怖とは、人間の心の脆さや弱さに鋭利な切っ先でありながらゆっくりと時間をかけて差し込んでくるようなものです。
 階級社会イギリスで左官職人の子として生まれ、有名大学へは通うべくもなかったリックが、ベアリングという権威の世界に受け入れられる。彼は父や、今は亡き母や、美しい
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告