¥ 2,052
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力 単行本(ソフトカバー) – 2017/1/24

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 940
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マネジャーの最も大切な仕事――95%の人が見過ごす「小さな進捗」の力
  • +
  • HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント
  • +
  • ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 180pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー おススメ経営書(2017/1/26)
「仕事の生産性や創造性を促進する要素として、働く人のマインドが重要であることは言うまでもない。
この、モチベーションの考え方に新しい枠組みを提示したのが、『マネジャーの最も大切な仕事』である」

ハーバード教授と心理学者がついに解明。
生産性と創造性は、こうすれば高まる。

小さなスタートアップから、広く名の知れた企業まで、
26チーム、238人に数か間リアルタイムの日誌調査を行った結果、
やりがいのある仕事が進捗するようマネジャーが支援すると、
メンバーの創造性や生産性、モチベーションや同僚性が最も高まる

「進捗の法則」なるものが明らかになった。

評価でもインセンティブでも明確な目標でもなく「進捗」?
自身の研究やマッキンゼーの調査などでも「進捗」という言葉は見当たらず、
ごく当たり前のことではないかと不安に思った著者は、改めて調査を実施。
だが評価や目標よりも「進捗」が大切だと答えた人は、わずか5%だった――。

1万超の日誌分析、669人のマネジャー調査…35年の研究で明らかになる新常識。
私たちは、マネジメントを誤解してきたのかもしれない。

「メンバーが自ら生き生きと動き出し、成長していく。
私の追い求めているチームの作り方がここにある」
岡田武史(元サッカー日本代表監督)

「一人ひとりの感情、認識、やる気はどう揺れ動き、
パフォーマンスにどんな影響を与えるかを解明。
これは、マネジャー論の最先端に位置する一冊だ」
金井壽宏(神戸大学大学院教授)

「これまで読んだ中で最高のビジネス書のひとつ」
ダニエル・ピンク(『ハイ・コンセプト』著者)

「傑作。自分にとって最も重要なビジネス書かもしれない」
ロバート・サットン(スタンフォード大学教授)

「マネジメントの考え方が、根本から変わる」
中竹竜二(日本ラグビー協会コーチングディレクター)

「微差の積み重ねこそが、〈現場力〉の本質だ」
遠藤功(ローランド・ベルガー会長)

「〈働く喜び〉と〈成果〉を両立させる
シンプルだけど実践的なマネジメント法」
森本千賀子(リクルートエグゼクティブエージェント)

原題 The Progress Principle: Using Small Wins to Ignite Joy, Engagement, and Creativity at Work
※本書の下敷きとなった論文What Really Motivates Workersは、ハーバード・ビジネス・レビューNo.1 Breakthrough Ideaに選出。

出版社からのコメント

(以下、「監訳者まえがき」より一部抜粋)

私たちは、勘違いしていたのかもしれない。売上の達成、成功や勝利といった結果が全てであり、可視化された目標に向かってまっしぐらに突き進むことが最大の成果をもたらすだろう、と。

本書を通じて改めて思うことは、組織において常に「人」が中心にあり、そして「日常」に解があるということ。それはつまり、マネジャーひとりひとりが、チームや部下にとってやりがいのある仕事が毎日少しでも前に進むよう支援することで、組織は劇的に変わり得るということだ。

だが、マネジャーの最も大切な仕事は、やりがいのある仕事が進捗するよう支援することだと言われて、あなたはどう感じただろうか? 「進捗」という言葉は誰もが知っており、そして「進捗の支援」というとシンプルでごく簡単なことのように思えてくるかもしれない。

しかし、本書で克明に描かれているマネジャーたちの言動を見ていると、誰もが知っている「進捗」の大切さを実はほとんどの人が見過ごしており、そしてその「進捗」を支援することがマネジャーにとってとても難しいことなのだと気づかされる。

自分が良かれと思ってとった行動が、メンバーにとって逆の反応や効果を招いてしまった。その一方で、自分の意図しない行為が、チームや部下の創造性や生産性を大きく、しかも持続的に高めることにつながった。――あなたにも、そういう経験がきっと、ひとつやふたつあるはずだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 388ページ
  • 出版社: 英治出版 (2017/1/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4862762409
  • ISBN-13: 978-4862762405
  • 発売日: 2017/1/24
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,801位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
著者のテレサ・アマビールはHarvard Business Reviewなど英語圏ではおなじみの著名な学者で、これまで日本語訳がなかったことが不思議なくらいでした。今回初めて日本語訳が出版されたことで読んでみました。

インナーワークライフとは、認識と感情とモチベーションの相互作用のこと。やりがいのある仕事が進捗することこそ、インナーワークライフを向上させる最も強力な要因で、逆に、進捗を邪魔する障害が最大の低下要因であるとしています。これを著者は「進捗の法則(Progress Principle)」と呼んでいます。マネジャーの最大の仕事は、部下が成果を達成する上での障害を取り除き、進捗を手助けすることで、インナーワークライフによい影響を与えること。これが根源的なマネジメントの法則であるとしています。

確かに私たちの日常の仕事は、ミーティングやら事務手続きやら目の前のことをこなすだけで、成果に向けた進捗には無頓着になっているかもしれません。私自身を振り返っても、仕事が大きく進んだり、それまでできなかったことができるようにったなど成長したと実感できた日は充実感があります。誰しもが経験的に感じたことではあるこの仮説を、計238名の1万2000にも及ぶ膨大な業務日誌を分析することで検証しています。

ただ、巻末の膨大な日誌に関す
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 川田昇 投稿日 2017/2/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
マネジメントのみならずチーム運営に携わる人は勿論、組織に属する全ての人とっての良書。
カウンセリング・コーチングにも活かせる知見が詰まってました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
膨大な量のデータから、インナーワークライフと生産性の関係性を見出している。
とても楽しくてワクワクする内容だった。進捗するという言葉はあまり使わなかったので、研究結果と共に、新しい発見だった。自らとグループの進捗に栄養を与え、阻害を除く行動を取っていきたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
内容的には、個人的にはFitしたものでした。購入してよかった。

Fitするかどうかは、今の自分の置かれた状況によりかなり変わるかも。
どうしたものか?と悩んでいる人は良いが、
書かれている内容をしっかり出来ている(有能な)方もいらっしゃるだろうとは思います。
副題にある、「95%の人が見過ごす」は結構、信憑性あるなぁ、と読後に感じました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
具体的な例が検証結果に基づいて記載されているので非常にわかりやすく、実践しやすいと思います。
また、本当に多くの人が、イメージだけでマネージメントしており、本書に記載のようなことを見落としていると思います。

経験のある人ほど自分のバイアスでみてしまい、本書からの発見が少なくなってしまうかもしれません。

私自身もバイアスなしで読んでみて非常に良い内容で学ぶべき物が多かったです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
これまでマネジメント関係の本は読んできましたが、「進捗」を支援するという点にフォーカスがあたっている、新しい切り口の本だと感じました。
学術的なアプローチが中心と思いきや、理想論だけではない、リアルな現場マネージャーから出てきそうな意見にたいする返答とが組み合わされ、非常に興味深く読み進められました。
メンバー個々人の小さな「障害」や「栄養」がパフォーマンスに大きく影響していることは薄々勘付きながらも、さぼりがちだった自分への反省にもなりました。
遠回りのようで近道、本質的をついている内容だと思います。
マネジメント関係の本を読み慣れているベテランのマネージャーの方々にもお勧めです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー