通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マティスの切り絵と挿絵の世界 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 竜迅堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干の擦れがございますが、汚れ・書き込み等なく気持ちよく使用できる状態です。ご注文をお受け次第、迅速・丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

マティスの切り絵と挿絵の世界 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/5

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/2/5
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 2,138

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マティスの切り絵と挿絵の世界
  • +
  • アンリ・マティス ジャズ (岩波アート・ライブラリー)
  • +
  • マティス 画家のノート
総額: ¥11,988
ポイントの合計: 114pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カラフルで楽しいマティスの切り絵ワールド!

油絵の巨匠マティスが、晩年に切り開いた新しいアート「切り絵」。色とりどりの小さな紙片から、愛と歓び、光と音楽がひびき合う、マティスの夢の世界でした。本書はマティスの切り絵と挿絵(ブックデザイン)を中心に作品を多数収録。ステンドグラスやバレエの衣裳なども紹介し、デザインの面からもマティスの作品を楽しめる1冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

カラフルで楽しいマティスの切り絵ワールド!油絵の巨匠マティスが、晩年に切り開いた新しいアート「切り絵」。色とりどりの小さな紙片から、愛と歓び、光と音楽がひびき合う、マティスの夢の世界。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 228ページ
  • 出版社: パイインターナショナル (2016/2/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756247202
  • ISBN-13: 978-4756247209
  • 発売日: 2016/2/5
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 285,205位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ガッシュで着色したカラフルな紙を切り抜いて並べた、アンリ・マティス最晩年のポスター用の下絵から選ばれた本書のカバー表紙は、シンプルで装飾性に溢れる色彩と線が見事な遊び心溢れる作品です。オールカラー掲載の本書『マティスの切り絵と挿絵の世界』は、全227頁に渡って彼の制作した晩年の13年間の作品群に着目した日本独自の企画による作品集です。マティス作品とそれに伴う解説のバランスが良いので、後期のマティス作品にアプローチしたい読者にとって最良の一冊となっています。
先ずマティスとピカソの美術史的なポジションから簡潔で丁寧な説明から入ります。マティスの年表も掲載されているので彼の背景や画家として遅咲きだったことも一目瞭然でマティスの全体像を押さえているので、その画業を多面的に見ることができるはずです。プライベートの出来事は最低限の、作品に関係する話題に沿って登場してくる程度ですが、押さえるべき点は解説で紹介されているように思います。
切り絵と挿絵の本書での比率は凡そ4対1で構成されています。第一章は切り絵の世界で、その発端となった彼の作品を順に紹介していき、ジャズの絵本、南太平洋の島々、コンポジションシリーズの装飾性、ヴァンス礼拝堂、千夜一夜物語、ブルーヌード、最晩年までを解説とともに辿っていきます。第二章は挿絵についてで雑誌『ヴェルヴ』やブックデザイン、グラフィックアー
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告