この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マディソン郡の橋 [DVD]

5つ星のうち 4.4 96件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

マディソン郡の橋 [DVD]
(96)
再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: クリント・イーストウッド, メリル・ストリープ, アニー・コーリー, ヴィクター・スレザック
  • 監督: クリント・イーストウッド
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2000/04/21
  • 時間: 135 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 96件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HC75
  • EAN: 4988135526526
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,812位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

永遠の4日間-どんなに離れていても、あなたを感じる。

アイオワ州マディソン郡に屋根つき橋の写真を撮りに来たフォトグラファーと、そこに住む小農場の主婦。ふたりはごく自然に恋に落ち、わずかな時間の中で完璧なまでに愛を確かめ合い…そして別れていく。
製作・監督・主演を兼任したクリント・イーストウッドとメリル・ストリープの名演が胸を熱くする。
全編アイオワ州マディソン郡で撮影された映像は詩的な美しさに満ちあふれ、原作の世界的ベストセラー小説をさらにドラマティックに映しだす。

Amazonレビュー

   世界中でベストセラーとなった、ロバート・ジェームズ・ウォーラーの同名小説の映画化作品である。前評判があまりに高かったため、誰がキャスティングされるかがかなりの話題となったが、結局クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の3役を務めた。
   アイオワ州の田舎に住む平凡な主婦と、そこを訪れた中年カメラマンの、4日間の恋の物語。不倫と呼ぶにはあまりに初々しい、イーストウッドとメリル・ストリープのドキドキするような関係は、まるで初恋のようだ。
   イーストウッド扮するカメラマンが撮影にきた7つの屋根つきの橋は、100年以上も昔に架けられた歴史的建造物だ。「キッシング・ブリッジ」という別名のつく、カップルのデートスポットでもある。残念ながら、そのうちの1つは撮影の10年程前に火事で焼失してしまったたそうだ。(小谷幸江)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
『マジソン群の橋』15年ぶりに50を過ぎてもう一度見直してみました。

ネットなどで見ると割と悪評ばかりが気になる作品ですが、私としては一押しです。

とても良く結婚後の女性心理を表しているし、夫ある女性を愛してしまった男の心理や
愛を夢見続ける妻を持ってしまった男の苦悩も描いていて

愛や結婚についての定義とか、現実も随所随所に描かれています。

家族との日常の食事のシーンに対比したロバートとのロマンティックな二人の食事のシーン

『何か手伝おうか?』というロバート、必ず、食前酒を(それがたとえビールでも)フランチェスカにオファーするし
そして、テーブルにはキャンドルの灯りがともっています。

『みんな、食事よ!!!!』と大声で叫ばないと誰もテーブルにつかない家族での食事風景とは
まるで別世界です。

農夫の夫が好んで聞くラジオのチャンネルとフランチェスカが聴きたい音楽の違いにも
大きな大きな落差があります。

映画のクライマックスは映画の終盤
最後の食事の後でクリントイーストウッド扮するロバートがフランチェスカに『こんなに確かな愛は一生に一度しか出逢えない』という場面です
...続きを読む ›
コメント 120人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 この映画は、原作も含め賛否両論で、熱狂的なファンがいる反面、同じくらい嫌悪する人々が存在する。好きか嫌いか以前に、理解できるかできないかの部分が多い。単なる中年男女の不倫の物語と言ってしまえば、それっきりだろう。批判派の意見をみると、「くだらない」「共感できない」「不倫は不倫だ」という意見が圧倒的で、中には「吐き気を催した」という人もいる。しかし、果たして、それで終わってしまって良いのだろうか。私はこの映画のテーマはもっと深いところにあると思う。

 この物語の二人を「不倫」と呼ぶ人は、彼らが「4日間」の関係で終わったことを指摘し、「わずか4日間の愛だから、永遠の輝きを得たのだ」と主張する。だが、それは当たらない。普通、夫以上に愛する男性に巡りあったら、始まりは不倫であったとしても、離婚して、やり直すのが当然だろう。しかし、フランチェスカはロバートを心底愛していたにも関わらず、夫を傷つけ、子供達を捨て、自分だけ幸せな人生にリセットすることを拒み、別離を選んだ。彼女の決心を尊重したからこそ、ロバートはその後一切の連絡を絶った。彼らは結婚しても、終生、愛し合っただろう。4日間という短い間だから、永遠の輝きを保ったのではなく、永遠の愛だったからこそ、わずか4日間の思い出を糧に、お互いを思う気持ちが生涯続いたのだ。しかし、それをフランチェスカが理解したのは、ロバートがすでに死んだ後のこと。だからこそ、この物語はやりきれないほど、切なく、美しい・・・。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 この映画は、原作も含め賛否両論で、熱狂的なファンがいる反面、同じくらい嫌悪する人々が存在する。好きか嫌いか以前に、理解できるかできないかの部分が多い。単なる中年男女の不倫の物語と言ってしまえば、それっきりだろう。批判派の意見をみると、「くだらない」「共感できない」「不倫は不倫だ」という意見が圧倒的で、中には「吐き気を催した」という人もいる。しかし、果たして、それで終わってしまって良いのだろうか。私はこの映画のテーマはもっと深いところにあると思う。

 この物語の二人を「不倫」と呼ぶ人は、彼らが「4日間」の関係で終わったことを指摘し、「わずか4日間の愛だから、永遠の輝きを得たのだ」と主張する。だが、それは当たらない。普通、夫以上に愛する男性に巡りあったら、始まりは不倫であったとしても、離婚して、やり直すのが当然だろう。しかし、フランチェスカはロバートを心底愛していたにも関わらず、夫を傷つけ、子供達を捨て、自分だけ幸せな人生にリセットすることを拒み、別離を選んだ。彼女の決心を尊重したからこそ、ロバートはその後一切の連絡を絶った。彼らは結婚しても、終生、愛し合っただろう。4日間という短い間だから、永遠の輝きを保ったのではなく、永遠の愛だったからこそ、わずか4日間の思い出を糧に、お互いを思う気持ちが生涯続いたのだ。しかし、それをフランチェスカが理解したのは、ロバートがすでに死んだ後のこと。だからこそ、この物語はやりきれないほど、切なく、美しい・・・。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 1992年、ベストセラーとなった同名小説を映画化した作品。
 20年前に小説を読んだ記憶があるのですが、途中でやめてしまったような……。だから、あまり期待しないで観たのですが、さすが、メリル・ストリープ。うまいっ!良妻賢母から一人の女性フランチェスカに戻る逡巡を上手に表現していました。
 少しでもロバートに、いい印象を持ってもらおうとイヤリングをしたり、ドレスを選んだり……髪を下したフランチェスカは、とても美しかったです。
 ロバートに扮したクリント・イーストウッドもいい味を出していて、彼女のために摘んだ青い花を贈るシーンなども良かったです。
 そして、何と言っても、別れのシーンは心に残ります。
 雨の中、ロバートがフランチェスカに歩み寄ろうとしますが、フランチェスカの気持ちを理解し、何も言わず、微笑んで立ち去る場面なくして、この映画は成り立たない気がします。
 フランチェスカから贈られたペンダントの十字架を首から外し、インナーリアビューミラーに大切に掛ける。フランチェスカは、ドアのハンドルに手を掛ける。
 ふりしきる雨、赤から青に変わる信号……ロバートの車はなかなか発信せず……。名場面です!

 
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック