¥ 3,456
通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
マッキンダーの地政学ーデモクラシーの理想と現実 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

マッキンダーの地政学ーデモクラシーの理想と現実 単行本 – 2008/9/27

5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2008/9/27
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 3,280
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • マッキンダーの地政学ーデモクラシーの理想と現実
  • +
  • マハン海上権力史論 (新装版)
  • +
  • 地政学入門―外交戦略の政治学 (中公新書 (721))
総額: ¥7,668
ポイントの合計: 229pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『東欧を支配する者はハートランドを制し、ハートランドを支配する者は世界島を制し、世界島を支配する者は世界を制する』。
国際関係を動態力学的に把握するマッキンダー地政学の名著。
いまなお世界に影響を与え続ける<ハートランドの戦略論>の全貌を記した最重要文献。
1985年刊『デモクラシーの理想と現実』(原書房)を改題、新装刊。

【目次】

第一章 われわれの前途によせて
第二章 社会の大勢
第三章 船乗りの世界像
第四章 内陸の人間の世界像
第五章 さまざまな帝国の興亡
第六章 諸国民の自由
第七章 人類一般の自由

あとがき
補遺 一九一九年一月二五日、ケドルセーの一事件について

付録
(1)地理学からみた歴史の回転軸(一九〇四年)
(2)球形の世界と平和の勝利(一九四三年)

訳者解説(旧版 訳者序文)
訳者あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

国際関係を常に動態力学的に把握しようとする“ハートランドの戦略論”の全貌。地政学の祖マッキンダーの幻の名著。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 原書房 (2008/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456204182X
  • ISBN-13: 978-4562041824
  • 発売日: 2008/9/27
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,049位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
12
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(12)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
地政学という言葉はビジネスにおいて近年よく用いられている。例えば新興国の議論をする際に、タイは中国、インドという人口大国に挟まれていて地政学的に優位な位置にある、などという使い方がされる(両国への輸出拠点として活用できる、というニュアンス)。しかし「地政学」というものを本格的に学んだことがない人間からすると、果たして正しい意味で地政学という言葉を使っていたか疑問に思うこともしばしばであった。

 そこで本書を手に取ってみたが、まず原題にあるようにDemocratic ideals and realityというように、原題には地政学という言葉はみあたらない。しかし本書を通して一貫して主張されているのが、各国の歴史をひもとくと、その国の地形がどうなっているか、島なのか大陸なのか半島なのか、平地なのか入り組んだ山野地域なのか、また平地でも草原なのか森林地帯なのかによって大きな影響を受けている、という点である。
 こんな単純なことを?という一方で、正直大いなる感銘を受けた。たとえばモンゴルの騎馬民族は草原伝いに一気に西進し、中近東や東欧まで征服する勢いがあったが、その先ドイツ地方には深い森林地帯が広がっていたため、それ以上の領域拡大ができなかった。裏返せば、例えばの話ではあるが、もしロシア南部のコーカサス地域に深い森林地帯が広がっていたら、騎馬民族は中東まで行
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
せっかく良い海軍力を整備しても
せっかく良い軍人を育て上げても
それを効果的に運用して国益につなげなければ
まったく意味がありません。

では、シー・パワーを使って何をしたたかに運用するのか?
英国は何をやってきたのか?

この本「マッキンダーの地政学 〜デモクラシーの理想と現実〜」によると

シー・パワーとランド・パワーのバランスを考えた国策運用です。

マッキンダーはいいます。
海洋国家ではシー・パワーばかり目に付くが、すべてに先立つホームベース
としての本土平野が持つ豊かで確実な生産力を無視してはならない。
シー・パワーの発揮にはベースとなるランド・パワーとの関連が不可欠で最も重要。
シー・パワーはランド・パワーに対抗する最後の切り札ではない。

シー・パワー発揮には、
ランド・パワー(植民地含む)が不可欠で、
両者の関係は、すべてに先立つ最も重要なことがらなんです。

英国が海洋国家足りえたのは、
豊かな国土が生み出す生産力と資源があったからでした。

その基礎の上に作られたシーパワーを活用し、
冒険好きな英国人は、世
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
(英語版原著に基づくレビューです。ご注意ください)
マッキンダーは1861年生まれで1947年没、日本でいえば幕末に生まれて戦後すぐ死んだイギリスの地理学者で、アフリカ大陸第二の高峰、ケニア山の初登頂(1899年)でも知られている。他にもロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの創設にかかわるなど、重要な役割を果たした学者である。

マッキンダーの名を不滅にしたのは本書にもおさめられた1904年の講演「地理学から見た歴史の回転軸」だが、これほど面白い論文はそうあるものではない。「地政学」などというと、何となく軍事オタクのニオイがして、敬遠してしまう読者もいるかもしれないが、この論文でマッキンダーが展開したのは、単なる軍事戦略論ではなく、地理学から見た世界史に関する壮大な新解釈だった。マルクスが「経済」、ヘーゲルが「思想」の発展を軸とする世界史像を展開したのに対し、マッキンダーは交通・輸送の問題を基盤として全く新しい新たな歴史像を提供した。二人の巨人と並べても全く遜色のないほどマッキンダーの視野は広く,潜在的には世界史全体に及んでいる。しかも、マルクスの予測が大方外れたのに対し、マッキンダーはこの短い論文の中で、1943-44年の連合軍のイタリア反攻や、1950-53年の朝鮮戦争を実質的に予言してもいる。地政学に関心のある人は勿論、国際関係に関心のある人、
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
長らく絶版だった地政学の古典であり名著と言っても過言でないH.J.マッキンダーの『デモクラシーの理想と現実』が復刊されました.

どれだけ,長い間,此の時を待った事か….

マッキンダーの理論は至ってシンプルで解り易く,マッキンダーのハートランド理論は後の地政学のモデルにも影響を与え継承発展され,例えばスパイクマンのリムランズにも其の影響を感じられる.序で乍らですが,先日文庫化された麻生太郎氏の『自由と繁栄の弧』もハートランド理論及びリムランズ理論の影響を感じさせると思っております.

其れ程にも,時代を越えて継承発展される何かがあるマッキンダーの地政学モデルは,物事をダイナミックに捉え大きな枠組みを提供する地政学こそ地理学であると感じさせるでしょうし,古典として乃至研究の為だけでなく単純に読むだけでも面白く,物事を多面的に観る契機ともなるのではないでしょうか.

本篇の「デモクラシーの理想と現実」が少し長過ぎると感じられましたら付録として同時収録されている「地理学からみた歴史の回転軸」だけでも是非読んでみて下さい.
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー