この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


マックス・ヴェーバーとポーランド問題―ヴィルヘルム期ドイツ・ナショナリズム研究序説 単行本 – 2003/11/1


価格
新品 中古品
単行本, 2003/11/1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


プライムデー開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大10,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 プライムデーを今すぐチェック

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

ドイツ帝国の問題の1つであるポーランド問題にヴェーバーはいかに関わったのか。ポーランド農業労働者排除を唱導した前半生と、「ロシアの脅威」への対抗を重視した後半生に焦点を当て、ドイツ・ナショナリズムを検証。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

今野/元
1973年東京都立川市に出生。1995年東京大学法学部第三類(政治コース)卒業。2002年ベルリン大学第一哲学部歴史学科修了(Promotion)。2003年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程満期単位取得退学(専攻は政治学(国際政治史))。現在、日本学術振興会特別研究員(PD:東京大学文学部西洋史学研究室)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 東京大学出版会 (2003/11/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2003/11/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 320ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4130362208
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4130362207

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません