Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森川幸人]のマッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話
Kindle App Ad

マッチ箱の脳(AI)―使える人工知能のお話 Kindle版

5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー
このKindle版は、読者によって問題が報告されています。問題の詳細: 誤字脱字.
出版者に対して、問題箇所の修正依頼が通知されています。
品質に関するお知らせ

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 925

商品の説明

商品説明

   AI(人工知能)って何だろう。
   1970年代に冬の時代に入ったAI研究は、急ピッチで進む遺伝子解析や、脳研究、インターネットなどの科学技術の発達により、再び息を吹き返しつつある。しかし本腰を入れて勉強する段になると、複雑な理論や高度な数式の壁が行く手を阻む。そこで、何とかAIをわかりやすく伝えられないか、という考えから生まれたのが本書である。
 「文科系向けの本」と銘打ったこの本は、革新的なAIペット育成ゲーム『がんばれ森川君2号』の生みの親、森川幸人によって書かれた。ゲーム開発者の立場からAIとエンターテイメントの関係を模索する著者が語る、世にも楽しいAI入門書である。
   煩わしさを避けるためあえて細部にはこだわらず、遺伝的アルゴリズムやニューラルネットワーク、エキスパートシステムなど、AIを代表するモデルの数々を広く浅く取り上げている。軽やかで親しみのわく語り口に加え、「脱力系」の可愛いイラストが随所にちりばめられていて、「プログラムも数学も苦手」という人でも楽しく読める。
   また、ゲーム開発の苦労話やAIを取り巻くさまざまな最先端技術の紹介なども織り交ぜられているので、ある程度AIを学んだ人も読み物として楽しめる。(佐藤敏正)

内容紹介

お待たせしました!
ご要望の多かった、2000年に出版された「マッチ箱の脳ー使える人工知能のお話し-」(新紀元社)の電子書籍版をリリースいたしました。
「文化系にもわかるAIの本」をうたい文句に、
数式を極力使わないようにしたAIの入門書編です。
筆者が制作したゲームへの具体的なの応用例を元に、
代表的なAIモデルを中心にAI全体について解説しています。

2000年の書籍とほぼそのままの内容になっていますが、
一部,今では不具合のある内容について、加筆修正しております。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4673 KB
  • 紙の本の長さ: 189 ページ
  • 出版社: 森川幸人; 1版 (2014/1/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DT4DY0M
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,009位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
AIについて初心者が読むのには最高の作品だと思います。
技術的な難しい話よりも、
AIってどんなものなの?
どんな考えで成り立っているものなの?
という、初心者が聞きたくなるようなことには一通り回答が出ています。
キーワードとなる言葉を要点を得て説明してあるので、混乱しません。
人間の遺伝子との関連や脳細胞との関連するAI技術についてわかりやすく説明してあるので、
人に聞かれたときに説明しやすいと思います。
この本を読んで、今度は技術的な内容の本を読んでみたくなりますよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 岩井 投稿日 2004/8/29
形式: 単行本
AIに関して知りたいと思っているが、なかなか専門書を読む気にはならない。という人にはうってつけの本だと思います。
ただ、AIに関して知識のある人には物足りなさを感じるかもしれません。
内容は比較的読みやすく、またかわいらしい図による説明が随所にあるので、理解もしやすいと感じました。
AIに触れるための第一段階として読むにはよい本だと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 本書は文系にも分かる人工知能のお話と謳っているように、認知はされているが、全くと言っていいほど理解されていないA.I.を紹介した物である。この手の本は独りよがりな解説、つまり眠たくなるようなことばかり書いている物だが、ゲーム開発に携っており、仕事柄人工知能について良く語る筆者が鍛錬されているからだろうか、面白い。A.I.と言われると、すぐLISPだなんだと、訳の分らない例題を引張ってきて、悪戯に読者を混乱させる物も多いが、いくつかのマッチ箱とメモを使った、この単純化されたモデルこそが人工知能と呼ばれる物の原点なんだと紹介されているところからも筆者の優しさというか、「文系にも分る」という方針を貫いている様が見てとれる。
 A.I.には何が出来て、何が出来ないのか。これを読んで、なんの役にも立たないじゃないか、と思われる方もいるだろうし、こんなことにも使えるんだ、という発見があるかも知れない。とりあえずはA.I.という物を見る視点を持つためのイントロダクションとして、是非読んで欲しい一冊である。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
AIについての技術書というよりは読物です。
でも広く浅く人工知能分野のことを知ることが出来ます。
さくさく読めて楽しいですし、人工知能に対する夢が膨らみます。
また人工知能に付いての楽しさをマッチ棒を使って実際に教えてくれます。
こういう角度からの人工知能入門書もありだと思います。

多くの人工知能関連の入門書は、いきなり探索アルゴリズムやツリー構造などが出てきて
本当の入門者からすると「人工知能と何の関係があるの」ってなりがちです。
確かに状態空間の探索に必要な基礎知識ですが、そういう説明も無しに淡々と理論的な説明が続いたりする入門書ばかりです。これではせっかく人工知能に興味を持った入門者が、難しそうだと感じて興味を失ってしまいます。
本書は、そういった難しい話はとりあえず置いておいて、人工知能ってこういう事が出来るよ、こういうものだよ。と入門者の夢を壊すことなく優しく教えてくれます。
このステップを踏むことで、少し難しい入門書も最後まで読みきろうと思える人が増えるはずです。
人工知能にも多くの分野やアプローチ手法がありますが、遺伝的アルゴリズムやニューラルネットワーク、ルールベースなど主要なものは出てくるので、興味を持った手法についての入門書を買う手がかりになると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 VC530000 投稿日 2008/8/2
形式: 単行本
AIに使われている,ニューラルネットワークや遺伝的アルゴリズムの仕組みについての解説がわかりやすくされていて,イメージをつかむのにもってこいだった.

著者が作ったゲームに関して,作り方の方法論もあり,ゲームをつくろうと思っていたので参考になった.
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人工知能の入門書として有名な本書ですが、そのわかりやすさに驚きました。
前書きに「文系の人でも理解できるように」とあるように、人工知能とはどのようなものか、どのような仕組みで働いているか、実際にどのような分野で使われているかなどについてがわかりやすく書かれており、本当にスラスラと読めてしまう良書です。
AIの御三家「ニューラルネットワーク」「エキスパートシステム」「ジェネティック・アルゴリズム」の説明はもちろんのこと、カオス理論やゲーム理論、ボイドや芋虫の行動学習についても言及されていて、なるほど!の連続でした。
他のレビュアーの方も指摘している通り、この本は完全な入門書としてのスタンスをとっているため、数式もほとんどなく、アルゴリズムなども掲載されていません。
しかし、その大元となる「考え方」の部分はどの本よりもわかりやすく書かれていて、参考になると思います。
特に、研究上での理論的な観点と現実的・実用的な観点の両方から言及されている点が優れていると感じました。
人工知能について興味がある方やゲーム開発を行なっている方には、是非一度読んでいただきたい本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover