マッドマン がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,050MP3アルバムを購入

マッドマン

5つ星のうち 4.9 20件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,851
価格: ¥ 1,491 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 360 (19%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,491より 中古品の出品:1¥ 1,087より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の エルトン・ジョン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • マッドマン
  • +
  • Honky Chateau
  • +
  • Elton John
総額: ¥3,651
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/12/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: USMジャパン
  • 収録時間: 45 分
  • ASIN: B0045FTR96
  • JAN: 4988005639226
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 168,694位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
6:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
5:22
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
4:42
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
5:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
6:46
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
4:16
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:58
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
5:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
1:48
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

スタジオ4作目となる本作は、シンガー・ソングライター的な作風と、荘厳なオーケストレーションが見事に融合した初期エルトンの集大成的作品。1971年発表。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 boke VINE メンバー 投稿日 2003/5/6
形式: CD Amazonで購入
母国イギリスに支払う税金があまりにも高いために、海を越えたマッドマンがブリテッシュテイストの粋を凝らした作品。Aメロ、Bメロ、サビの構成が起伏に富んでいる大作「タイニー・ダンサー」(オープニングで6分を越え)、ドラマチックなバラード「リーボン」そして、エルトン自身でさえも歌いこなすのに苦労していると思わせるタイトル曲。この3曲は時代を超える名曲でしょう。この大作のスケールをさらに大きくしているのが、ポール・バグマスターのオーケストレーション。たぶん彼の最高のアレンジ作品ではないでしょうか。
この大作主義は、当時あまり一般には受け入れられず、次作以降の軽快なロックンロール路線が大ヒットしたため、忘れられた存在になっています。ただ、トリビュートアルバムは初期のドラマティック路線の曲が多く取り上げられたように、2枚目のアルバムからこのアルバムまでのエルトンが最高と思っているアーティストが結構いるようです。
私も好きなんですが、やはり聴きとおすにはそれなりの心の準備が必要で、ついつい遠ざかってしまいがち。そんなアルバムです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
彼の作品中では地味な存在に甘んじている本作、個人的には最も気に入っているElton作品。初期の作品に聴くことのできる、彼独特の甘く懐かしい感傷を呼ぶメロディを随所に含んでいることが原因かな。
初期の作品中ではバックの音が分厚めになっており、Paul Backmasterのオーケストレーションも他に比べて前面に出ていますが、これに飲み込まれることのないEltonの歌の上手さ、聞かせ方をかえって引き立てているように感じます。
1曲あたり5分から6分台の作品が並ぶことから、全9曲とElton作品では少ない収録曲数ながら、シングルカットされた(1)(2)、ドラマチックかつ美しいタイトル曲の(4)、滅びゆくインディアンへの感傷をダイナミックな構成で聴かせる大作(5)など、手抜きなしの完成度の高い力作が揃っています。
本作に次いでリリースされた「ピアニストを撃つな!」以降、米国でも大ヒット作を連発するEltonですが、英国風の凝った音作りと、ときに切ないメロディを歌う彼の一つの到達点として、より多くの人に聴いてみてほしい傑作です。ほぼ同時期に作られた小さな宝石のような佳曲”Friends”とともに、もっともっと評価されていい作品と思っています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ちゅう トップ1000レビュアー 投稿日 2014/5/8
形式: CD Amazonで購入
エルトン・ジョンと言えばアルバム『エルトン・ジョン』『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード』等有名アルバムしか聞いたことが有りませんでした。今回購入を決めたのはSACD盤専門サイトのレビューを見たからです。そこには1~4曲目が素晴らしい出来と記載されていて鑑賞してみるとレビュー通りに超ド級の良さでした。さらに加えてSACD盤のマルチ音源で鑑賞してみると感動的です。エルトン・ジョンにはこんな素晴らしいアルバムがまだあったのかと再認識させられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1971年11月発表のスタジオ第4作。

後には「ポップ・スター」的な側面を強め、その方向性で大成功を収めるエルトンだが、この作品ではまだシンガー・ソングライター的なテイストの生真面目で内省的なナンバーが盤面を占める。
私がエルトンを聴き始めたのは、この作品が発表される少し前。71年の6月ごろ、初来日を記念して発売された「A Very Special Collection」という日本独自の企画によるコンピレーション・アルバムが最初だ。だから、この作品はリアルタイムで接した初めてのエルトンの新作であり、今も他の作品とは別格の愛着を持っている。

聴きどころはやはり(LP時代の)Side1。バーニー・トーピンが彼の最初の妻となる恋人 Maxine Felbelman に捧げた歌詞を美しいメロディーに乗せてドラマティックに歌う "Tiny Dancer"、シングルとしてもヒットした "Levon"、Side1のラストを飾る重厚なタイトル曲 "Madman Across The Water" は何度聴いたかわからないほど聴き込んだ。
タイトル曲は、ここではクリス・スペディングがギターを担当しているが、後に(David Bowie のバック・バンド、The Hype 時代の)ミック・ロ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す