中古品:
¥ 1,619
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マニアック2000 [DVD]

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 5,000より 中古品の出品:8¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【キングDVDマーケット】 ももいろクローバーZのライブDVDやアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ほか、新着タイトルや人気ランキング、キングレコードのミュージックやアニメなどを今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: コニー・メイソン
  • 監督: ハーシェル・ゴードン・ルイス
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: キングレコード
  • 発売日 2000/07/26
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005F5WZ
  • JAN: 4988003935894
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 197,145位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

アメリカ南北戦争中に虐殺された町民たちの亡霊の恐怖を描いたホラー作品。コニー・メイソン、トーマス・ウッド、ジェフリー・アレンほか出演。

レビュー

南部の小さな町を訪れた、旅行者の一団。彼らが、南北戦争で北軍に殺された南部の人々に虐殺されていく姿を、残酷描写を満載して描いたスプラッター・ホラー。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

監督・脚本・撮影: ハーシェル・ゴードン・ルイス
出演: コニー・メイソン/トーマス・ウッド/ジェフリー・アレン/ボン・ムーア
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 異様な環境に迷い込んだ人間が脱出を目指すという点では、映画「脱出」、ホラー映画では「ホステル」の何十年も先を行っていたといえるし、陽気な音楽と、妙にキャラ立ちして出てくる“100年祭”実行委員の2人組は憎み切れないし、ハーパー(町のすけこまし役)がドブに落ちたりするホラーコメディ的要素は、サム・ライミの「死霊のはらわた」の先を行っていたともいえる。

何かおかしい、と気づいて無事脱出に成功する2人を主人公として観客は映画を鑑賞することができるし、2人が訴え出た警官によって最後に明らかになる町の秘密の時には、カントリーミュージックは姿を消し、シリアスな音楽で情感を湧き立たせ、意外と場をわきまえてる。

「次は200年祭だ」と言いながら消える陽気な実行委員2人の後には、ドライアイス(か、もしくはただのたき火の煙)の靄が立ち込めていて、どれだけ田舎くさく、人間くさくても、彼らが町ぐるみの亡霊だったことを観客に思い出させてくれる。

もう、リメイク版は出たけど、子どもを使って主人公2人が車で逃げる最後の様子を見ていると(製作総指揮かなんかで)スピルバーグでも、手を出す余地があるんじゃないかと思ったり(町の境界を越え、ハイウェイに出た途端、それまでいた子どもがフッと消える等)。

とにかく、慣れてない人はあれですけど、ある程度映画に慣れてる方で、未見の方にはお勧めです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直、ここまで面白いとは思いませんでした。
「スプラッターの始祖」という肩書きから、
内容よりもグロイ映像重視かと思いきや、
これがなかなか素晴らしい作品。

ストーリーはもちろんのこと、カメラ回しや
カントリー基調の音楽が特に素晴らしく、
最後まで全く飽きずに観る事が出来ました。
また、'64年作という古さも感じませんでした。

監督が脚本・撮影・音楽の全てをこなし、脚本は3日で書き上げ、
監督自ら主題歌を歌い、撮影日数は14日、
6万ドル程度の低予算で作ったとは全く思えない、
単なる「スプラッター」とも「ホラー」とも呼びたくない「傑作」、
いや、鬼才ならぬ「鬼作」という造語で表現したくなるような映画です。

DVDの仕様に関しても、画質はデジタル・ニューマスターなので文句なし、
特典として監督・製作者・インタビューアーによるコメンタリー、
オリジナル予告編、ポスター画集など、この年代のマニアックな映画としては
とても充実した内容となっております。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
後に制作されたリメイク「2001人の狂宴」に対してこのオリジナルはテンポが良いです。陽気な音楽にのせて映画が始まっていきなり北部の者を迂回路の標識を用意してプレザント・ヴァレーの町へ誘い込みます。そして町の様子も電話があったりこちらの方が都会的な印象。被害者も昔のホラー映画は大人なのが良いです。最近のホラー映画の犠牲者はチャラチャラ遊んでばかりいるろくでもない若者ばかりというワンパターンさにいささかうんざりしてましたから。さらに町に迷いこんだ犠牲者達を向かえ入れるパワーもこちらの方が凄い。終始陽気に騒ぎ笑顔で犠牲者を血祭りにする恐ろしさは現代のホラーに勝るとも劣りません。ホラー映画はCGなど無かった昔の作品の方が優れているかも。

最も私の印象に残ったのはハーパーが美人のミラー夫人を誘いだし指をナイフで切断するあたり。治療すると笑いながら大勢で悲鳴をあげる彼女を押さえつけ、笑顔で斧を振り下ろす様子は多少血の色が偽物に見えてチープ感漂うとも恐ろし過ぎ!!他の殺人も全てこんな調子。時に入るオルガンで奏でているような音楽も効果的です。ラストはリメイクと違って2人が…という展開で詰めが甘い気もしますが、充分恐ろしい内容なのでこのくらいが丁度良いのかも。リメイクもお気に入りで繰り返し観ましたが、こちらのオリジナルは心底戦慄を覚えました。何年経っても忘れられない映画です。メイキングも含めた未公開シーンも映像特典に収録され大分昔の作品にしては充実した内容です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人里離れただだっぴろい場所で、自分の慣れた世界から切り離され、交通手段も連絡手段もなくなって、全然違う考え方を持った人たちの手に自分の運命が落ちたらどうしよう
…という漠然とした恐怖は、(当然どこの国のどの人でもあるけれども)、特に国土が広いアメリカでは、強いのではないかと思います。その伝統的な恐怖を、南部と北部の対立という歴史を材料に扱ったのがこの作品です。
血は控えめですが、亡霊ネタと集団狂気ネタをこういうふうに絡めるのは意外と珍しいのではないのかと思います。それをまた脳天気なカントリー音楽にのせているのがなんともウィアードです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す