マッスルモンク [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,747
通常配送無料 詳細
発売元: Route 77 (365日毎日発送、代引、コンビニ受取、ATM払等も可/海外発送対応)
カートに入れる
¥ 5,871
通常配送無料 詳細
発売元: 安心品質保証価格のリープ
カートに入れる
¥ 6,116
通常配送無料 詳細
発売元: 宅安堂
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

マッスルモンク [DVD]

5つ星のうち 3.5 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,816 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【大決算セール開催中!全在庫大幅値下げ!】☆Remedia OUTLET★が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,816より 中古品の出品:3¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: アンディ・ラウ, セシリア・チャン, カレン・トン
  • 監督: ジョニー・トウ, ワイ・カーファイ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アットエンタテインメント
  • 発売日 2005/02/04
  • 時間: 93 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006SLCTO
  • JAN: 4529264111803
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 101,459位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

前世での業(カルマ)を見、人の死を予知するという能力を持ってしまった元武僧のビッグガイ。今はストリッパーとして享楽的な生活を送る彼がある日、女刑事のリー・フンイーと出会い運命が一転する…。ジョニー・トウ、ワイ・カーファイ両監督が贈る、アンディ・ラウ主演のアクション・ムービー。

レビュー

マッチョマンは脱ぎたがるという摂理か、仏門から遠ざかった武僧も、いまやストリップ・バーでフル・モンティ。が、同じ頃、殺人事件をめぐって警察が超常能力を持つ殺人者を追いつめていた。「おいおい、この映画は何なんだ」と食いつかざるをえないオープニング。以後も予想を覆す演出が矢継ぎ早に繰り出され、アクション、サイコ・サスペンス、コメディと、ジャンルごちゃまぜの世界が展開していく。いまや香港映画界の最強牽引タッグ、ジョニー・トゥ&ワイ・カーファイ監督の力業。特殊素材の肉襦袢とは思えないアンディ・ラウの大変身を楽しみつつ、めぐる因果の仏教思想に触れる。ボーイ・ジョージもびっくり、カルマもストーリーもカメレオンな作品ですぞ! (丸目蔵人) --- 2005年03月号 -- 内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

製作・監督・脚本: ワイ・カーファイ 製作・監督: ジョニー・トウ 脚本: ヤウ・ナイホイ 音楽: キャシーヌ・ウォン 出演: アンディ・ラウ/セシリア・チャン/チョン・シウファイ/カレン・トン
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

 実は「業と輪廻」を題材にしたマジメな映画。
 脚本賞をとったというだけあって、細やかな演出が好印象だが、いかんせんビジュアルインパクトやキャラクターのアクが強すぎて、観客は製作者の見せたいテーマとは、ぜんぜん違った方向の展開しか期待しないだろう。
 何事も大げさにしないと気がすまないのは香港人のサガなのだろうか? 筋肉も、ラストでの主人公の対比のために作ったのはわかるけど、やりすぎ…(そこが好きでもあるのだが)。良い映画だけど、人によって印象は真っ二つに分かれるだろうな。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 作品自体の意味深さは言うまでもない。
 では「哲学的」な内容を描くのになぜ「哲学的」な映画にしなかったのか?娯楽映画で、この展開であればラストは壮絶な復讐ものになるのが当たり前。逆に主人公が常に悩み、深刻さに満ちた哲学的な映画であれば復讐するかどうかで悩むのもしっくりくるが(例えば『セブン』のように)、状況や主人公が特殊なだけで「自分なら迷わず復讐する」という感想になってしまいかねない。「やられたらやり返す」のを期待させ、それを裏切るために、この映画は娯楽映画である必要があるのだ。
 見たくないようなシーンもたしかにあるが、受け入れ難いことを受け入れることを表現するためにはあのくらいの描写は必要だろう。ヒロインのけなげさと報われなさも、人生の理不尽さとして理解すべき。現実には必ずしも「頑張れば報われる」わけではない。頑張っても報われないこともある(この映画ではそれを前世の悪行が原因と説明する)。その理不尽さを受け入れ、報われることは期待できなくてもなお「己の行いを改めよ」というのがこの映画のテーマである。
 そして筋肉スーツ。あの筋肉は「力」の象徴である。カルマを断つのは「力」では決してなく、むしろ「力」を捨てる勇気こそが重要なのだ。(だから、この映画の宣伝コピー「坊主、マッスルでカルマを断つ」は大きなフェイクと言える。)
 一部の隙もない見事な内容。内容の重さからそう何度も繰り返し観賞できる映画ではないが、手元に置いておきたい作品である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 May 投稿日 2005/4/24
Amazonで購入
単なる娯楽映画を期待している向きは見ないほうがいいでしょう。この映画は、香港ではヒットし主演男優が
香港アカデミー賞で主演男優賞をとっていますが、だからといって誰が見ても面白い映画とは言えません。
仏教的概念が背景となっています。因果応報や業の深さがテーマとも言えます。現在の反日デモのことなどを、
新たに考えさせられる意味深い映画だと思います。
私はこの映画を見て、未成年に我が子を殺されたお母さんのインタビューを思い出しました。非常に難しいテーマですし、
賛否両論はあるでしょうが、哲学的な素晴らしい映画だと個人的には思います。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
劉徳華の筋肉の衝撃、彼にこういうことをさせる香港映画というものの不可思議さ、ことごとく期待を裏切られ、それでも最後にはなぜか涙が流れることへの感動・・・あまりのインパクトに頭がぐるぐるし、一度観たくらいでは解釈不可能です。時間をかけて映画のそこここを思い出しながら、じっくりゆっくり考えたい。そう思わせる、私にとってこれは傑作です。
私たちは、映画というものをどれほど柔軟に、オープンに受け入れられるでしょうか。多くの香港映画と同じように、本作もその問いをつきつけているような気がします。
コメディと呼ぶには観念的すぎる、ドラマと呼ぶには面白すぎる、完全なスリラーでもなく、恋愛ものと呼ぶのも気がひける・・・でも、そんなジャンル分けに何の意味があるでしょう?特定のジャンルに安心してはまるような作品ばかり観ていても、映画にも観客にも、何の進歩もないではないですか。
もっとも、それが本作の長所であり欠点なのかもしれませんが・・・賛否わかれるのも、きっと名作の証しなのでしょう。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
はっきりいってガッカリです。
最初は戦いなど笑えるシーンも多くありましたが、
まさかあの女性の最後がこんなにも酷く作られているとは・・・・

こんなに見終わってから気分が悪くなった映画は始めてかも・・・・
酷かったな・・・・マジで。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ただ反日感情を形にしたいだけに輪廻転生やハルクまがいの肉体を取って付けたような幼稚な映画と最初感じました。ラストの方も今までいろんな映画や本など見たことある人なら大して驚きもしない内容。改めて中国文化は遅れ過ぎてると感じてしまった。けど何回か見てるうちに考えが変わった。日本兵や着ぐるみは若い人を引き寄せる道具。本当の狙いは、悪いことをするとやがてそれは自分に返ってくるという因果応報を強烈にインプットするための手法なのだろうと思うようになった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー