通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マッシュルーム (4) (バーズコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

マッシュルーム (4) (バーズコミックス) コミックス – 2017/2/24

5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マッシュルーム  (4) (バーズコミックス)
  • +
  • マッシュルーム (3) (バーズコミックス)
  • +
  • マッシュルーム (2) (バーズコミックス)
総額: ¥2,040
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

東京の夜を蝕み続けるコピー人間・マッシュルーム…大増殖! ノンストップ・ホラーサバイヴ完結巻! !


登録情報

  • コミック
  • 出版社: 幻冬舎コミックス (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344839137
  • ISBN-13: 978-4344839137
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 12.8 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/7
形式: コミック Amazonで購入
 謎の菌類によって引き起こされるバイオホラーの最終巻。やや打ち切りだったのか、唐突に
持ち上がった東京の“危機” を昏睡から復活、覚醒した倫がその身を挺して何とかしました、
というところで終了。生き残ったマッシュルームはまだまだ多いし、マッシュルームの産業化を
目論む悪の企業(笑)P・E・Lもそのまま。小太郎と貴鳥の二人は残ったけどこいつらだけ
では先行き厳しく、一応マッシュルームを殲滅できる武器を持つP・E・Lが今後の主導権を
握るのでしょうか。…とはいえそんな天敵たる武器(酵素弾)が広まったら、マッシュルームの
少なくとも軍事利用はもうダメなんじゃないの(笑)。
女記者さんも出てこなかったし、とりあえず終わらせただけで色々とほったらかしエンドでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2017/3/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
今までの展開から、少なくとも7巻くらいまでは続けないと色々回収できない感じでしたが、突然終了…
小太郎のお父さんがなぜ行方をくらましているのかや、謎の組織の全貌など、何も明かされぬままでした。
最後のシーンも、絶望感を出そうとして上手く出せていないのか何なのかよく分からない感じで…
主要キャラの一人の話し方が、京極夏彦の百鬼夜行シリーズの某キャラクターそっくりなのも、違和感。
登場人物達への感情移入も全く出来ず、残念な作品でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告